2022年03月03日

ウクライナ緊急支援活動の募金受付を開始(写真更新中)


<HZ_Ukraine1.jpg ハンガーゼロ(日本国際飢餓対策機構)は、ロシア軍の侵攻から逃れてきているウクライナ難民を支援するために、隣国のポーランド国境にある町メディカで支援活動を行う「国際飢餓対策機構」(FHI)に協力します。
 活動内容は、難民への食料と生活必需品、医薬品の配布を予定。また、戦争終結後にウクライナ国内で現地協力者を通じて復興支援(住民の生活再建やメンタルケアなど)をする意向もあります。
 国際飢餓対策機構は、これまでウクライナにおいて貧困世帯の子どもたちへのサポート、国内避難民への緊急支援、青少年への支援などを実施してきました。今後、ウクライナでの復興支援活動はこれらに携わる現地の協力者を通じて行う予定です。またルーマニアからの活動についても検討しています。
追伸:ポラーンドでの支援活動については情報が届き次第、お伝えします。

【ウクライナ緊急支援】募金の受付を始めました。ぜひご協力をお願いいたします。

募金は、①郵便振替 ②ホームページからのクレジットカード決済利用の2種類

①郵便振替 00170-9-68590 一般財団法人日本国際飢餓対策機構 「ウクライナ緊急支援」と明記

②ホームページ
 募金画面からクレジットカード、コンビニ決済がご利用できます。
 こちらから
HZ_Ukraine5.jpg
3月1日 激しい砲撃から逃れるために教会の地下シェルターに避難した人々((ウクライナ東部マリウポリ)
HZ_Ukraine6.jpg
3月1日 砲撃の下、避難所の教会に集まり神に祈る人々(ウクライナ中部チェルカースィ)
HZ_Ukraine7.jpg
HZ_Ukraine8.jpg3月1日 砲撃の後、避難所の教会で眠る子どもたち(ウクライナ中部チェルカースィ)

HZ_Ukraine4.jpg
HZ_Ukraine3.jpg
HZ_Ukraine2.jpg

写真出典:ウクライナ宣教師協議会

カテゴリー

月別表示


支援企業