ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

【大阪事務所】


【大阪事務所】のブログ一覧

2018年10月06日

小堀親善大使ウガンダキャンプ報告①

小堀さんタイトル.jpg

ハンガーゼロ のウガンダサマーキャンプ(8/17〜27)では、自然に囲まれた異国での生活の営みを体験することが出来ました。出会いの連続、人懐っこい現地の子どもたちとの交流、屈託のない笑顔に励まされます。次の時代を担う彼らの夢を叶えるために向き合い、遠く離れていても彼らと同じ空の下で共生していることを忘れずにいたいものです。

東アフリカ赤道直下に位置するウガンダ共和国は日本の本州ほどの国土で、また、世界自然遺産の国立公園も有する緑の豊かさから「アフリカの真珠」とも呼ばれています。人口約4200万人のうち約20%が首都カンパラや都市部に集中し、あとは農村地帯に住んでいるという統計があります。ここにも、一部の裕福な人の陰で大部分の人が貧困で苦しんでいるという構図が明らかになっているように思えました。

FHウガンダの活動は1988年に始まり、現在は国内11のエリアで活動が行われています。健康・栄養改善、子ども・マタニティー支援、教育現場の充実、農業指導など、各地域のニーズに応えたプログラムが進められています。
カサーレ校庭で遊ぶ子どもたち.jpg

カサーレ小学校を訪問
2016年にハンガーゼロによる建設支援により完成。現在219名の男子と239名の女子、計458名が在籍していて、うち約半数がチャイルドスポンサーに登録している生徒です。しかし制服が買えないなど生徒間での格差があり、課題は絶えません。
また学校運営においては、政府からのサポートを受けるもそれはわずかで、設備投資や教師の給料のやりくりなど非常に厳しい運営を強いられています。
しかし、地域コミュニティによる独立した運営の実現と、やがては町に国に変化をもたらす学校へという前向きな姿勢に心打たれました。
教育現場の良い環境とは、子ども本人だけが勉強のモチベーションを高めるだけでなく、家族も周囲も教育への関心を持ち、共に幸せを実現させる道備えに努めることではないかと感じました。
カサーレ書道.jpg青空コンサート.jpg
日本の文化体験会 書道・折り紙・ペーパークラフト・風鈴作りを子どもたちに楽しんでもらいました。何もかもが初めてにもかかわらず、手先の器用さもあり見事な出来映えです。同時にキャンプ参加者の賜物が用いられる機会となりました。その体験を通して日本への関心が高まり、心が結ばれたことと思います。
また小堀の3回のピアノコンサートもありました。ウガンダ国家(Oh Uganda, Land of Beauty)を弾くとみんな大きな声で歌ってくれます。続いて「ふるさと」など日本の歌曲も紹介しました。

次号に続く・・・・・・

小堀親善大使は、11月3日開催される「世界食料デー八尾河大会」(大阪府八尾市)で音楽ゲストとして出演され、演奏の合間のトークではウガンダキャンプでのキャンプ体験もお話される予定です。お近くの方はぜひご来会ください。
案内はこちらWFD八尾河南大会.pdf

続きを読む

2018年08月27日

東日本の津波とは違う豪雨災害

東北事務所時代に被災者対応を経験していた大阪事務所の加藤新スタッフが岡山倉敷での支援活動に参加、その報告です。

続きを読む

2018年08月12日

学童保育で「飢餓」のお話をしてきました

地元の青少年会館から依頼を受けて出前授業に行ってきました。

続きを読む

2018年08月02日

高1の娘とボランティアに参加(山田スタッフ)

ボランティアに関心を示した高校1年生の娘に背中を押されて親子ボランティアをしてきました。

続きを読む

2018年07月27日

愛には終わりがありません

愛には終わりがありません.jpg
日本国際飢餓対策機構 理事長 清家弘久

 7月6日から7日にかけての豪雨は、特に岐阜以西の地域に大きな被害をもたらしました。この豪雨で200名を超える方の命が奪われました。

続きを読む

2018年07月20日

【タイ&コンゴ】新人スタッフ海外研修日記

新人スタッフの安達と鶴若の海外研修日記をお届けします。
安達スタッフはタイ王国へ。鶴若スタッフはコンゴ民主共和国へ。

アカ族の子どもたちと.jpg
【写真:アカ族の子どもたちと(チェンライのお茶農家にて)】

続きを読む

2018年07月11日

ハンガーゼロ 〜災害でもその備えが必要です〜

6月18日の大阪北部地震で被災されましたすべての皆様に心よりお見舞い申し上げます。

続きを読む

2018年06月11日

中学生が職業体験に来られました!

 6月11日〜13日まで職業体験で地元の中学生の皆さんが当機構に来られています。
180611_syokugyoutaiken.jpg

続きを読む

2018年05月08日

【韓国】posco「鉄の家」開所式

韓国飢餓対策機構でCSR(企業の社会貢献)について学んできました。

CSRの学び.jpg
【写真:CSRの学び】

続きを読む

2018年05月07日

【タイ】チェンマイ農業支援の学び

タイ北部のチェンマイで新しい農業支援のあり方について検討会が開かれました。

農業支援の学び.jpg
【写真:農業支援の学び】

続きを読む

2018年04月27日

【バルナバプロジェクト】フィリピン ビコール地区スラへ訪問

3月18日~22日の5日間、バルナバプロジェクトでビコール地区スラに行って、チャイルドサポーターの支援している子どもの家庭を訪問させていただきました。訪問した家庭をご紹介します。

バルナバ1.jpg

続きを読む

2018年04月11日

【新入職員紹介】初めまして!

この春から若い二人が職員として入職しました。
一週間、大阪事務所にて研修をしました。当機構を志望したきっかけや意気込みをご紹介します!


新人2名2.jpg

続きを読む

2018年01月19日

【ボランティア募集】ハンガーゼロ・カフェで自立開発支援(2/3,4)

 毎年恒例、関西最大の国際交流のお祭り、ワンワールドフェスティバルの「みんなのキッチン」にハンガーゼロ・カフェを出店します。売上の一部が、フィリピン、ミンドロ島マイ村の人々の自立開発支援になります。

OneFesIMG_8764.jpg


続きを読む

2017年12月25日

高校生のための国際協力イベント「ワンフェスforユース」に出展

12月23日(土)に大阪YMCAにて高校生のための国際協力イベント、ONE WORLD FESTIVAL for youthに出展しました。(ワンフェスforユース特別サイト:http://owf-youth.com/index.html

26166673_1507784965957562_2074004697256758748_n.jpg

続きを読む

2017年12月20日

チェインギャング/THE BLUE HEARTS

「世界が歪んでいるのは
 僕のしわざかもしれない」

街が綺麗なイルミネーションで彩られ、
お店には楽しげなソングが流れてくると、
仲間たちを集めてパーティなんかしちゃったり。
そんなシーズンがやってきました。

01christmas_card2016.jpg
【写真:支援者さんが送ってくださったクリスマスカード】

続きを読む

2017年12月04日

本気の「手洗い」運動

みなさん、お元気ですか?カゼひいていませんか?手洗いうがいしてますか?

チャイルドサポーターの支援活動地では、「健康」になるために「手洗い」運動を超本気でやっています。

01blog_osaka201712.jpg

続きを読む

2017年10月24日

たられば/amazarashi

「もしも僕が話し上手だったら 深夜ラジオのパーソナリティーになる
 どこかの誰かの辛い一日を 笑顔で終わらせる人になる」

01blog201710.jpg

辛い一日とはどんな一日でしょう。
試しに「不幸な1日」でGoogle検索したところ、
下記のようなサイトがヒットしました。

続きを読む

2017年09月25日

フィリピンの食卓を覚えていたい

 2012年の初夏、私はチャイルドサポーター(当時の名称は世界里親会)の活動地訪問ツアーでフィリピンに行きました。

01blog_yamada201709.jpg

続きを読む

2017年09月20日

食料問題を考える子どもたちの絵画展

 世界食料デー南大阪大会では食料問題を考える取組みとして、泉大津市内の園児を対象に絵画展を実施しています。

IMG_9490.JPG

続きを読む

2017年09月12日

【 9/17】♩JAZZを聴きながらアフリカ支援【予定通り開催】

「ハンガーゼロアフリカを支援する東大阪市のキリスト教会」の主催による「第5回ハンガーゼロチャリィ」コンサートが、9月17日(日)に開催されます。

続きを読む

2017年08月17日

わたしの原体験 Back to 1999 バングラデシュへ旅して(2)

バングラデシュ到着後すぐに受けた大きなカルチャーショックと共に旅は更に1週間つづきました。

01blog_yamada201708.jpg


続きを読む

2017年05月31日

やってみよう/WANIMA

「はじめよう やってみよう
 誰でも最初は 初心者なんだから」

地元の中学校から1人の学生が
職場体験に来てくれました。

01shokutai2017.jpg

続きを読む

2017年05月29日

大衆中華ホサナ

日常業務の中での恵みといえば、支援者との新しい出会いもその一つ。
出会いと言っても、時々電話するくらいで実際にお会いするわけではありません。

4601228_l.jpg

続きを読む

2017年04月27日

わたしの原体験 Back to 1999 バングラデシュへ旅して

 誰にも今の生き方に影響を受けた出来事が大なり小なりあると思います。私が国際協力の世界にぐっと近づいたのは、在籍していた短大の研修ツアーに参加したことがきっかけでした。行き先はバングラデシュ。「世界最貧国のひとつ」と表現されていたこの国の課題を、それなりに予習して向かった一行は、1999年1月、胸をはずませて首都ダッカに降り立ちました。

01blog_bangladesh201704.jpg

続きを読む

2017年04月25日

Amazing grace/竹原ピストル

「ミジンコくらいにちいさくなって
 あなたの頭の上を探検したい」

ミジンコくらいにちいさくなって
わたしの頭の毛を支えていただきたい
こっそりとこっそりと抜けないように

04barnabas_blog201703.jpg

続きを読む

2017年04月21日

強い風にも揺るがない木のような人になりたい

 4月8日~9日、6か月ぶりに常総市に行かせていただきました。昨年、がんばっぺ常総の復興支援イベント(2016年10月9日開催)に行かせて頂いた時に被災された方から「今年はお米が出来ないと思ってたのに出来て良かった」とお聞きし、とても嬉しかったことを覚えています。

20170421_162110529.jpg

続きを読む

2017年03月27日

東日本復興支援コンサート(宝塚ゴスペルハウス)

 2017年3月12日(日)午後2時から、宝塚ゴスペルハウスにて第6回東日本大震災復興支援コンサートが開催されました。このコンサートは東日本大震災が発生して以来、宝塚ゴスペルハウスにみなさまの熱い思いで継続しておこなわれてきました。

01takaraduka_concert201703.jpg

続きを読む

2017年03月15日

目に見えない復興はまだまだ

 東日本大震災から早6年が過ぎ、7年目に入りました。今年の3月11日には、日本基督教団 青葉荘教会で追悼記念礼拝が行われました。

tsuitou_kinenIMG_0464.jpg

続きを読む

2017年03月06日

小学生の中に芽生えた「わたしから始めよう」

 先日、大阪府下の小学校に出前授業に行かせていただきました。小学6年生の皆さんは熱心に話を聞いてくれていました。後日、子どもたちの感想文をいただきましたので、その中から3人の感想と決意を抜粋して紹介します。

01shogaku6_kansou201703.jpg

続きを読む

2017年02月28日

1/2 成人式

 早いもので学年末が近づいてきました。小学4年生の次女から招待状をもらい「1/2成人式」という10歳の子どもたちの発表会に行ってきました。

01blog_seijinsiki201702.jpg

続きを読む

2017年02月18日

手打ちうどん「ぐう手」

今日はうどん屋さんの紹介です。

お店の名前は「手打ちうどん ぐう手」、経営されている方は私たちの活動に賛同し支援してくださっています。

外観.jpg

変わった名前ですが、ドイツ語でよいもの、よい人、美味い(gute)という意味だそうです。

続きを読む

2017年01月30日

ボリビアの子どもたちからお手紙が到着!

ボリビア​でチャイルドサポーターの支援を受けている子どもたちから手紙が届きました。

01fh_bolivia201701.jpg

続きを読む

2017年01月17日

阪神大震災から22年「大震災に見た"共生"の原点」

 阪神淡路大震災から今日で22年。当時、JIFHは8つの教会を拠点として緊急支援物資の配布、ボランティア派遣、子どもケアプログラムなどを実施しました。第66号~68号(1995年3月~7月)の飢餓対策ニュースを読んでみると、当時の様子を伺い知ることができます。※当時の飢餓対策ニュースは2か月に1回の発行
 その中から実際の記事を紹介いたします。

NL_Archives19950307.jpg

続きを読む

2017年01月12日

アイネクライネ/米津玄師

「閉じた瞼さえ鮮やかに彩るために
 そのために何ができるかな」

01blog_yoshida201701.jpg

新年おめでとうございます。
昨年5月に結婚しました。
今年はどんな1年になるのか、楽しみです。

続きを読む

2016年11月11日

地元中学校から中学生が職場体験

 昨日、今日と大阪事務所で地元の学校から2人の中学生が職場体験に来てくださいました。支援地から届く子どもたちのクリスマスカードの仕分けやイベントなどでの配布用のパンフレットセットづくりなど、地味ながらも根気のいる、大切な作業をしていただきました。2人がなぜこの職場を選んだのか、職場体験をした感想などを書いてくれましたので、以下、掲載させていただきます。

01fh_osaka_office_blog2016.jpg

続きを読む

2016年11月09日

Happy Xmas / John Lennon

「いい年になるように祈ろうよ
 恐怖のない世の中であるように」

01fh_p2016cfct.jpg

今年の夏、フィリピンを訪問した際に、
子どもたちが支援者の方々に向けてクリスマスカードを書いていました。

続きを読む

2016年09月21日

きみの笑顔 ぼくの笑顔/ナイトdeライト

「状況がくれる笑顔でなく
 心からあふれるよ」

01blog_philippines201609.jpg

心からの笑顔や自然と湧き上がってくる喜び。
私にとって、それは何をしている時だろうか。
この夏、フィリピンでの出会いを通してそんな事を考えさせられました。

続きを読む

2016年07月22日

ex.人間/Syrup 16g

『汗かいて人間です
 必死こいて人間です』

汗かいてポケモンGETです。
必死こいてポケモンGETです。

pokemon go 20160722.jpg

続きを読む

2016年05月25日

ひまわりの約束/秦基博

「どうして君が泣くの
 まだ僕も泣いていないのに」

01kumamotoaso201605.jpg

この曲は、熊本震災支援で活動している時に、
南阿蘇の男の子がボランティアたちの前で歌ってくれた曲です。
その力強い歌声と優しい歌詞に、思わず目頭が熱くなりました。

続きを読む

2016年05月05日

余震の町から

28日に大阪から熊本入りしてからまもなく8日目の深夜をむかえる。

続きを読む

2016年03月11日

Be the light/ONE OK ROCK

「見て見ないふりをすることは
 誰にでもできるよ
 ほら、目を開けて」

食べたのに食べてないふりをすることは
誰が見ても卑しいよ
ほら、口を開けて

tomokiyoshida20160311.jpg

続きを読む

2016年01月07日

Raining/Cocco

「それは とても晴れた日で
 未来なんて いらないと想ってた」

それはとても寒い日で
重力なんていらないと想ってた
(関連ブログ:みちくさ/新沢としひこ

yoshidake201601.jpg

続きを読む

2015年10月21日

BRAVE feat JESSE(RIZE)/Nycca

「それはそうと 今日のベスト
 できるできないこと 人には人にあるけど」

日々努力、日々全力。
日本でも、海外でも、トイレでも。

06nepal20151021.jpg

続きを読む

2015年09月09日

Flyers/BRADIO

『コンプレックスは
 逆手にとって
 オリジナリティ』

烏合の衆より
少数精鋭がいいよね
髪の毛も

06nepal_volunteer201508.jpg

続きを読む

2015年08月28日

素晴らしきこの世界/真心ブラザーズ

「海からお日様はじき出され
 新しい手つかずの一日始まり」

さてと今日は何をしようか、
少なくともお腹を壊さないようにしてみるよ。
素晴らしきこの世界。

01blog_toilet_uganda201508.jpg

続きを読む

2015年07月29日

この街で生きている/amazarashi

「いつでも紅い夕焼け
 戸惑う未来教えて」

いつの間に少ない髪の毛
戸惑う未来託して

01blog_yoshida201507.jpg

続きを読む

2015年06月29日

森祐理さんのラジオ番組でネパール支援報告(7/3)

 ネパール緊急支援のために現地に派遣した吉田知基スタッフが、森祐理さん(当機構親善大使)のラジオ番組「モリユリのこころのメロディ」(ラジオ関西558khz)にゲスト出演し、被災地の様子や活動報告をします。

01radio201507.jpg

続きを読む

2015年06月19日

小さき負傷者たちの為に/中島みゆき

「声もなき 小さき者たちは
 見開いた瞳も乾いて」

01nepal_blog201506.jpg

ネパール大地震で
傷ついた小さき者たちを、
狙う大人たちがいるそうです。

続きを読む

2015年06月04日

風の日/ELLEGARDEN

「雨の日には濡れて
 晴れた日には乾いて」

01windy_day201506.jpg

寒い日にはお腹くだして、
次の日にはもっとくだそうとしてみる、
そんなお腹さ。

続きを読む

2015年05月12日

Progress/スガシカオ

「ぼくらがユメ見たのって
 誰かと同じ色の未来じゃない」

nepal20150513.jpg

10日は母の日でした。
Facebookのタイムラインには、
母の日関連のコメントや写真が並びまくります。

続きを読む

2015年04月27日

証明/SUPER BEAVER

「大袈裟なことがないと
 実感できない僕ら」

ネパール地震、がれきの中救出活動続く ASIA - NEPAL - QUAKE
photo by Youtube

25日、ネパール中部で大きな地震が発生しました。
被災地では人々が互いに助け合ってこの困難に立ち向かっています。

続きを読む

2015年04月17日

はじめまして!―新スタッフ紹介

はじめまして!
広島事務所の木村カナです。
現在大阪事務所で研修中ということで、大阪事務所から初ブログを書いています。

まず、自己紹介をします!

続きを読む

2015年04月01日

ドアたち/オワリカラ

「あなたの次の
 ドアでいたい」

新しいドアを開けるときのドキドキ、
その先に広がる世界に踏み出す時のワクワク、
そんな感覚をいつまでも大切にしたいと思います。

00ruis2015DSC_0163.jpg

続きを読む

2015年03月18日

深夜高速/フラワーカンパニーズ

「生きててよかった
 そんな夜を探してる」

この世界は生きるに値すると信じて、
毎日、喜んで生きている人、
どれくらいいるのでしょうか。

00towervill201503.jpg

続きを読む

2015年02月06日

キャッチアンドリリース/グッドモーニングアメリカ

「最近じゃ 空見上げるより
 手の中のディスプレイばっか見て」

01catchandrelease201502.jpg

手の中のディスプレイを見て一喜一憂する人々。
近所の公園では子どもたちが下を向いて携帯ゲームに
没頭している光景をよく見かけます。

続きを読む

2015年01月15日

イキナリズム!/EE JUMP

「いきなり勇気が湧く日もあるが
 いきなり強くはなれません」

01blog_yoshida201501.jpg
【JIFHスタッフ集合写真:新年リトリート(1/14)】

新年を迎え、新たな決意や目標を胸に
新しい一歩を何か踏み出せているでしょうか。

続きを読む

2014年12月12日

パイオニア/高橋優

「きっと成功ってやつは自己満足なんかじゃない
 そのときを分かち合う誰かが居て初めて心底笑える将来」

02uganda2014IMG_2803.jpg

例えば、とてつもなく美味しい料理をつくった瞬間が「成功」となるのではなく、
自分がつくった料理を食べた誰かが喜んでくれる瞬間が「成功」となるのでしょう。
その喜びが大きければ大きいほど「大成功」といえるのかもしれません。

※写真はウガンダワークキャンプ(2014)で毎回美味しい料理をふるまってくれたサム

続きを読む

2014年12月05日

地元の中学生が職場体験に

先日、まさかの初雪が舞った大阪から心温まる近況をお伝えします。
昨日と今日と近所の中学校から『職業体験』で3人の生徒さんが来てくれています。

01jr_high1417754857833.jpg

続きを読む

2014年11月28日

The Choice Is Yours/RHYMESTER

「考えるのはキミだ
 他の誰でもないんだ」

01kenya_childream2014s.jpg

親が子どもに与えることのできる一番の贈りものとは何か。
ある本の中で、それは「時間」だと書かれていました。
考える時間、遊ぶ時間、夢みる時間。

続きを読む

2014年11月07日

愛だけを残せ/中島みゆき

「愛だけを残せ 壊れない愛を
 激流のような時の中で」

uganda_sipi_fall2014.jpg
photo by Uganda work 2014

激流のようなお腹をさすりながら、ポーカーフェイスでトイレに駆け込む吉田。
激流のようなスケジュールを終え、スマイルフェイスを残してコンゴに戻ったジェローム。
彼と一緒に過ごした10月は激流のように過ぎていきました。

続きを読む

2014年10月24日

生きる/不可思議/wonderboy

「生きているということ
 のどがかわき 
 木漏れ日がまぶしいということ」

SISTERS-SEE-FOR-THE-FIRST-TIME2014.jpg
photo by Youtube

世界には2000万人の人々が300ドルの手術費用を払うことで、
目が見えるようになるそうです。
しかし、そのほとんどが貧困ゆえにその費用を払えない状況にあります。
彼らは視覚障害を抱え、光を感じることができないまま生きているのです。
以下の映像はインドの二人の姉妹が、その光を手に入れる様子を描いています。

続きを読む

2014年10月17日

1984/andymori

「親たちが追いかけた白人たちがロックスターを追いかけた
 か弱い僕もきっとそのあとに続いたんだ」

01hiroshima_relief2014.jpg

誰かに憧れる誰かに対して憧れる誰か。
そのようにして世界は広がっていくのかもしれません。
先月、広島土砂災害ボランティアの昼食の時間に
ゴマすりをする小林さんに憧れて(写真上参照)
私もゴマをするようになりました。(写真下参照)
今では、あらゆる料理にすりゴマを使いまくっています。

続きを読む

2014年10月06日

ラファータ/Syrup16g

「雨が降れば 傘をさせばそれでいいが
 人の心にさす 傘は頼りなく」

04ugandawork2014s.jpg

頼りない傘のために心が濡れに濡れ、悲しみの中にある人がいます。
今年の夏、ウガンダワークキャンプの引率をさせていただきまして。
その期間中に里子の家を何軒か訪問させていただきました。

続きを読む

2014年09月26日

28日に世界食料デーフェスティバル(大阪・八尾市)

 2014年世界食料デーの最初の大会として、9月28 日(日)午後7時(開場6時半)から大阪府八尾市東山本新町のグレース大聖堂において、世界食料デーフェスティバル「ゴスペル・コンサート」が開催されます。

続きを読む

2014年08月22日

ペンションでチャリティーコンサート(奈良)

 ハンガーゼロアフリカ支援として、9月6日(土)午後3時から奈良県高市郡明日香村越17のペンション飛鳥において、「秋のチャリティコンサートin飛鳥」が開催されます。

続きを読む

2014年07月07日

希望/中村一義

「同じ世界は今日もないように、
 同じ人は今日もいないんだぜ。」

01firstrain201407.jpg
photo by Youtube

だいたい同じ毎日。
しかし、そこに新たな視点を加えてみると、
新しい発見があるかもしれません。

続きを読む

2014年06月27日

母に贈る歌/BIGMAMA

「あなたのベタな味付けは箸が進んで
 浮ついた気持ちを沈めて行きます」

my_mother_rice201406.jpg

先週、久しぶりに実家に帰り一泊。
父と母と妹と半年ぶりの再会を果たしました。

続きを読む

2014年06月13日

ファントムヴァイブレーション/キュウソネコカミ

「スマホは もはやオレの臓器」

01smapho_blog201406.jpg

食べ過ぎて胃もたれすることはありましたが、
最近はスマホからの情報過多で心もたれ気味です。

続きを読む

2014年05月30日

アイデンティティ/サカナクション

「どうして 
 今になって
 そう僕は考えたんだろう?」

blog_photoes201212.jpg

先日、父から電話があって
今になって
祖母のことを考えていたわけです。

続きを読む

2014年05月23日

徂徠豆腐/立川志の輔

「あれはな、店の形をした おからなんだよ」

hengao20140523.jpg

星の形をしたクッキー(よくある普通のクッキー)
スの形をしたイス(スイスというイス
猫の形をした幸福(小説のタイトル
私たちは自分の気持ちや感情も様々な形で表すことができます。

続きを読む

2014年05月13日

みちくさ/新沢としひこ

「まわりばかりを気にしていると
 自分のことが見えなくなるよ」

01michikusa201405.jpg

私は高校時代、自分自身に対して価値を見出せなくなりまして。
その結果、あらゆることが面倒になり、いつしか「かっこいい死に方」について
いろいろと考えるようになりました。

続きを読む

2014年05月02日

一人ぼっちの世界/メガマサヒデ

「愛を貰ったり愛をあげたりを繰り返して
 いつ頃 僕らは大人になるのかなぁ」

02PEIS_201405.jpg

先日、当機構が支援しているフィリピンの
プレイズエメラルド国際学校を訪問し、
学生の家を数軒訪問させていただきました。

続きを読む

2014年04月18日

Historia/金子ノブアキ

「瓦礫を越え
 そして光が射し込むという
 雄々しき風が吹くという」

historia201404.jpg

もし涙を流すのなら。
嬉し涙がいいけれど。
この映像のような嬉し涙は流れずにすむ世界であってほしいです。

続きを読む

2014年04月11日

大阪事務所で韓国語講座スタート(4/14)"ハングルで世界をぐるぐる"

アンニョンハセヨ^^
韓国から参りましたジョンアと申します。
昨年から日本国際飢餓対策機構のスタッフとして働いています。
知れば知るほどオモシロイ韓国語、私と一緒に始めませんか?

korean_class201404.JPG

続きを読む

2014年04月07日

HURRY GO ROUND/hide

「あの日見えなかった愛でるべき花たち
 今 日だまりの中 首かしげ
 それでもやさしく微笑んでいる」

01blog201404ty.jpg

桜が咲いたと思ったら、早くも散りに散って。
舞い落ちる花びらは抜け落ちる毛髪に、さも似たり。
現実頭皮に現実逃避気味な毎日ですが、
皆さん、いかがお過ごしでしょうか。

続きを読む

2014年04月04日

大切な切手

満開の桜の中、昨日近くの郵便局に行ってきました。
そして、大阪事務所に届けられた愛のこもった沢山の書き損じ葉書を切手に換金してきました。
消費税が上がったことで、2円切手や新しい52円や82円が必要でしたが、充分に頂くことが出来ました。

kitte201404.jpg

続きを読む

2014年04月01日

琉球愛歌/MONGOL800

「日々あなた思い 一生が終わればいい
 日々の暮らしの中 間違いだらけこの世の中」

sakura201403.jpg

桜満開。花粉満載。涙腺崩壊。鼻ティッシュ万歳!
日々の暮らしの中、花粉症だらけこの世の中。

続きを読む

2014年03月20日

21日教会バサーでハンガーゼロカフェコーナー

3月21日祝日、大阪事務所と同じ八尾市にあるグレース宣教会(キリスト教会)で行われる「春のチャリティーバザー」でハンガーゼロカフェコーナーを出展します。

続きを読む

2014年03月11日

やどかり/RADWIMPS

「オナラが恥ずかしくなったのはいつからだろう
 涙かくすようになったのはいつからだろう
 嘘をつけるようになったのはいつからだろう
 裸が恥ずかしくなったのはいつからだろう」


smile_tacloban03.jpg

早いもので、27年を経まして。

続きを読む

2014年03月07日

分かち合うということ

こんにちは!

 日本国際飢餓対策機構は飢餓の現状を多くの人々にお伝えし、私たちの活動を知っていただくために、毎週スタッフが学校や教会を訪問して沢山の方々に出会っています。

続きを読む

2014年02月28日

共に生きる世界をつくるために一人ひとりができること

 国際協力のお祭り「ワン・ワールド・フェスティバル」が、2月1日(土)、2日(日)大阪国際交流センターで開催されました。

続きを読む

2014年02月24日

列車/LOST IN TIME

「あの頃はよかった なんて
 言いたくはなかったのにな」

schoollunchsouthsudan03.jpg

私は高校時代に、兄貴から「一緒に坊主にしよう」と誘われ、
生まれて初めて頭を剃り、坊主デビューを果たしました。

続きを読む

2014年02月21日

たくさんのご協力に感謝!

いつもご支援感謝します!大阪事務所には毎日様々な郵便物が全国から届きます。
特に今月は大阪事務所に続々と書き損じハガキと未使用切手が届けられています。
(飢餓対策ニュース2月号でアピールさせていただきましたが、これらは海外スタッフ支援や
 支援者様への郵送物発送に用いさせていただいています。)

osaka_news20140221.jpg

続きを読む

2014年02月13日

道化師のソネット/さだまさし

「せめて笑顔が救うのなら
 僕は道化師(ピエロ)になれるよ」

tyhoon_yolanda201406.jpg

先月1月中旬と2月初旬の2回にわたってフィリピンのタクロバンでボランティア活動を実施。
この活動に賛同し、募集に応答してくださった日本の方々と共に行ってまいりました。

続きを読む

2014年01月10日

いきるもの/100s

「あぁ。『忘れない。』を
 さぁ。忘れないぞ。
 消えてしまう日々などあり、
 生まれくる日あり。」

ikirumono01.jpg

『最近、もの忘れが増えてきたな』と言われそうな勢いですが、
今のところ、ギリギリ言われていない勢いです。

恥ずかしながら、『忘れない』と心に誓ったことも、
いつの間にか忘れてしまう傾向にあります。
しかしながら、『忘れたい』と思っても、
決して忘れることができない辛さもあるわけで。

※写真はフィリピン台風によって引き起こされた高潮により家を失った青年エドアルド:家のあった場所で(2013/12/18)

続きを読む

2013年12月04日

また明日/フラワーカンパニーズ

「誰でもきっと
 出来ればずっと
 泣きたくないもんなぁ」


tacloban01.jpg

先週、フィリピンより帰国し、明日12月5日から再びフィリピンへ向かいます。

続きを読む

2013年11月13日

銀の龍の背に乗って/中島みゆき

「あの蒼ざめた海の彼方で 今まさに誰かが傷んでいる
 まだ飛べない雛たちみたいに 僕はこの非力を嘆いている」

Tacloban City_blog.jpg

明日、フィリピンへ出発します。
本当にたくさんの方がこのフィリピンの人々のために支援を申し出てくださっています。
そんな皆さんの代表として、皆さんの優しく熱い思いをフィリピンの方々に届けてきます。

続きを読む

2013年10月29日

×ゲーム/東京カランコロン

「小さな頃、くだらない遊びしては笑ってたでしょ
 今じゃどんなに面白くても、笑えない場面多いよね」

hope_tom2013.jpg

今年の世界食料デーの特別ゲストとして、
フィリピンから来日してくださったホープ児童合唱団が帰国して2週間が経ちまして。
私は関西地区での全てのコンサートに同行させていただきました。

続きを読む

2013年10月16日

愛の輪/Manami

「何も見えない場所で立ち止まる
 悲しみにくれた誰かが明日をあきらめる
 この夜の終わりは誰がくれるの?」

hungerzero2013panel03.jpg

本日、10月16日は世界食料デーです。
世界の飢餓問題解決のために1人1人が考え、行動する日として、国連が制定しました。
今もなお飢餓、貧困の中で苦しんでおられる方々を覚え、皆さんの1食分を分かち合ってください。

続きを読む

2013年10月09日

世界食料デー北大阪大会も大盛況!

 昨日、行われました世界食料デー北大阪大会には130名もの方が集まり、ホープ児童合唱団の美しい歌声が千里ニュータウンプラザ大ホールに響きました。

01kita_osaka2013.jpg02kita_osaka2013.jpg

続きを読む

2013年09月25日

友達になれるかな?/コトリンゴ

「まず笑おう 握手をして 
 許せるかな? 笑えるかな? 
 まだまだ駄目 まだ駄目かな?」

jhonny_yoshida.jpg
【ボリビアワークキャンプにて:塩屋キリスト教会の里子ジョニーくんと】

ボリビア、リオカイネの里子ジョニーくんはカメラを前に緊張気味。
見知らぬ人の前で感情を表に出すのは意外と難しいものです。

続きを読む

2013年09月09日

新世界/ACIDMAN

「陽は高く昇り、世界を照らした
 輝きを増して、あの空が開く
 今日、世界は生まれ変わる」

05bolivia_work2013.jpg

8月16日~28日までボリビアワークキャンプへ行ってまいりました。
今回は日本の皆さんが支援してくださっているトロトロ郡リオカイネ地域に1週間ほど滞在しまして。
現地で行われているプロジェクトやイベントに参加し、たくさんの里子たちと交流することができました。

続きを読む

2013年08月13日

Ato-Ichinen/KEMURI

「あと1年、どんだけの事ができるだろう
 あと1年、どんだけの夢を見せれるかな」

birthday_cake201308s.jpg

 あと1年、で順調に28歳になれますようにと願う吉田です。

続きを読む

2013年07月25日

まずは自分の足元から

この子どもたちが学校の庭に座り込んで何をしているか?
実はみんなで定期的に学校の掃除をしているのです。
学校の周りは、スラム街で、どこに行ってもゴミが散乱しています。
道にゴミを捨てるのは生活の中では当たり前のことになっています。

kenya_sheepcare201307.jpg

続きを読む

2013年07月19日

フルサト/ONE☆DRAFT

「いつの間に時は過ぎ、
 いつの日に大人になるだろう。」

yoshida_3_kyodai.jpg

先日、久しぶりに兄と妹と再会し、久しぶりにプリクラを撮り、
生まれて初めて兄弟妹(きょうだい)三人だけで外食しました。

続きを読む

2013年07月08日

単独飛行少年史/空想委員会

「邪魔なものは捨てることが正しいと信じていた
 旅立つときは手ぶらがいいと思っていた
 軽くなったら空も飛べると思っていた」

corn_soy.JPG

先日、渥美キリスト教会の加藤先生から大量のトウモロコシが大阪事務所に届きました。
先生には東北での活動でとてもお世話になりまして、農家の方々とのネットワークを通じて、
たくさんの新鮮野菜を支援物資として送ってくださり、東北の方々にとても喜ばれました。

続きを読む

2013年06月11日

伝える something to somebody

日中の暑さにげんなりしかけている吉田です。
草木も眠る丑三つ時の7時間くらい前から涼しい風が吹いたり吹かなかったりする季節がやってきました。
近所ではマフラーを改造したであろうバイクがぶいぶい駆け抜けて青春しております。

TomYoshi.JPG

続きを読む

2013年05月17日

奇をてらっても mother's day

今年の夏、ボリビアワークキャンプ
引率スタッフとして行くことになりました吉田です。
まだ空きがございます。ぜひご参加ください!

kiku_no_hana.jpg

続きを読む

2013年04月20日

An ideal 愛である

理想の食卓、理想の筋肉、理想の住宅、理想の世界、理想の吉田。
「理想の」と付くだけで、なんだかとても楽しい気分になりますが、
「現実の」それらを見て、なんだか余計むなしい気分になりました。

an_ideal_gohan.JPG

続きを読む

2013年03月28日

つながり in His presence

眠れない日々。どうも呼吸がうまくできません。
なぜか悲しくもないのに涙がとめどなくあふれてきます。
今年から花粉症を患いまくっている吉田です。

kizuna_in_his_presence1.jpg

続きを読む

2013年02月20日

Why? に why!!!

くだらない男にはなりたくないと思いすぎて。
先週はノロウイルスに感染し、お腹くだりまくっていた吉田です。
ベッドとトイレを往復する日々に「なぜこんなことに!」と問わずにおれませんでした。

why_why_blog

続きを読む

2012年12月17日

脱 unhealty Japanese

健康のためにとテコンドーに励みますが、激しい練習の度に、食べたものをリバースしながら。
健康のため野菜を買いますが、おつとめ品ばかりを狙うので、食べる頃にはきわどい感じで、リーゲを繰り返し。
健康と不健康の狭間で今日もギリギリ不健康な吉田です。

_IGP4745s (1).jpgのサムネール画像

続きを読む

2012年12月14日

頑張れ!ヘウォンちゃん

私は今年、29歳。
あと半月で30代になります。
(日本ではまだ28歳ですが、韓国では数え歳を使うので新年になると30歳になります。)
20代の最後に何かチャレンジしてみたくて、もっと強くなりたくて、
奈良マラソン10Kmに申し込みました。
私にとって奈良は1300年前の日本の首都だった美しい憧れの場所なのです。
マラソンの日が近づいて来ると、練習がなかなか出来なくて
自信がなくなりました。しかし、諦めることはできない!

続きを読む

2012年11月27日

小さな夢が大きくなりますように

11月5日から15日まで 教職者ツアーでフィリピンに行って来きました。
生まれて初めてのフィリピンへの旅だったのでドキドキしながら出発しました。
7107の島でできている島国フィリピン。
200くらいの部族と100以上の言語が存在している多民族の国です。
一番初めに訪問した所はミンダナオ島のティボロという町でした。
日本国際飢餓対策機構の支援としてCDP(child development program)の働きをしているアポセンターがある町です。
アポセンターはフィリピンで一番高いアポ山が見える所に位置されています。

続きを読む

2012年11月06日

ラブソング/amazarashi

傘すら持たない人が居るのは確かだ。
そのことを切なく歌い上げたのは井上陽水さんで。
雨が降るたび「傘がない」を口ずさみ外出をためらってしまう吉田です。

kasa2tu.JPG

続きを読む

2012年09月13日

いきなり do you know なの?

あんなに、楽しんでいると思ったのに。
あんなに、はしゃいでいると信じていたのに。
肩車をする側とされる側の温度差に気づいて鳥肌がたった吉田です。

555494_276543672454626_568277422_ns.jpg

続きを読む

2012年09月04日

愛 love Uganda work camp

そんなにさ、しゃべんなくたって、伝わることもあるだろ。
僕は、死ぬように生きていたくはない。
と中村一義さんが歌うのを聴きながら、ウガンダ行きの飛行機に乗っていた吉田です。

_IGP5830S.jpg

続きを読む

2012年08月21日

マレーシアワークキャンプ-夏の思い出

201283日から14日までマレーシア、サバ州にワークキャンプに行ってきました。

現地のスタッフのお手伝いをしたり、現地の人との交流をして来ました。

個性的な8名の参加者と、引率を含め10名がマレーシアに出発しました。



続きを読む

2012年08月14日

裏 of the London Olympic で

ロンドンオリンピックを一度も見ずに閉幕を迎えた異国情緒顔の吉田です。
いわゆるテレビ無しな生活を送っていたわけで。そんな私を憐み、敬愛しまくる上司が誕生日のお祝いにと
テレビを買って下さいまして、来季ブラジルでのオリンピックを誰よりも待ち焦がれている26歳なのです。

2012y07m28d_163323496.jpg


続きを読む

2012年07月11日

Sweat a great deal for 平和

最近、頻繁に山に登っている吉田です。
近所に450段くらいの階段がございまして。
頂上まで行くと街を一望できるわけです。

futakami park1.JPG

続きを読む

2012年06月29日

Under the system を生きるために

ため息の数だけ幸せが逃げる。
抜け毛の数だけ幸せが増える。
そんなシステムであってほしい抜け気味の吉田です。

IMG_1771.JPG

続きを読む

2012年06月17日

オールドルーキー/竹原ピストル

「15の夜」を歌いながらヘルメットかぶって自転車を乗りまわしていた15の夜から、
早くも10年の月日が流れました25の夜に吉田知基です。
15の夜に限らず、盗んだバイクで走りだしてはいけませんみなさん。

minami sanriku town.JPG

続きを読む

2012年05月23日

HOPE in the hopeless

一日の仕事を終え、家に帰る時いつも楽しみにしていることがあります。

それは、家のポストの中で私の帰りを待っている手紙を見ることです。

日本に来てから、時々韓国の家族や友達から手紙が届いています。

母国からの手紙は何よりも私を喜ばせ、その日の疲れが吹き飛んでしまうほどです。

今日も楽しみながらポストを開けてみましたが、え?!

これはどこから??シマウマのポストカード1枚。


 

続きを読む

2012年05月17日

A type of zoo called a サファリパーク

何が君の幸せ。何を見て喜ぶ。
分からないまま終わる。そんなのは嫌だ。
今日からアンパンマンのようになれたらなろうと思います出来る限り吉田です。

savanna

続きを読む

2012年05月07日

いつでも be a spokesperson どこでも

父に代わってでも、母に代わってでも、
先生や上司に代わってでもいいですけど。
月に代わっておしおきはされたくない吉田知基です。

my name is Yoshida

続きを読む

2012年04月19日

Strawberry pickingをしながら

次男に比べて完全にファンキーな長男と
次男に比べて完全にまつ毛を長くしたがる長女の
狭間で、今日もやっぱり次男の吉田知基です。

ichigo gari

続きを読む

2012年04月02日

カモメ/野狐禅

高校入学時、周囲になめられてはいけないと思い、
ここはひとつ気合いを入れようと生まれて初めて坊主にしたところ、
顔面がルパンに似ていることが発覚し、そのまま「ルパン」があだ名となってしまった吉田です。

長期ボランティア&JIFHスタッフ

続きを読む

2012年03月22日

春を待ちながら‐ヘオルンヌリ希望コンサート

大阪を出てから2週間が経ちました。
私は今、韓国で歌手として活動しているヘオルンヌリというグループと

共に東北地域の仮設住宅や教会を回ってから今、東京に来ています。

東北はまだまだ雪が降っていてかったですがもうすぐき、

暖かい春がるでしょう。

 


DSCF8746.JPGのサムネール画像 

続きを読む

2012年03月15日

The step you take shall make the 道

この道を行けばどうなるものか、危ぶむなかれ。
危ぶめば道はなし。踏み出せばその一足が道となる。
迷わず行けよ。行けばわかるさ今日も明日も吉田です。

The step you take shall make the road

続きを読む

2012年03月09日

Your prayer は my prayer

2/21から3/2までフィリピンの現地視察に行ってまいりました。
東北復興支援から戻った直後のフィリピン出張だったので、
北国から南国への温度差で戸惑いを隠しきれず吉田です。

Mountain Apo

続きを読む

2012年01月29日

2012希望の年

新しい年になって、初めてのご挨拶を致します。
皆さん、こんにちは。アンニョンハセヨ!
私が日本に来てから、3年半が過ぎました。
いつからの習慣か分からないのですが、日本に来てからどれくらい日にちが経ったかを
数えながら、かえりみる作業をよくしています。
1年、2年、3年、もう4年目になったなぁ〜と。
特に、新しい年を迎えながら昨年のことを反省し、
今年はもっと素敵な年になることを心に描き、また誓いました。

続きを読む

2012年01月17日

Awake 昔の memories once again

飛び続けるつらさを知らないあなたも、いつか気が付くことでしょう。
自分が誰かの手の中でしか飛んでいなかった事に。
そして、それを自由なんて呼んでいる吉田です。

kamishibai.jpg

続きを読む

2012年01月09日

Hunger Zero な year に 2012

新年おめでとうございます。
常に理路すこぶる整然でありたいと願いつつ、
ついテンパって理路はなはだ雑然としてしまう天然パーマの吉田です。

tenpa.jpg

続きを読む

2011年12月29日

The end of the year に亘理を見渡し

みなさま、年末いかがお過ごしでしょうか。
2011年がずっと吉田だったように、
2012年もきっと吉田だろうなと推測している吉田です。

watari christmas light.jpg

続きを読む

2011年12月26日

ヘウォンちゃんと共にハングルを!羽曳野ハングルコーヒータイム

クリスマスおめでとうございます!

今年は、日本で初めて迎えるクリスマスでした。

いつも、年末になると韓国に帰っていましたが、今年はクリスマスとお正月を日本で

えることになりました。

皆さんは、どんなクリスマスを過ごされましたか。

続きを読む

2011年12月13日

希望を運ぶ贈り物

もう、12月になりました。

1年を締めくくりながら、今年ももうすぐ終わるな~と思うと

なんか寂しい気持ちもしますね。

続きを読む

2011年11月29日

尊い命

ただいま!
すご~~~~~~くお久しぶりです。 


続きを読む

2011年11月24日

RIVER/広沢タダシ

先週は胃腸炎を患いまして、数日寝込んでおりました。
それでも決して病み上がることを知らない腹痛の精神で今日も吉田です。
特定保健用食品「元気クルクルピルクル」を飲み、生きた乳酸菌を摂取しまくる毎日です。


【RIVER/広沢タダシ 東日本大震災支援活動】
http://www.youtube.com/embed/8bDnobdUbiY

続きを読む

2011年10月22日

From the point of view of 漁師さん

小学校時代のひとり遊びといえば、
戦国武将目線で現代の食事を楽しむことだった画期的な吉田です。
中でも織田信長風にサッポロ一番の塩ラーメンを食べるのが一番ワクワクしました。

漁体験

続きを読む

2011年10月07日

But rejoicing comes in the 朝明け

大学時代、フィリピンで日本語のボランティア教師をしていた頃、
フィリピン人の子ども達に日本の笑いを伝えようと、「ノリつっこみ」を披露しまして、
ただただひたすらすべっていた斬新な吉田です。

Abe san house ni Yoshida

続きを読む

2011年08月06日

New サイト open, new days start

JIFHのWEBサイトが新しくなりました。ついでに私も25歳になりました。
せっかくめでたい日なので、何か非日常的なことをせねばと思い、
思い切って、コンビニでたっぷりプリンを買って勢いよく食らってすこぶる下痢気味の吉田です。

続きを読む

2011年08月06日

いってきます!

帰るところがあること。

それは、どれほど感謝なことでしょうか。

8ヶ月ぶりに姉の結婚式のためにしばらく故郷へ帰ることになりました。

帰る日が近づいてきたら、さらに恋しくなり、家族と友達を思い出して会いたくなります。

続きを読む

2011年07月12日

復興の花/竹原ピストル

先週の金曜日に仙台より戻りました。
小学生の頃、トニーニョと呼ばれて久しい吉田知基です。
ゴールを決めた時の飛行機ポーズを真似して楽しい時代でした。

続きを読む

2011年07月09日

恵みということ

日本の地を踏んでから、もうすぐ3年になります。

続きを読む

2011年06月20日

Stand up for 世界

痛みを知った日本。
支援を受けた日本。
に知ってほしいことがある吉田です。

続きを読む

2011年06月03日

We can revive あの頃よりさらに

「復興」って何?って考える。
でもそれを考えようとすることがもう。
「復興」なのかもしれない。なんて決して思ったりしない吉田です。

続きを読む

2011年05月24日

小さな天使に出会いました。

彼女に初めて出会ったのは、空から雪が舞い降りる冬の日でした。
久しぶりに故郷に帰り、大阪では見られなかった雪を
見つめながら、しばらく幸せな気持ちに浸っていたその日を思い出します。
2010年12月27日、夕暮れ
雪化粧したソウルの街は彼女の心のように純粋で、真っ白に輝いていました。
彼女に初めて会うので、少し緊張しながら
約束したソウルのとある女子大に向かいました。
待ち合わせ場所の大学内のコンサートホールでは障がい者による年末コンサートを控え、
障がい者オーケストラのリハーサルが行われていました。
彼女はそのコンサートに特別ゲストとして参加することになっていました。

続きを読む

2011年05月16日

美しき出会い

アンニョンハセヨ!
東北から大阪に帰って来て一週間が過ぎました。
GWの十日間、東北に行って来ました。
大阪に帰ってきましたが、毎日東北で出会った方々が思い出されます。
一、二回しか会ってないのにこんなに懐かしいのは、
大変な時に一緒にいたからでしょうか。

続きを読む

2011年05月13日

The season of 新緑そして新力

春は被災地のなかでさえもやっぱり春でした。
トルストイの「復活」を読んでみようと思いながら、
なかなか読み進まない吉田です。

続きを読む

2011年04月28日

ヘオルンヌリありがとう

ヘオルンヌリのチャリティーコンサートに来てくださった皆さん、本当にありがとうございました!!
皆さんのおかげで、たくさんの希望を伝えることが出来ました。

ヘオルンヌリが韓国に帰った後、23日に「ハンギョレ新聞」という大手の新聞に出た
インタビュー記事を以下に訳して載せます。

続きを読む

2011年04月26日

Send 愛 to Sendai

全国から寄せられる支援物資。
物資と共に届けられる温かいメッセージ。
メッセージを読むたび力が湧いてくる吉田知基です。

5PICT7049s.jpg

続きを読む

2011年04月11日

Put on the newな人

今週末、もう一度、東北にもどります。
ジャーナリスト・近藤紘一さんが亡くなられた1986年生まれの吉田知基です。
享年45歳。弔辞は司馬遼太郎さんが読まれました。

続きを読む

2011年04月04日

Where do you see 常に?

お湯が出て。布団で寝れて。
着替える服があって。帰る場所があって。
仙台から大阪へ戻ってなんだかとても複雑な気分で吉田知基です。

続きを読む

2011年04月01日

元気を取り戻そう!!コンサート

ヘオルンヌリが
東日本大震災のために
4月1日の今日、韓国から来日します!
ヘオルンヌリは韓国で活動している
混声5人グループです。

続きを読む

2011年03月26日

言葉にならない痛み

CIMG6152 copy.jpg

一番大事な
妻、子供、両親を亡くしました。
今、どこにいるか、
生きているか、死んでいるかも分かりません。
私の大切な家族
何をしても、満たすことができない、、
心に大きな穴が開いているような痛み

続きを読む

2011年03月23日

In my 底力 to act

一歩角を曲がると、風景が一変する被災地。
津波が届いたところと、津波が届かなかったところの狭間で。
ただただ言葉を失くしてしまいました。仙台から吉田知基です。

続きを読む

2011年03月16日

Heal the World/Michael Jackson

ツイッター上で心に響いたつぶやき。海外からの温かい応援。
被害がこれ以上広がりませんように。被災された方々が支えられますように祈りつつ。
日本国際飢餓対策機構、国内事業部広報の吉田知基です。

続きを読む

2011年03月13日

映画ではなく現実に起きた大津波

newscommunity.jpg

写真「ロイター通信」

3月11日
2時46分ごろ、

続きを読む

2011年03月08日

自殺志願者が線路に飛び込むスピード/野狐禅

最近よく噛んでご飯を食べます。
食材の食感を楽しみ、食べれることを感謝しながら。
昨日から台所がしょうゆ臭い吉田知基です。

続きを読む

2011年02月28日

JUMP/忌野清志郎

荷物をまとめて旅に出よう。もしかしたら君にも会えるね。
くたばっちまう前に旅に出よう。もしかしたら君にも会えるね。
忌野清志郎さんの「JUMP」を聴きながら相変わらず吉田知基です。


【 Youtube動画 忌野清志郎 & 筑紫哲也/JUMP 】

続きを読む

2011年02月25日

アイネシス、その後

こんにちは。
皆さん、お久しぶりです。
前回、ブログに載せた「アイネシス」のフルートチャリティーコンサートは、
神様の愛とたくさんの人々の支えの中で無事に終わりました。
疲れていた私もこのコンサートに同行する中で心が癒され、感謝しています。

続きを読む

2011年02月16日

今 is the time for action

何をかくそう、「サンタさんなんていない」と気づいてから、早くも20年。
ともすれば、「知基が何を考えているのか分からない」と母親を悩ませていた頃から、早くも10年。
ついには、大学の卒論で「青年期におけるフィリピン人と日本人の家族イメージの相違」について発表してから、早くも1年。

続きを読む

2011年02月07日

In 自己‐defense

パキスタン視察報告をしようしようと思いつつ、
あれよあれよと更新が遅れてしまった深爪の吉田知基です。
ついつい深爪したがり、クラシックなギター弾きたがりな今日この頃。

続きを読む

2011年01月24日

心温まるチャリティコンサート

温かい愛を伝えるフルートチャリティーコンサートに皆さんをご招待します。

続きを読む

2011年01月21日

The scenery seen from a 車窓

現地視察のため、パキスタンへ行ってまいりました。
滞在中は連日長距離移動だったので、
ほとんどの時間を車の中で過ごした吉田知基です。

続きを読む

2011年01月14日

植木が枯れました。

この間、友達からもらった植木が枯れました。

今まで、きちんと管理していましたが、忙しいというのを口実に

水も太陽も風も、あげなかったので

元気なくなりました。

続きを読む

2011年01月13日

Many medicine 携えて

荷物をかばんに詰め込んで。
ひげを懸命に生やしまくって吉田知基です。
1月14日から20日までパキスタンへ行ってまいります。

続きを読む

2011年01月03日

バグッバイ/RADWIMPS

新年明けましておめでとうございます。
2011年もよろしくお願い致します。
私が生まれる前から飼っていたウサギが3歳の頃に死んでしまった寅年の吉田知基です。

続きを読む

2010年12月25日

最初の merry Christmas

クリスマスおめでとうございます。
今年のクリスマスいかがお過ごしでしょうか。
クリスマスプレゼントとして牧師先生から育毛的なシャンプーをいただいた吉田知基です。

続きを読む

2010年12月22日

希望を送る人々

2010年がもう終わろうとしています。
1年を振り返ってみると、感謝する人々がたくさんいます。
JIFHの大阪事務所にも、毎月来てくださる感謝な方々がいます。

続きを読む

2010年12月13日

My baseball 部 memories

人に優しくされたとき、自分の小ささを知りました。
3年前の写真見たとき、頭の薄さにひきました。
愛しさと切なさと心強さと吉田知基です。

続きを読む

2010年12月07日

君は愛されるため生まれた/松本優香

わたしは恐いのです。わたしは死ぬことばかり考えていました。
それなのに、神のようなものがわたしを引き留めるのです。
神はいるでしょうか?いるでしょうね?と太宰治が本の中で書いていたのを読んだ吉田知基です。

続きを読む

2010年11月30日

世界に目を向けよう!

11月23日勤労感謝の日。
毎日頑張って働いている皆さん、
ゆっくり休めましたか。
私は、京都福音自由教会での宣教大会に参加して来ました。
世界の状況と宣教について学ぶ時でした。
休日にもかかわらず、たくさんの若者が集まってきました。

続きを読む

2010年11月29日

I can not だけど We can だから

ほとばしる汗、脈打つ心臓。
今日も颯爽と駆け抜ける・・・
下痢気味の吉田知基です。

続きを読む

2010年11月24日

Nobody Is Right/中島みゆき

ヨゴれを落とすためにお皿を洗うのではなく、
次に使う人の事をおもってお皿を洗うのです
というマザーテレサの言葉を思い出した吉田知基です。

続きを読む

2010年11月17日

慣れるという事

日本に来て初めて、
納豆を食べたときは、とても変な臭いで
食べることが出来ませんでした。

また雨の日、
家に帰るのに自転車で20分。
傘を持って自転車に乗るのは私には無理。
道には、片手で傘を、もう一方の手で自転車のハンドルを握って
妙技をするように上手に乗る人をたくさん見かけました。
私はそれが出来なくてビショビショになりながら
家に帰りました。

続きを読む

2010年11月16日

That is my funkyで兄

高校時代のあだ名は「室長」
テレビゲームといえば「信長の野望」
兄貴といえば「吉田信通」の吉田知基です。

続きを読む

2010年11月09日

DON'T TRUST OVER THIRTY/GOING STEADY

どうして僕は生まれたの?
どうして僕は死んじゃうの?
あの夕焼けを見ていると、どうして涙が出るの吉田知基です。

続きを読む

2010年11月08日

愛が世界を変える

愛が世界を変える

jung1.JPG

全世界の子ども達が笑うことができる日が

早く来て欲しいです。

全世界の子ども達が神様の腕の中で

幸せを味わえる日が

早く来て欲しいです。

韓国飢餓対策機構対策機構20周年回顧録 「ポクドクバン物語」

(愛と食料を与える人々の物語)の中で



続きを読む

2010年11月01日

Where are our 喜び?

探しものは何ですか。
見つけにくいものですか。
かばんの中も、机の中も探したけれど見つからないのに吉田知基です。

続きを読む

2010年10月28日

世界を変える力!

私が、世界を変えることは本当にできるのかと考えたことがあります。
こんなに小さい私がですね。
一人で何ができるのかと考えました。
とても偉い人もできないことを小さな私が本当にできるでしょうか。

続きを読む

2010年10月25日

Awake old memories たまには

たとえば君の肩に
思いっきりアイアンクローしながら
人生を考える吉田知基です。

kamishibai.jpg

続きを読む

2010年10月18日

Crying 笑ing

そういえば落語を聞きながら眠りにつく吉田知基です。
「芝浜」では古今亭志ん朝さんや柳家小三治さんよりも、
立川談志さんの「芝浜」が好きです。なんだか泣き笑いしてしまいます。

続きを読む

2010年10月15日

世界食料デー八尾西大会

10月9日
大阪の八尾市にある久宝チャペルで
世界食料デー八尾西大会が開かれました。

第1回WFD八尾西大会1.JPG

続きを読む

2010年10月11日

何を do you have?

最近、涼しくなってきました。
夜中に寒さのあまり目が覚めてしまうことがあります。
タオルケット一枚でがんばる吉田知基です。

続きを読む

2010年09月27日

If 僕 were...

もしも私が家を建てたなら小さな家しか建たないでしょう。
もしも生まれ変わってもまた吉田で生まれたい。
もしもし、吉田知基です。

続きを読む

2010年09月20日

This is my 母

吉田家長男の信通(ノブミチ)と長女の結実香(ユミカ)の間で吉田知基です。
長男は26歳にしてとってもfunkyで吉田です。
長女はまだまだ高2で料理とお洒落で頑張る吉田です。

続きを読む

2010年09月18日

夢は叶えるためにありますよね。

皆さん、冬ソナはご存知ですか?
チャングムはご存知ですか?

私は日本に来て、2年になりました。
韓国にいた時に、日本が韓国ブームであると聞き、今それを大変実感しています。

続きを読む

2010年09月13日

Let's eat together 今日も

涙の数だけ強くなれる。
抜け毛の数だけ優しくなれる。
今日もたくさん優しくなれました吉田知基です。

続きを読む

2010年09月06日

僕 was born on this earth

1986年8月6日。
8・6・8・6というなかなか楽しげなリズムをきざみつつ、この世に生を受けた吉田知基です。
24年と1カ月が経ちました。本当に感謝なことであります。

続きを読む

2010年09月01日

9月になりました!

秋の初めをお知らせする9月になりました。

青空、
涼しい風、
紅葉、


思うだけで幸せになる秋ですね。

続きを読む

2010年08月30日

What can I do 同じ地球家族として?

三重県の山奥にあります柏崎中学校出身の吉田知基です。
全校生徒39人の比較的小規模な学校でした。
悲しいかな、現在その校舎は使われておりません...。

続きを読む

2010年08月27日

出発!!

こんにちは

日本国際飢餓対策機構のサイトを訪問してくださり歓迎します。
また私のブログを閲覧してくださりありがとうございます。
私は日本に来て7月でちょうど2年になりました。
私が働いている大阪事務所は、JR大和路線の「志紀駅」の近くにあります。

続きを読む

2010年08月26日

ハンガーゼロへのchallenge

ルパン似なので仕方なくもみあげを伸ばしている吉田知基です。
伸ばしすぎてもみあげとひげの見境がつかなくなってる勢いです。
その無秩序なありさまに自分でひいてます。

続きを読む

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示