ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

2020年04月16日

【ハンガーゼロスタッフ】我が家の緊急事態宣言! パパ奮闘記

スタッフ:【大阪事務所】のブログを見る

 私事ですが、先日第一子(長男)が誕生しました。社会が混乱する中で本当にうれしい出来事です。
 妻が退院するタイミングで緊急事態宣言が発表され、私が自宅にいる時間が多くなりました。来てくれるはずだった義母も大阪に来ることができなくなり、他でもないこの私が妻を全力で支えなければならない。みなさんお分かりの通り、この瞬間すべての家事が私の手に委ねられたでのす。以前から皿洗い、ゴミ出しぐらいはしてきましたが、授乳中の妻のための三食の用意、時々粉ミルクの用意及び飲ませる、その後のげっぷ出し、沐浴、掃除、洗濯・・・と今までやったことのないような膨大なマルチタスクが私に押し寄せてきたのです。

AR01_WEB.jpg以前、職場の先輩(3児ママ)が 
「子どもたちの夏休みやGWなどの連休の家事は仕事よりしんどい!」とおっしゃっていました。
 その時はそんなものなのかと完全に他人事であった主婦の悩み?がこんなにも早くわかる日が来るとは思いもしませんでした。もちろん私の家事歴は彼女と比べるまでもないほど短いのですが。
 思い出すは小学生の頃の夏休み。暑さと育児に追われた母のイラ立った顔。なぜゲームをしていただけであんなにピリピリしていたのか。今なら彼女の気持ちに寄り添えます。おかあさんありがとう。。。
 始まる前からこんなに感傷に浸っていて大丈夫かと思われましたが、人間必要に迫られるとなんでもできるものですね。自分が一番驚いています。これは余談ですが、英語を勉強していた学生時代教授から聞いた

 「親の都合でアメリカに移住した日本人の小学生の子どもが初めて覚えた英語はHello(こんにちは)でもThank you(ありがとう) でもなく、もの珍しいアジア人をべたべた触る同級生に対してのDon't touch me!(触らないで)だった」という話を思い出しました。なせばなる何事も!まあここでは全く関係ありませんが。
さて料理はまったくの未経験者でしたが、クックパッドやクラシルなどの料理サイトに助けられてなんとか続いています。回数を重ねるごとにだんだんパターンがわかってきて(料理がワンパターンなだけ)楽しくさえなってきました。今までなんのために放送しているかわからなかったキューピー3分間クッキングがいまでは私の超お気に入り番組になったほどです。
AR02_WEB.jpg 普段学校やイベントなどでいかにもわかったような顔をして上司が作ったパワーポイントを使い飢餓に関連する食べ物の話を偉そうにさせていただいている私ですが、いま本当の意味で食べ物の重要性を肌に感じています。我が家にやって来た小さな命が教えられてもいないのに本能的にミルクを飲む姿を見て、食べること飲むことは人間の命そのものだと深く教えられました。改めて世界中にいる飢える人々のために働けることを感謝しています。しかし、まだまだ先が見えず、業務も縮小する中、私は長々と私生活をこのブログを書いています。

 いつかもう少し成長した息子と外の散歩に出掛ける頃には、すっかりと事態が収束していることを願って。

(チャイルドサポーター担当 安達)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示


支援企業