2017年01月24日

【フィリピン】台風被災者38家族に家屋建設資材を支援


 2016年年末、大型台風26号がフィリピン中部を通過、28日には、132908家族(602770人)が被災しました。

01maidlang2016.jpg

 ハンズオブラブフィリピン(以下、HOLPFI)が支援してきたミンドロ島近郊では昨年12月26日以後、台風の影響によりカラパン市は停電となりHOLPFI現地スタッフと連絡がとれなくなっていました。29日午後にはなんとか連絡がとれ、スタッフおよび家族の無事を確認しました。

 現地スタッフからの報告によると、ミンドロ島カラパン市内においては、中心街では大きな被災はなかったものの、周辺の貧困地域で簡素な素材で作られた家は半壊、倒壊が多数みられました。
30日には、カラパン市内でもっとも被害が大きかったバランガイ Maidlang(マイダラン)をスタッフが訪問しました。この地域は主に漁業と野菜栽培で生計を立てていました。

02maidlang2016.jpg

03maidlang2016.jpg

 調査の結果、59世帯が家を失ったことがわかり、家屋の仮修復のために釘とワイヤー、コンパネを1月10日に配布しました。復興がすすんでいるなか、自力復興が難しいと判断された38世帯を支援しました。

04relief_p2016.jpg

05relief_p2016.jpg

 今回の台風では大きな人的、家屋の損壊はありませんでしたが、風雨により農作物の打撃が大きく、特に監禁作物であるバナナの被害が大きかったので、これから先一月から二月後に食糧が不足すると予想されます。今後ともご支援よろしくお願いいたします。

06relief_p2016.jpg

▼WEBからの募金はコチラ
support_img_01_17.jpg

▼ゆうちょ銀行(郵便局)からの振込
口座番号 00170-9-68590
加入者名 一般財団法人 日本国際飢餓対策機構
「一円でも多く」との願いを実践していくために払込手数料のご負担をお願いいたします。

振込手数料に関しましては、下記ゆうちょ銀行のページよりご確認ください。
http://www.jp-bank.japanpost.jp/kojin/tukau/sokin/koza/kj_tk_sk_kz_tujo.html

※通信欄に募金名(フィリピン台風)をご記入ください。

カテゴリー

月別表示