2016年09月01日

【お知らせ】2016年世界食料デー開催日程


 10月16日は「世界食料デー」です。国連が制定した世界の食料問題を考える日です。1979年の第20回国連食糧農業機関(FAO)総会の決議に基づき、1981年から世界共通の日として制定されました。
 世界の一人一人が協力しあい、最も重要な基本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。当機構もこの趣旨に賛同し、同じ思いをもって協働する全国の方々と共に行動してきました。今年も全国21ヵ所で「世界食料デー大会」が開催されると共に、ご家庭で、職場で、学校で、教会で、様々な取り組みが行われようとしています。

▼全国の各大会の内容やチラシはコチラから
2016年9月16日:世界食料デー大会の全国日程&チラシ

DSC_0563.jpg

wfd_2016_schedule.jpg
▲クリックで拡大

全国日程表PDFデータはコチラ

 今年のテーマは「わたしから始める、世界が変わる...育てよう、希望の苗を」とし、現在の世界が直面する課題の一つである食糧問題や飢餓と貧困の解決へのさらなる取り組みと、途上国で懸命に生きる子どもたちに焦点を合わせたものです。

 7億9,500万人もの飢餓人口を抱えるこの世界で、日本の私たちの食事情は多くの無駄に囲まれています。現在日本では年間5,200万トン以上の農作物や魚介・肉類を世界から輸入に頼っていながら(平成27年度農水省食糧需給表)、食品廃棄量(民間調査)は約2,700万トンにも上り、そのうちまだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」は632万トン(食品関連事業者330万トン、一般家庭302万トン)と言われています。日本は食糧の多くを輸入に頼っておりながら、その半分以上を廃棄していることになります。

大量の水輸入国の日本

 また、世界で利用されている水の約70%は、食糧を生産するために使われています。例えば、1kgのトウモロコシを生産するには、灌漑用水として約1,800リットルの水が必要となりますが、牛はこうして育った穀物を大量に消費するため、牛肉1kgを生産するには、その約20,000倍もの水が必要となります。これはいわゆる「バーチャルウォーター(仮想水)」で、もし輸入国がそれだけの農作物を生産するとなるとどれだけの水が必要となるかを計算したものです。日本は大量の農作物の輸入国、同時に大量の水の輸入国とも言えます。私たちは他国の土地・水・栄養などをいただいて生産された多くの農作物を輸入して食べ、そして捨てていることを忘れてはなりません。

 このような現状の中で私たちにできることは何か。まずは無駄を省くための工夫、「必要以上の買い物をしない、作りすぎない、すぐに食べる場合には賞味期限の近いものから選んで、店舗からの廃棄を少なくする」など私たち自身の「食」に対する態度を少しずつでも改めてゆくことでしょう。

WFDNLシープケア子.jpg

未来を担う「希望の苗」

 もう一つの課題は、途上国で生きる子どもたちの厳しい現実です。今もなお5秒に一人が飢餓で命を落とし、極めて厳しい貧困の中で学校にも行けず児童労働の強要や性的搾取など、いのちの尊厳や人権が根底から覆される状況に置かれています。この状況をなんとか解決しようと長年共に取り組んでくださる各世界食料デー大会の実行委員会の皆さんに感謝します。

 今年寄せられる募金を用いて、厳しい環境の改善、貧困のゆえに教育を受けられない子どもたちへの教育支援、空腹のために集中して勉強できない子どもたちへの給食支援を継続して行ってゆきます。

 子どもたちはその国の未来を担う希望であり、彼らの成長は彼らの住むコミュニティに変革を与え、いずれ世界が直面している厳しい現実の解決という実を結ぶ、成長し続ける「苗」としてみなさんとともに育んで行きたいのです。

 是非、各地で開催されます世界食料デーにお越し下さり、このような子どもたちが一人でも多く希望を持って未来に歩み出せるように、途上国の子どもたちへのサポーターとなって、分かち合う喜びに加わっていただきたいと願います。

日本国際飢餓対策機構・啓発総主事 田村治郎


WFD募金.jpg

▼今年の世界食料デー募金は、主に以下のプロジェクトに用いさせていただきます
●バングラデシュ:子ども教育&コミュニティ開発支援
●ボリビア:子ども教育&コミュニティ開発支援
●コンゴ民主共和国:農業&コミュニティ開発支援
●フィリピン:子ども教育&コミュニティ開発支援
●ルワンダ:子ども教育支援
●ケニア:子ども教育&コミュニティ開発支援
●その他

▼全国の各大会の内容やチラシはコチラから
2016年9月16日:世界食料デー大会の全国日程&チラシ

■世界食料デー募金はコチラから↓↓↓
support_img_01_WorldFoodDay.jpg

カテゴリー

月別表示