2014年09月09日

2014世界食料デー、今月から全国各地で開催


 10月16日は、世界の食料問題を考える日として国連が制定した日、「世界食料デー」です。当機構では、今年も9月〜11月の期間に仙台から沖縄までの日本各地21会場で「世界食料デー大会」を開催します。ぜひお近くの大会にご来会ください。


フードイベント全国のレストランで開催中です。お店で食べてアフリカの食料支援


2014 世界食料デーのテーマ

「夢への一歩、ここから」 We have a dream

~広がれ愛の輪、つながれいのち~


2014WFD A2.jpg

 今年のテーマには、飢餓と貧困の中に生きる子どもたちが夢を持ち、その夢の実現のために一歩を踏み出すことができるように、という思いが込められています。子どもたちが教育の機会を得、成長してやがてその地域や国、社会の変革の担い手になることを願っています。


 世界食料デーは、今世界に広がる食料の問題を知り、共に生きるために一人一人ができることを考える日です。この趣旨に賛同する各地の実行委員会がJIFHと共に、毎年全国で世界食料デー大会を開催しています。今年ぜひ足を運んでみてください。各地の大会は、それぞれの実行委員会によって計画、運営されるため開催内容やスタイルにも工夫が凝らされています。飢餓問題についての講演、海外駐在員の現地報告のほか、音楽(ミニコンサート)やゲームやクイズ、フェアトレードグッズの販売など、来会者も運営側も楽しめるものとなっています。また、ボランティアとして運営に参加できる大会もあります。

 今年の現地報告では、ボリビア駐在の小西小百合とコンゴ民主共和国のジェローム・カセバが行います。(現地報告のない大会もありますので日程一覧JIFH2014WFD.pdfをよくご覧ください)


「あなたの一食分のご協力を」

 世界食料デーでは、飢餓と貧困、子どもたちの教育支援のために協力募金を求めています。ぜひ、あなたの一食分募金にご協力ください。いまも世界では8億人以上の人々が一日一食以下での生きる闘いを続けておられます。私たち工業先進国の一食分は、開発途上国では家族全員分の食事数日分に相当する場合もあります。今日、食べられる、食べられないが厳しい現実の中にある方々の命に直結しているのです。ぜひ、そのことを覚えて、あなたの一食分(ランチでもディナーでも)の分かち合ってください。


wfdYAOweb.jpg

写真(上下)9月28日に全国初の大会となった大阪・八尾での食料デーフェスティバル

ボリビア駐在の小西小百合の報告、市岡裕子さんのゴスペルコンサートが行われました

wfdYAOweb2.jpg

IMG_0012.JPG

【2013年の募金報告】

2013ホープ読売新聞.jpg

 昨年も全国の方々から、15,745,929円のご支援をいただき、貧困や困難な環境の中で生きる人々・子どもたちを支援するプロジェクト(学校給食、教育支援など)のために使わせていただきました。(昨年は、フィリピンからスラム地区の子によるホープ児童合唱団を15年ぶりに招き、大きな感動をいただきました)


今年の募金は、主に以下のプロジェクトに用いさせていただきます

ボリビア :学校教育支援
     :学校教育、給食支援
南スーダン:ルンベック学校教育、給食支援
パキスタン :カラーシャガールズホステル教育支援
フィリピン:プレイズエメラルド国際学校教育支援

コンゴ民主共和国:国内避難民、中央アフリカ共和国難民支援、その他



大会に参加できなくても応援ができます!

HZ募金箱m.jpg

 飢餓と貧困と闘っている人々を応援したい、自分たちから何かを始めていきたいという思いがあれば、どなたでもこの運動に参加していただけます。

 例えば市民グループや学校、サークル、家族や個人でも参加することができます。世界食料デー大会という名称がなくても、グループでコンサート、スポーツ、バザー等のチャリティ・イベントを計画したり、世界の子どもたちによる児童画展(JIFHが提供)を開催したりすることもできます。

 職場や学校、教会、家庭で、「節食ランチ」(節約メニューによる食事)をして、食べ物が与えられていることに感謝し、一食さえ食べることのできない人々のために節約できた分を支援にまわすのも一つの方法です。また、「ハンガーゼロ募金箱」を活用して、募金を始めることもできます。


 世界食料デーを通じて、愛の輪を広げ、全ての人々が夢を持てる世界の実現を目指していきたいと願っています。ぜひ共に行動していきましょう。

「夢への一歩、ここから」飢餓と貧困の中から一人でも多くの方々が、希望をもって立ち上がれるために、あなたも夢の一歩を、私から始めてくださいますようご期待しています。


 募金の際は、郵便振替00170−9−68590 日本国際飢餓対策機構 記入欄に「世界食料デー」と明記ください。


 食料デーへの応援参加については、各地の事務所にお気軽にお問合せください。



カテゴリー

月別表示