ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

2017年04月27日

わたしの原体験 Back to 1999 バングラデシュへ旅して

スタッフ:【大阪事務所】のブログを見る

 誰にも今の生き方に影響を受けた出来事が大なり小なりあると思います。私が国際協力の世界にぐっと近づいたのは、在籍していた短大の研修ツアーに参加したことがきっかけでした。行き先はバングラデシュ。「世界最貧国のひとつ」と表現されていたこの国の課題を、それなりに予習して向かった一行は、1999年1月、胸をはずませて首都ダッカに降り立ちました。

01blog_bangladesh201704.jpg

 空港を出て迎えの車を待っている時、ゴミ拾いをする幼い子どもたちが近づいてきました。「お金をちょうだい」と繰り返します。きりがないから、人だかりができて目立つと危険だからという理由だったように思いますが、物乞いをされても渡してはいけないというグループのルール故に何もできません。しかしその子どもたちは私たちから離れようとしません。少年の「ちょうだいをする手」にふと目が留まりました。短い指があるのです。ケガしたの?事故?なに?大丈夫?

 ざわつく心を持ったまま車に乗り込んだ私たちは、迎えの人に少年の話をしました。「物乞いをしやすくするために、わざと傷をつける場合があるんだよ。かわいそうって思うでしょう?」一同絶句するしかありませんでした。

 到着から数時間で貧困社会の現実を体験した私たちに、机上の予習はむなしくも何の答えもくれませんでした。子どもたちの屈託のない笑顔が頭から離れません。「私たちに何ができるのだろう」、長い長い問いかけの旅が始まりました。

(大阪事務所:山田)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示