ハンガーゼロ アフリカ」とは

【愛知事務所】

2017年01月27日

わたしから始める、一歩一歩

スタッフ:【愛知事務所】のブログを見る

新しい年に突入し、名古屋ではとにかく寒い日々が続いておりますが、
ふと庭を見ると、水仙の花がかわいらしく咲いていました。確実に春にむかっているのですね。
今年一年、「わたしから始める」一歩一歩の小さな歩みによって、確実に世界がより良い方向に
変わっていくことを信じつつ歩んでいきたいです。

さて、昨年は、本当にたくさんの「わたしから始める」皆さんが愛知事務所をサポートしてくださいました。

01aichi201701.jpg
【写真:2016年世界食料デー名古屋大会】

昨年4月に起きた熊本震災直後、さっそく校門で募金活動をしてくださった高校生達や、
事務所に訪れ、全国から送られた古本を換金するための作業をお手伝いしてくれた学生さん。

02aichi201701.jpg

海外の子どもからチャイルドサポーターへの手紙翻訳(英日訳)を
手伝ってくださっている方々の存在も、私たちの大きな励ましです。

名古屋初開催の「ハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプ」では、
サポーター団体の主婦の方々が、朝から晩までみっちり学ぶ受講生のために、
美味しい食事をつくって応援してくださいました。絶品豆腐ハンバーグ、忘れられません!

03aichi201701.jpg

そのファシリテータートレーニングを受けた一人一人は互いに刺激を受け合い、
よりよい世界のために「わたしから始める」アクションプランを立て、

ある人は学んだことを学校や所属団体で発表し、
ある人は数人で学びのグループをつくり、
ある人はその後5か月かけてためた募金を事務所にもってきてくださり、
ある人はJIFHでインターンとして働き、
ある人は海外での学びをスタートし、
ある人はいずれ国際協力の現場で働くことを目標に、今春から社会人生活を始め・・・
それぞれに新しい一歩を踏み出しています。


世界食料デー名古屋大会は20年以上、地域の有志の方々に企画実施していただいています。
とはいっても、細かい作業などスタッフが行うこともたくさん。
大会当日の会場ボランティアはもちろん、事前準備でも細かい事務作業や設置作業を
お手伝いしてくださるボランティアさん達の存在に、どれだけ支えられたことでしょう!

04aichi201701.jpg05aichi201701.jpg
06aichi201701.jpg07aichi201701.jpg
08aichi201701.jpg09aichi201701.jpg

昨年夏のサマーキャンプはウガンダで開催されましたが、
愛知県から参加した2名の方が、事務所で報告会を。

10aichi201701.jpg11aichi201701.jpg

2名のインターンさんも、仕事の後に事務所に立ち寄り、アフリカを知るための素敵なパズルを
作成してくださって、ワールドコラボフェスタで多くの方々に楽しんでいただきました。

12aichi201701.jpg13aichi201701.jpg

今は数名のインターンさんが今年3月に向けて、イベント企画準備中!乞うご期待です!!

この働きをしていて嬉しいことを問われるならば、間違いなく「人との出会い」と答えます。
人と人が出会って、互いに作用し合い、励ましを受けて、新たに生まれた一歩の形をたくさん見せていただきました。
JIFHの主要な働きは、海外で飢餓貧困に立ち向かう人々のサポートですが、
その背後には、どれだけ多くの日本の方々の「わたしから始める」一歩があることでしょう。

水面に落ちた一つの水滴がなす水紋のように、その一歩は確実に、
周囲の世界に波動を起こし、会うことはないであろう世界の人々に繋がっていきます。
そのことを意識するのとしないのとでは、歩み方や方向性がまったく変わってくるように思います。
悪い波動ではなく、良い波動を起こしていくことができるように、わたしの小さな行動から見直していくこと。
それがすべての始まりではないでしょうか。

「わたしから始める、世界が変わる」
昨年の出会いに心から感謝します。
そして今年一年間、出会いを大切にしたいと思います。

(星野 絢子)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示