ハンガーゼロ アフリカ」とは

木村 カナ

2015年12月08日

分かち合うクリスマス

スタッフ:木村 カナのブログを見る

Poverty is not lack of resource but lack of caring and sharing.「貧しさとは資源が足りないことではなく、大切にすること、分け合うことをしないことだ」
フィリピン最大級NGO"Gawad Kalinga"創設者 トニー・メロトの言葉です。

イエス=キリストが生まれたことを記念する日「Christmas」が近づいてきています。みなさんのクリスマスのご予定はもう、お決まりでしょうか。今年のクリスマスは自分が楽しむだけで終らない、喜びを分かち合うクリスマスにしてみませんか?
当機構広島事務所でもこの喜びをみなさんと分かち合いたいと願い、先週12/5㈯cocusaiコミュニティスペースにて『クリスマスカフェ』を1日オープンしました。当日の様子をご報告いたします。(本文にてcocusaiコミュニティスペースについて解説しています。)

CLC広島店さんとの合同チャリティイベント、『クリスマスカフェ』の様子です。
IMG_1388hiroshimachristmas.JPGFullSizeRender hiroshimachristmaspg

CLCさんのクリスマスグッズや(株)キングダムビジネスのフェアトレード商品販売の他、いつも体に優しくておいしいケーキを作ってくださる、ユキさんお手製クリスマスケーキが提供されました。
また、クリスマスの喜びについてともに分ちあう時間と共に、今こうしているときも飢餓などの問題で命を落としている方々がいるということを覚えて、日本の食糧問題と共にどう取り組めばよいのかという熱い議論が交わされていました。
日本の食、世界の食、命について関心を持ち、行動を起こしたいと願う人たちがおこされていることを目の当たりにする時となりました。
このクリスマスカフェでお預かりした募金合計は、22,080円です。感謝します!

また、当機構ではクリスマスプロジェクトとして、ボリビアの子どもたちの栄養改善のための食用鯉の養殖プロジェクト、そしてルワンダの生活安定のための農業トレーニングへ用いられる募金を受け付けております。喜びを、持てるものを分かち合うクリスマスこそ、豊かなクリスマスであると思います。
ボリビア、ルワンダどちらの場でも、大きな一歩を踏み出そうとしておられる方々の背中を押すことができる、希望のプレゼントをお贈りしてみませんか?
ルワンダのクリスマスプロジェクト詳細
ボリビアのクリスマスプロジェクト詳細


最後に、『cocusaiコミュニティスペース』について、ご存知の方もいらっしゃると思いますが、ご紹介いたします。
こちらは、広島事務所に併設されている、様々な方と共有で使うことができるフリースペースです。
星槎国際高校広島学習センターの生徒さんのみなさんによって、すっかりクリスマス仕様になった広島事務所cocusaiコミュニティスペースIMG_hiroshimachrutsmas1389.JPG
フェアトレード商品の展示販売、フェアトレードコーヒーの提供などをしています。
また、カラーコーディネート教室、手話教室、賛美練習、ミーティング、イベント会場など、多くの方にご利用をいただいています。この場所を通して、一人でも多くの方が飢餓問題をはじめとする途上国の諸問題に関心を持ち、解決のための一歩を踏み出すことができるようにと願い、2014年2月に開設されました。
FBページにて、cocusai情報の更新などあります。広島にお住まいの方やご興味のある方はぜひのぞいてみて下さい。→https://www.facebook.com/cocusai/

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示