ハンガーゼロ アフリカ」とは

木村 カナ

2015年09月08日

人の力では

スタッフ:木村 カナのブログを見る

9月に入り、広島もどんどんと秋へと突入しています。

楽しかった夏休みが終わり、現実に引き戻されている学生さんも多いのではないかと思います。
9月4日、現実へと引き戻された星槎国際高校広島学習センターのみなさんと、またお会いすることができました。
また、翌日5日にはCLC広島書店さんとの合同イベント『古書市cafe』も開かれ、にぎやかな初秋となっています。
COCUSAI 9.5.jpg

『古書市cafe』は、広島事務所コミュニティスペースcocusaiで、毎月第一土曜日に行われています。
キリスト教書の専門店、CLC書店さんが主催されているこのイベントでは、購入した本を片手にフェアトレードコーヒーを飲むことができます。
今月は特別に、ボランティアの方が作ってくださったオリジナルケーキ付でした。(上写真)
広島で採れたばかりのいちじくで作ったケーキは、頬が落ちそうなくらい美味しかったです。
いちじくの北限は東北南部で、私の育った北海道ではお目にかかったことがありません。
体を温める作用があるらしく、秋の準備にはぴったりの果物です。
必要な時に、必要なものは備えられていると、改めて実感することができました。

そして、星槎高校のボランティアゼミのみなさんとは、2015年世界食料デー広島大会にむけて、お知らせをお送りする準備をさせて頂きました。
SEISA.jpg

切る、貼る、折る...切る、貼る、折る.....そんな作業を賑やかに、でもてきぱきとこなしていってあっという間に作業を終えてしまいました。

1人でやると何時間もかかるのに、人の手が増えるとこんなに簡単なことだったのか!と、当たり前のことに感激しました。
とてもシンプルなことなのにそれをすぐに忘れて、一人で頑張ろうとしてしまうことがあります。
「世界食料デー」は、1人でも多くの人に飢餓や食料問題について知り、考え、行動してもらうことを目的として制定されています。
1人「だけ」で考えて、行動してもそれは1人の出来事で終わってしまいます。しかし、多くの人が同じように動き始めると、思った以上の力が生まれます。

生まれてきたのは、生きるため
~あなたの愛の手が、その子のいのちを救います~
「世界食料デー」を、何ができるのか、行動を起こすことのできる機会として用いてください。
最寄りの世界食料デー大会(9月~11月開催)にご参加ください。
2015年世界食料デー大会開催日程(PDF)


活動ブログ スタッフ一覧

月別表示