ハンガーゼロ アフリカ」とは

太田 留美子

2012年06月12日

沖縄クリスチャンスクールインターナショナルでの講演

スタッフ:太田 留美子のブログを見る

事務所近くの交差点の角でゲッキツの花が良い香りを放って咲いていました。
沖縄の梅雨明けも間近かと思わされています。


DSC_0043.JPG

【ゲッキツの花】

先日、読谷村にある沖縄クリスチャンスクールインターナショナルで田村総主事が講演をさせていただきました。
同スクールで教師をされておられる青木眞奈美先生からのご依頼によるもので、3年連続招いてくださって、今年で3回目になりました。

1時間目の4年生と5年生、2時間目の中学生の二回講演。

4年生と5年生の講演では最初に、ちょっと重たい「疎外ゲーム」。

子どもたちはひたいに貼られた自分と同じ色のシールを探すためにあっちいったりこっちいったり・・・。
絶対にしゃっべたらダメ、と言われると難しい。

「あなた」と「あなた」(は同じ色)とくっつける役割りを担っている子もいます。

「最初は、自分の色がわからないので焦った」
「●●●さんがひっぱってくれた」
「同じ色の仲間がいて安心した」などと感想が発表されました。

世界食料デー沖縄大会の実行委員(中部の学校を担当)であり、同スクールの理事でもある池原直明師も駆けつけられ、ゲームに参加して下さいました。

ちなみに池原師のひたいに貼られた色は「金のシール」でした。
たった一人、仲間はいません。

ご協力ありがとうございました。


2時間目の中学生の講演では、「平和」について伝えました。


DSC_0671.JPGDSC_0675.JPG


DSC_0690.JPGDSC_0698.JPG

【講演の様子】


世界にはあたりまえに学校に行く事ができない子どもたちがいます。
あたりまえだと思っていたことがあたりまえではありません。

争いがない状態を平和と言うのではなく、
平和とは神様のシャーローム。

自分と違う(肌の色や生まれた国が違う)ということで差別をすることなく、受け入れ、自分とちがう人から学ぶことがどんなに大切でしょう!

私たち一人一人が「平和をつくりだすもの」として、今日もあゆんで行きたいと思わされています。


Ps:ゲッキツ
九里香、英語名オレンジジャスミン、シルクジャスミンなどともいう。
ジャスミンの名がつきますが、ジャスミンティーなどのジャスミンは別種。
奄美大島~東南アジアを中心に分布する常緑性の小低木。
沖縄では庭木や生け垣でよく目にします。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示