ハンガーゼロ アフリカ」とは

【愛知事務所】

2011年04月07日

いざ、宮城県へ。

スタッフ:【愛知事務所】のブログを見る

テレビを見ていたら、ボランティアでバイオリンを弾きにきた人が避難所で暮らす方々に向けて、
「ふるさと」を演奏していました。

それを聴いて、みんな肩を震わせて涙を流していました。

自分のふるさとを失うってどんな気持ちなんだろう。
今まで育った家も思い出も失うってどんな気持ちなんだろう。


またパチパチとチャンネルを変えていると、ある番組のアナウンサーが
避難所の方に「大丈夫ですかー?」とインタビューしていました。


いやいや、絶対大丈夫な訳ないでしょう。


いくら私が空気を読めなくてよく周囲を凍りつかせたりするからと言って、
さすがにこんな質問はしません。
大切なものや家や家族を失って、「大丈夫ですー!」と笑顔で答えられる人がどこにいるでしょうか?


全然大丈夫じゃないけど、みんな何とか支え合って生きていくしかないのです。


私には被災された方の苦しみや悲しみは到底分かりません。


でもこんな私でも何かの役に立ちたいんです。

ガレキの撤去でも、
野菜を切る事でも、
トイレ掃除でも、
子どもと遊ぶ事でも、

何でも良いから力になりたい。


1000の力がすでにそこにあるなら、
私は1001番目の力になりたい。
100の力が必要なら、
私は99番目の小さな力になりたい。


さぁ、今日から仙台に向けて出発です。


生まれて初めて買った寝袋が今日から大活躍してくれそうな予感です。


寝袋
【本番に備えて事務所で予行演習をするの図】

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示