ハンガーゼロ アフリカ」とは

【愛知事務所】

2010年11月20日

No Jesus, No Value. Know Jesus, Know Value.

スタッフ:【愛知事務所】のブログを見る

今週は「生命の不思議~人間の体編~」を書く気満々だったのに、先週の「身の回り編」について「キモい」だの、「コワい」だの、「夢に出る」だのみんなに散々文句を言われた挙句、ついには「コップ洗えよ」とまで怒られたので(コップ洗わなかったのは私じゃないのに・・・)、生命の不思議シリーズは泣く泣く来週に持ち越される事になりました。
楽しみにしていた皆様、そして全然楽しみにしていなかった皆様も、大変申し訳ありませんが気長にココアでも飲みながら次回の更新をお待ち下さい(※その際には虫がいないか、今一度よくお確かめ下さい。)


昨日私はボンヤリと、「自分の価値」というものについて考えていました。
「一体この私にどれくらいの価値があるのだろうか。」
「一体人の価値は何によって決められるのだろうか。」
そんな事を、名古屋のおしゃれカフェでボヤ~っと一人考えていました。


もし人の価値が、頭の良さで決まるのだったら・・・?
→これで価値が決まったら、私は相当困ります。昔から勉強が苦手で、特に数字を見たら5秒で寝てた学生時代。

もし人の価値が、金持ちかどうかで決まるのだったら・・・?
→私の場合、完全なる無価値。自信を持ってノーバリュー。

もし人の価値が、性格の良さで決まるのだったら・・・?
→「優しくない」、「気が利かない」、「愛がない」のオンパレードの私は、これまた無価値の極みです。

もし人の価値が、健康な体で決まるのだったら・・・?
→健康そうに見られがちですが、実は案外ひ弱だったりする私。

もし人の価値が、生まれた国で決まるのだったら・・・?
→日本人として生まれたから価値があるとは思わないけど、かと言ってどこの国に生まれたら価値があるのかもよくわからないので、とりあえず保留。


こんな事を悶々とジンジャーミルクティーをすすりながら考えていたら、だんだん泣きたくなってきました。
もしも人間の価値がこのような定義で決まるのなら、私は価値のない人間もいいとこです。

本当は、「ちょっとくらい自分はいい人間なんじゃないか」と心の中では密かに思いつつ、
妙に謙遜してこんな事を言っている訳ではないんです。
よくテストの前に「今回全然勉強なんてしてないよ~」と言いながら、実は裏で猛勉強をしてるあれとは違うんです。
むしろその言葉を信じて安心してテストを受けたら、私だけ100点中2点だったそれと同じようなものです。
あ、分かりにくいですか。(←学生時代のトラウマ)


しかし、聖書は私にこう教えてくれます。
「わたしの目には、あなたは高価で尊い。わたしはあなたを愛している。」


この世界を創られたとんでもなく偉大な神様が、こう言ってくれているのです。
他人と自分には価値のない存在のように見えても、神様がこう言ってくれているので、私はもうこれで十分なのです。

人と比べたら、「あれもない、これもない、ない、ない、ない、ない・・・ないったらない!」
の不満だらけの自信ゼロパーセントです。
でも神様は、他と比べる必要はないし、このような自分でも本当に価値があると言ってくれるので、
私は本当に価値があるのだと信じています。

もちろん私だけではありません。
パソコンの前のあなたも、
携帯でこのブログを読んでるそこのあなたも、
この世界に住む人全員が、
高価で価値のある存在なのです。


「アフリカの貧しい村に住む人は、勉強もできないし、お金ないし、日本人より価値がなくて当然。」

そんな事は絶対にありません。むしろ彼らの方が私たちよりもずっと愛に溢れているような気さえします。


私たちは、日本人だからアフリカ人を助けるのではありません。
私たちは、お金を持っているから貧しい人を助けるのではありません。
私たちは、愛があるから助けるのではありません。

私たちは、全ての人は神様に創られた尊い存在だと知っているので、消え行く尊い命を全力で助けるのです。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示