2024年02月12日

大阪でパン・アキモト秋元義彦氏の叙勲祝賀会(9日)


昨年秋の叙勲で社会貢献への功績で旭日單光章を授与されたパン・アキモト取締役会長 秋元義彦氏の祝賀会が2月9日に大阪で開催されました。

祝賀会はパン・アキモト関西営業所東秀明所長ならびにハンガーゼロ清家弘久理事長が共同発起人となり、TKPガーデンシティPREMIUM大阪梅田新道を会場に、同社の協力企業や自治体(栃木県)、救缶鳥プロジェクトに賛同する50数名が集まり和やかに行われました。

AKIMOTO000.jpg

AKIMOTO002.jpg

祝賀会の冒頭に発起人として祝の挨拶をするハンガーゼロ清家理事長

AKIMOTO003.jpg

司会を務めたハンガーゼロ親善大使の森祐理(福音歌手)さんから花束の贈呈、左は秋元氏の夫人

AKIMOTO004.jpg

秋元氏は挨拶で「名古屋で清家さんに出会い、金城大学から救缶鳥プロジェクトへの全面的な参加が実現しました。それからこの取り組みが徐々に広がっていき経済産業省からも理解を得て今般の叙勲につながったのかと思っています。まだまだできないことはありますが、これからもやれることは何でもチャレンジしていきます。ウクライナ支援(パンの缶詰)はもう2年にもなります。ハンガーゼロが現地にスタッフを派遣して活動拠点を確保していくれいるので今までに10回以上送ることができています。空輸なので送料は高くなりますが自社の負担と協賛企業さんからの応援で実現することができています。1月1日の能登地震の発災では会社の地元那須塩原市がすぐに動いてくれたので直ちにパンの缶詰を送りました。それとともに清家さん(ハンガーゼロ)が緊急支援を始めたので確実に被災者に届けることができているので嬉しく思っています。これからもパン屋としてできることを精一杯していきたいと考えています。本日はありがとうございます。」と語られました。

AKIMOTO006.jpg

救缶鳥プロジェクトの概要を説明するパン・アキモト関西営業所東所長

AKIMOTO005.jpg

救缶鳥プロジェクトによる食料支援についてアフリカ・コンゴ民主共和国の事例を報告するハンガーゼロのジェロムスタッフ(同国出身)

AKIMOTO007.jpg

ハンガーゼロの緊急・復興支援で協力をいただいている森 祐理親善大使。昨年はウクライナにもいっていただきました。4月にはトルコ地震被災者の慰問も計画されています。

カテゴリー

月別表示


支援企業