2020年08月31日

【国連が飢餓人口を下方修正?】それでもなお険しい飢餓ゼロへの道


WEB_20181204_Ethiopia_BK.jpg

 国連の5つ機関(FAO/IFAD/UNICEF/WFP/WHO)が共同で制作した「世界の食料安全保障と栄養の現状」2020年版によると、世界人口の5分の1 を占める中国を含む13 ヵ国の食料消費の新しい調査データを入手できたということで、より正確な評価として栄養不良の状況にある人数を2000年まで遡って修正されました。それによると昨年、2018年の飢餓人口は8億2,160万人と発表されていましたが、6億8,780万人に変更されました。

続きはハンガーゼロサイトから

カテゴリー

月別表示


支援企業