ハンガーゼロ アフリカ」とは

小西小百合

2020年03月27日

【小西駐在スタッフから報告】ボリビアのロックダウン

スタッフ:小西小百合のブログを見る

ボリビア時間3月25日午後7時、 ヘアニネ暫定大統領が声明を出しました。本日また新たな感染者が発見され合計38名とこの3日間で11名増えました。そして今日まで陸路でのボリビア人の帰還は許可されていましたが、26日午前零時より陸路も含め、国境の完全封鎖(ロックダウン状態)となります。
 また全国における終日外出禁止令(隔離措置)が4月15日まで延長され、7~12時の間1世帯につき1名のみ買い物が可だったのが、18歳~65歳の者で身分証明書の末尾番号により買い物に出られる曜日を月~金曜日に振り分け(小西は金曜日に購買可)、土・日曜日は完全外出禁止となります。

 この禁止令に違反した場合は警察により8時間拘束され、罰金も2倍に増えて1000ボリビアーノス(約144米ドル=約16,000円)になります。その他にもいくつか新規の法令があります。警察や軍隊による違反者取り締まりが一層強化されます。また状況によっては終日外出禁止令が延長になる可能性もあります。多くの国民が終日外出禁止令を守らず、感染危険度が上がってきているためです。

 国際飢餓対策機構ボリビア(FHB)のスタッフは私も含めて自宅勤務を続けます。今日はコチャバンバの事務所のスタッフ全員でのスカイプでの朝の集会、その後3つの会議に参加、一日それで終わりました。今は自宅のネットワーク環境でそのような働き方ができるのでなんとか仕事つづけられています。

FH同労者のエドワルドさんらと_サイズrgb.jpg
【写真:2018年撮影 FH同労者のエドワルドさんらと】

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示


支援企業