ハンガーゼロ アフリカ」とは

【大阪事務所】

2018年06月11日

中学生が職業体験に来られました!

スタッフ:【大阪事務所】のブログを見る

 6月11日〜13日まで職業体験で地元の中学生の皆さんが当機構に来られています。
180611_syokugyoutaiken.jpg

素直で忠実な3名の中学生が一生懸命お仕事を頑張ってくださっています。この3日間が学生さんの将来のために良い学びの時となるように職員一同 願っております。また、世界の飢餓・貧困についての現状をたくさん学んで帰っていただきたく思います。
今日の午前中は、ウエブサイトのブログ記事を打ち込んでいただきました!
下記にあるように、自己紹介・職業体験を志望した理由・意気込み をそれぞれ書き込んでいただきましたので、ご紹介いたします。

-------------------------------------------------------------------------------------

 この度、職業体験でお世話になる大成 浩貴と申します。
 僕は好奇心旺盛で真面目で努力家です。僕はバスケットボール部に所属しています。いつも他のクラブからも応援してもらえるような爽やかなクラブになるように頑張っています。また、学級委員を務めていて、クラスのみんなをまとめられるように努力しています。
 僕がこの職種を選んだ理由は、よくニュースでアフリカなどのことについて、みたり、聞いたりしていて、関心を持ったからです。また、アフリカだけでなく、アジアでも紛争や飢餓が続いているので、この世界からこれらをなくさなければならないと改めて思いました。
 僕が「日本国際飢餓対策機構」の職業体験をするにあたって、少しでも事務所の方の役に立てるように頑張りたいです。また、飢餓に苦しんでいる人たちをどこで、どのように助けているのかというのも、しっかり調べようと思います。何事にも積極的にできるように頑張りたいです。

-------------------------------------------------------------------------------------

 この度、職業体験でお世話になる居村 紗希と申します。
 私は、普段、英検の勉強や射撃の練習をしています。英語がとても得意です。将来は外国へ行って外国の人と友達も作り、射撃の試合に、いっぱい出るのが夢です。
 なぜ、私がこの職種を選んだかというと、いろんな人がどんな生活を送っているのかとか、色々知りたいからです。英語が好きなので、色々英語が役立つと思います。そして、将来に役立つと思ったからです。今後、活かせたらいいなと思っています。自分にできることは、積極的にやっていきたいです。

-------------------------------------------------------------------------------------

 この度、職業体験でお世話になる渡邊 采春と申します。
 普段は、放課後に行われるクラブ活動を頑張っています。今は強くなりたいの一心で練習に取り組んでいます。
 この職種を希望した理由は、私が今までやってみたいなと思ったことのある職業のジャンルとは全く違うものだったし、このようなお仕事があるということもあまり知らなかったからです。だからこそ、どのようなお仕事なのか知りたくなったのです。
 この三日間の職業体験をするにあたって、担当の方や同じ職場の方に迷惑をかけないように自分のできることを考えて、やれることを精一杯こなしていきたいと思います。今回の体験で苦しい思いをしている人達のために働いている当機構で、たくさんのことを学びたいと思っています。働くということがどれだけ大変なことなのかを身をもって体験できたらいいな思います。

-------------------------------------------------------------------------------------

午後からは、清家理事長よりオリエンテーションがありました。
明日、明後日はチャイルドサポーターでの翻訳のお仕事・飢餓対策ニュースの発送作業の業務に取り組んでいただく予定です。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示