ハンガーゼロ アフリカ」とは

【東京事務所】

2018年04月13日

【終了報告】ファシリテータートレーニングキャンプin 東京

スタッフ:【東京事務所】のブログを見る

3月19日から23日まで5日間、東京基督教大学内のバルナバ館にてハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプを行いました。
合計15名の参加者が、講義やグループディスカッションを行い、生活をともにしました。
s_IMG_20180319_155912.jpg

初めは、互いに見知らぬ人同士で距離感がありましたが、最終日には家族のように仲良くなり、別れを惜しみました。
この沢山の知識と経験を得た参加者の皆さんが、それぞれの生活に戻り、その場所で『わたしから始める一歩』を踏み出し、世界を変える一人になることを心から願っています。
s_IMG_20180322_110008.jpgs_IMG_20180321_082104.jpg

参加者の感想を紹介します。
『日々の聖書からの学び、講師の話による学び、活動経験のある方の話、そして集う人々との交わり、あらゆる全ての中から学びを得ることができた。また実践的なグループワークを通じて得た学びも今後の糧となります。』
『自分の教会でも緊急の時の対応ができるのか、イメージして考える機会となりました。同時に、災害への備えが足りていなかったことに気づかされました。』
『支援のアプローチ方法について、聖書から見た分析の視点、取り組みはこのキャンプ独自のものであり、大変興味深く、意義深かった。』
『このキャンプで語られる言葉一言ひとことを聞くたびに、自分の置かれている状況、周りの人たちが頭に浮かんだ。飢餓というテーマは、決して他人事ではないことを思った。』
『この5日間で問われ続けたのは、私は変われるかということだった。知識も経験もこれから増すであろうが、自分の本質を取り扱われる必要がある。みことばだけでなく、パンだけでなく、どちらも携えて歩むために祈っていきたい。』
image5.jpeg


「天国は、一粒のからし種のようなものである。ある人がそれを取って畑にまくと、それはどんな種よりも小さいが、成長すると、野菜の中で一番大きくなり、空の鳥が来て、その枝に宿るほどの木になる」。マタイによる福音書13章31節32節

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示