ルワンダ 一覧

2017年03月28日

【ルワンダ】貧困に立ち向かうカリンバさん


 ルワンダの東部、ガツィボ地方のニャギハンガ地区は支援によって100戸の農家が農業トレーニングを受けることができました。新たな知識や農具を手にしてから1年が過ぎ、その中からトレーニングを実践し、収入向上につながっている農家が出てきています。

02karinba201703.jpg

続きを読む

2017年03月15日

【ルワンダ】成長を始めたニャギハンガ地区の農家


 ルワンダの東部、ガツィボ地方のニャギハンガ地区という地名をご記憶の方はおられるでしょうか。2015年のクリスマスに皆さんがご支援くださった100戸の農家が暮らしているところです。ごく狭い農地で少しでも多くの作物を収穫しようと、頑張れば頑張るほど収穫物の質も量も落ちてしまう・・・そんな悪循環に途方に暮れていた農家の人々が、皆さんの温かいご支援によって農業トレーニングを受けることができました。新たな知識や農具を手にしてから1年が過ぎた今、ニャギハンガ地区の農家の皆さんはどうしておられるでしょう。

Nyagihanga land 3.jpg

続きを読む

2016年07月19日

【ルワンダ】コミュニティの人々と共に成長を図る


 子どもたちが平和に暮らせる世界の実現のため、世界中の子どもたちが来て学べる場となることを願って設立されたピース国際学校は、ルワンダ人でありながら1959年の革命の影響で難民としてコンゴで育ったデニス・ムガボ牧師が始められた学校です。

pis009201607.jpg

続きを読む

2016年07月11日

【ルワンダ】平和に貢献できる人を育てる


JIFHがチャイルドサポーターを通して支援を続けている、ルワンダのピース国際学校を6月に国際渉外部の浅野陽子が訪問しました。以下、レポートです。

pis01201607.jpg
【写真:デニス氏と試食する浅野スタッフ】

続きを読む

2015年12月03日

【ルワンダ】農業トレーニングで新たな一歩(クリスマスプロジェクト)


 ルワンダは標高差の大きい土地柄で、JIFHのパートナーFHルワンダが活動している東部州ガツィボ地方の山奥にあるニャギハンガ地区は、土地の34%が宅地としても耕作地としても利用できない森林に覆われています。人口の97%以上の人が農業を生活の糧としていますが人口密度が高く、各農家はわずか6m×10mほどの土地しか持っていません。その小さな土地を休ませることなく耕し続けているため、せっかく作った農作物もあまり出来がよくありません。バナナやソルガム(穀物)など1~2種類の作物しか作っていないため、収入は市場の需要に大きく影響されてしまいます。

01NL201512Nyagihanga land 2.jpgのサムネール画像

続きを読む

2014年08月08日

【ルワンダ】一人ひとりの子どもに見る希望


復興 20年目の現状

 4 月 7 日、ルワンダは大虐殺の悲劇から 20 周年を迎えました。この20 年間の復興を"奇跡"と多くのメディアは称賛し注目しています。これまで政府が達成した業績のうち、教育分野では、貧富の差に関係なく初等教育へのアクセスができるようになり、2011 年には全人口の20%にあたる子どもが小学校に入学しました。さらに、2009 年に政府が中等教育の無料化を導入したことに伴い、中高等学校への入学者数は 2012 年までにほぼ 2 倍になりました [ 注 1]。

01rwanda_201408s.jpg

続きを読む

2013年07月17日

【ルワンダ】東アフリカ担当スタッフとして河合朝子を派遣


 今年の秋から、東アフリカ担当スタッフとして河合朝子がルワンダに赴任します。彼女はルワンダのパートナー団体であるREACH(リーチ)に派遣され、そこでの活動のサポートを行いながら、他の東アフリカのパートナー団体とJIFHや日本の皆様をつなぐ役割を担います。

ASAKO_Kawai2013.jpg
【ルワンダ駐在 河合朝子】

続きを読む

カテゴリー

月別表示