2018年01月10日

【参加者募集】ファシリテータートレーニングキャンプin東京(2018春)


 当機構は今年も支援者の皆様をはじめ一般の方々を対象に、世界の飢餓や貧困問題、国際協力について学べる機会として、3月に「ハンガーゼロ・ファシリ テータートレーニングキャンプ」(東京基督教大学内)を実施いたします。

2018facitrain.jpg
↑クリックで拡大
チラシ両面PDFデータはコチラからダウンロード

 ファシリテータートレーニングキャンプは、将来、途上国の人々と共に生き、働きたいと願っておられる 方、また世界の諸問題について知りたい方に「飢餓とは何か」、「その原因って」、「自分には何ができるのか」を考える時間を持っていただくためのキャンプです。共同生活をしながら、専門的な講義とともに参加 者同士でグループワークもして楽しく学べます。

【日 程】 2018年3月19日(月)~3月23日(金)
【場 所】 東京基督教大学   〒270-1347 千葉県印西市内野3-301-5-1
【定 員】 15名
【費 用】 30,000円(食費、宿泊費、テキスト代等含む)
※会場の東京基督教大学(千葉)までの交通費は各自でご負担いただきます

【申込み・問合せ先】 
TEL:03-3518-0781 FAX:03-3518-0782✉jifhtokyo@gmail.com
日本国際飢餓対策機構 東京事務所(ファシリテータートレーニング担当)

01facitrain2015sp.jpg
02facitrain2015sp.jpg
【写真:ファシリテータートレーニングキャンプの様子】


▲2015年のトレーニングのスライド動画


≪過去の参加者の感想から≫

 世界の飢餓問題について学ぼうと思い参加しました。どのようにして飢餓が起こるのか、飢餓は防ぐことができるのか、また、先進国は飢餓には関係ないのか。私が持っていた様々な疑問が解決しました。飢餓問題のほかに、ファシリテーターとはなにか、ファシリテーターにはなにが求められるかを一週間かけて学ぶことができ、将来は海外で国際協力がしたいという私の目標を具体的なものにすることができました。(三浦)


 JIFH のキャッチコピーは、「わたしから始める。世界が変わる」です。今回のファシトレを通して、このことばが真実だと思えるようになりました。そして、まず自分自身が変わらないといけないということ、また私一人の存在は決して小さくないのだということを学びました。(柳橋)


 今回のファシトレでは、世界の貧困問題や飢餓についてのたくさんの新しい気づきと、またそのような問題から目をそらしていた自分への気づきも与えてくれました。 世界の現状を知って、世界の痛みや自分の弱さに気づいたことは初めの一歩にすぎず、これから自分が変わっていくためには、その気づきに応答して、行動していく必要があるということを強く実感しました。「わたしから始める。世界が変わる。」その言葉に生きていきたいです。(対馬)


 ファシリテータートレーニングでは、講義だけではなく、グループでの話し合い、参加者やスタッフの方との交わり等全てのプログラムを通して、気付いて学ぶことを経験し、また気付こうと意識が向けられ、とても楽しく、充実した時でした。自分から変わろうとしている人達が集まっている場所は、幸せな空間でした。(小川)


 小さな変化の積み重ねで家族が変わり、地域が変わり、国が変わり世界が変わる。今回学んだことを、家庭で、教会のコミュニティーで生かしていきたいです。早速教会のスモールグループで、学んだことを分かち合いました。また小さなことですが、リビングに募金箱を置いて、毎朝献金を日課にしています。また教会で防災訓練をしますので、今回学んだ緊急支援の話を、担当のメンバーと分かち合うこともできました。(出口)

カテゴリー

月別表示