2017年03月21日

アメリカと日本をつなぐ「愛の手」


 NPO団体「Ainote International(愛の手インターナショナル)」は、日本から8,500km離れた米国西海岸のサンフランシスコにあります。中心となって活動して下さっているのは、JIFH特命大使の藤川武彦さんご夫妻です。

 藤川さんは渡米後40年以上、サンフランシスコを拠 点にビジネスをしてこられました。現在は奥さんと二人で、カリフォルニア州で正規に登録されたNPO団体「Ainote International」を立ち上げ、アメリカから日本国際飢餓対策機構を支援する活動をして下さっています。

01ainote_201703.jpg
【写真:支援者の皆さん(カルフォルニア州サクラメントにて)】

具体的な活動としては...
⑴ JIFHを通して世界の飢餓と貧困の問題解決のために、アメリカ国内で募金を募る。

⑵ 毎月730通余りにおよぶ「飢餓対策ニュース」を米国内の日本人・日系人支援者に発送する。

⑶ 年に数回日本から米国を訪れるJIFHの親善大使による、チャリティコンサートの企画・運営などです。


日系人社会にアプローチ

 全米には100を越す日本人・日系人のキリスト教会があり、サンフランシスコ近辺でも10カ所以上そうした教会を中心とした日本人コミュニティがあります。そこに集う方々を中心に活動を続けておられます。

 世界の貧困の中にある子どもたちを継続的に助ける「チャイルドサポーター」として、現在アメリカで10人の方が支援に加わり、12人の子どもと地域を支えてくださっています。

  また昨年の熊本地震のような災害があった時には、被災した日本人同胞のために多くの緊急災害募金がこの「Ainote
International」を通して、日本へ届けられました。

02ainote_201703.jpg
【写真:藤川さんご夫妻】

世界の飢餓・貧困また災害に

 苦しむ人々と共に歩むJIFHの活動を心にとめて、距 離は遠く離れていても心は近い家族のようにご支援下さっている米国在住の皆さん、その橋渡しを担う藤川さんご夫妻による「Ainote International」の働きに、心から感謝を捧げます。

カテゴリー

月別表示