2016年01月07日

【バヌアツ】ロンズデール大統領との面会実現


 本日、現地時間午前9時からバヌアツの大統領府において、ロンズデール大統領と当機構岩橋理事長とパン・アキモト秋元社長(ハンガーゼロ特別大使)らの面会が予定通り行われました。岩橋理事長から一報が届きました。

FullSizeRender.jpgFullSizeRender_3.jpg
 先ほど、ロンズデール大統領と面会してきました。1時間ほど、お話しする機会が与えられ、感謝です。サイクロン当時、国連防災会議のために仙台におられ、安倍首相から支援の言葉をいただいたことへの感謝や、現在直面している議会の問題、1月22日の選挙に関してのお考えなど、国のこともお聞きできました。私たちはJIFHが、FHNZ(国際飢餓対策機構ニュージーランド)とともに協力して、(3月の)サイクロン・パムの災害緊急支援をさせていただいた経緯、JIFHの取り組み、特にVOC(地元の人々による地域変革)のことについて説明させていただき、善隣共生の精神を分かち合いました。小さなことからまず始める勇気と知恵、知識が必要であることなど、お話しできました。
 今回の記念に聖書の有名なことば(ヨハネの福音書3章16節)の木彫りを贈呈させていただいたことも喜んでいただきましたし、秋元社長が特別に用意したパンの缶詰(バヌアツ国旗をプリント)も喜ばれ、実際に試食もされ、その味と、救缶鳥の取り組み(パンのアキモトとJIFHによる食料支援プロジェクト)も関心を持って聞いてくださいました。
とりあえずご報告まで。岩橋竜介(日本国際飢餓対策機構理事長)
FullSizeRender_2.jpgIMG_6042.JPG

カテゴリー

月別表示