2015年11月10日

【世界里親会】希望をもって生きる子どもたち(2014年度活動報告)


 2014年度(2014年7月~2015年6月)は、カンボジアで2つの地域の支援を終えることができました。5月に現地で行われた記念式典にサポーターの皆様と共に参加しました。そして、ご支援へのあふれる感謝と笑顔、現地の人々が希望を抱いて自らの足で歩み始める姿を見せて頂きました。教育によって子どもたちの将来が開かれ、さらにはその地域や国を変革する人へと成長することを願って、共に活動を進めてまいりましょう。皆様の尊いご支援を心から感謝いたします。

ボリビア
活動地:コチャバンバ州アサワニ
     ポトシ州リオカイネ
支援里子数:338名

 学用品のプレゼントを始め、家庭菜園・学校菜園の活動を通して栄養バランスのとれた食事がとれるよう改善を進めています。また農業で生計を立てている人が多く、収穫量(収入)が降雨量に左右されるので、この危険を避ける為に異なった作物を栽培できるよう支援しています。

01_cdp_bolivia201511.jpg


ウガンダ
活動地:ナムトゥンバ地区
    マガダ、イジランゴビ
支援里子数:498名

 カサーレ小学校の校舎建設をきっかけに、子どもも保護者も学校への関心が高まり、授業の出席率が上昇しました。ハイスクールに進級する生徒に対する奨学金支援、寄生虫駆除や健康診断、菜園での野菜栽培を進めるなどのプログラムが実施されています。

02cdp_uganda201511.jpg

ルワンダ
(ピース国際学校)
活動地:首都キガリ、ニャンザ
支援里子数:116名

 首都キガリ校舎は、ルワンダ政府の土地計画により2014年12月をもって閉校しました。里子たちは同校から文具等の支援、スタッフのサポートを受けながらほかの公私立校で学んでいます。ニャンザ校の敷地に建設中の寮の完成を待って、新年度よりピース国際学校に復学への予定されています。


ケニア
(シープケア学校)
活動地:ナイロビ郊外
支援里子数:115名

 小学校とハイスクールに通う学生の学びを支援しています。また大学進学を目指す志しがあるけれども経済的に困難な学生を対象に、パソコンによる通信教育を利用できる設備を導入しました。引き続き学校給食の提供もしています。

03cdp_kenya201511.jpg

フィリピン
活動地①:ミンダナオ島
     カパタガン
支援里子数:123名

 ハイスクールへ進学する生徒に制服を提供しました。提供を受けた子どもの家庭は感謝の気持ちを表す寄付をし、小学校の生徒たちの学用品の一部がまかなわれました。またトイレと給食調理場の改築が行われました。

活動地②:ルソン島ビコール地域
     スラ、マトノグ
支援里子数:224名

 台風被害を受けて避難していた方々に緊急食料支援を行いました。母の日のお祝い会には日頃の感謝を手紙に託すと共に、チョコレートの首飾りを贈ってお母さん・おばあさんを抱きしめました。

04cdp_philippines201511.jpg

バングラデシュ
活動地:マチュパラ
支援里子数:307名

 貯蓄グループを活用した保護者のグループ活動(識字・健康衛生・栄養の学び)に加えて、小学校就学前の幼児向けに幼稚園の働きを行っています。また子どもたちは健康診断を受けることができました。


カンボジア
活動地①:オドー・メンチェイ州
    アンロンベン郡2地区
支援里子数:32名
活動地②:シェムリアップ州
    スバイルー
支援里子数:198名

 5月、①アンロンベン2地区の自立を祝うセレモニーに参加しました(NL7月号見開きに報告)。FHカンボジア職員は新しい活動地であるスバイルーへの転居を始めました。

カテゴリー

月別表示