2012年08月27日

今年も全国20会場で「世界食料デー大会」を開催(更新あり)


 いよいよ「2012年 世界食料デー」が近づいてきました。10月16日は、国連が制定した世界の食料問題を考える日です。日本国際飢餓対策機構は、世界の貧困・飢餓問題を啓発するために、1982年から30年にわたりこの運動を続けています。

 毎年、9月から11月にかけて全国各地行われる大会では、講演や現地活動報告、一食募金運動などを通じて、飢餓の現状を伝え、問題解決のための具体的な一歩を考える場となっています。開催にあたっては各大会実行委員会や支援グループ、学校、企業、キリスト教会の協力をいただきながら行っています。ぜひお近くの食料デー大会へご来会ください。食料デー大会は、どなたでもご参加できます。(ただし、コンサート形式の大会では事前に申し込みが必要な場合もありますので、お問い合わせください。)今年は、「平和と飢餓」を開催テーマとして、自然災害とともに、国や民族間の紛争が飢餓問題解決を阻んでいること、またそのために平和実現が求められていることを、ともに考えていきたいと願っています。
 
2012WFDチラシ.jpg
 また、この時期に合わせて、個人や家庭、各種グループ単位での自主的なチャリティーイベント等の取り組みによる運動参加もできます。協力してくださる方に「70億人の食卓」(カラー8頁)、みなみななみさんイラストの素敵なカードをお渡しすることもできます。また最初の取り組みとして「ハンガーゼロ募金箱」を使って、小さな募金を続けていきたいという方がおられましたら、最寄りの事務所までお求めください。メールでのお求めもできます。
 今年の募金は、アフリカの南スーダン、ルワンダ、ニジェール、ケニアでの食料、学校、難民、平和実現などの支援活動のために用いられます。

「わたしから始める、世界が変わる」
飢餓問題解決のために、共に力を合わせましょう!

世界食料デー大会の開催日程をご覧ください。
更新 広島の会場が変更になりました。
2012WFD日程広島修生済み.pdf

 

カテゴリー

月別表示