2011年11月22日

宮城県南部の復興支援拠点「亘理聖書キリスト教会」がオープン


 11月19日(土)、宮城県亘理郡亘理町で新しく生まれた「亘理聖書キリスト教会」(熊田康之牧師)開所式が行なわれました。

亘理聖書キリスト教会亘理聖書キリスト教会開所式

 同教会は、震災前までは個人住宅として使用されていましたが、津波により1階まで浸水し大きなダメージを受けました。
その後当機構のボランティアさんによって亘理町での住宅補修や地元漁師さんへの復興支援活動を拡大していく中で建物所有者から「この建物を被災者支援活動のために活用ください」との申し出をいただき、建物の改修を進め、
新たにキリスト教会と地域復興のボランティアセンターとして誕生することになりました。

泥出し(7月)亘理での活動(6月)
【 写真左:個人住宅補修・泥出しの様子 / 写真右:漁師さん支援・網の修繕作業 】

礼拝堂泥出し礼拝堂(8月).JPG
【 亘理聖書キリスト教会礼拝堂の改修作業(8月)】

 当日は地元の方々を始め、全国各地から教会の牧師、ボランティア等80人以上で立ち見がでるほどになりました。
開所式では、同地区でボランティアリーダーとして緊急及び復興支援を続けてきた熊田康之牧師が
「飢餓対策機構を通じて国内だけでなく海外からも多くのボランティアの皆さんが継続的にここでの活動を支え続けてくださり、その中で自分が牧師としてさらに地域の人々に仕えていくことを決意しました」と挨拶。
その後、熊田さんを支える牧師らによって牧師任命式、続いて来会した多くの方々から温かい励ましや今後の期待の言葉が語られました。
当日は地元のお母さんらの手による名物の'はらこめし'も振る舞われ、新しい門出を祝う多くの人々に喜びと笑顔が広がってきました。

牧師任命式集合写真
【 写真左:牧師任命式(中央:熊田康之師)/ 写真右:開所式後の記念撮影 】

 同教会の屋根には十字架が白く輝いています。ボランティアの拠点として地元の希望の光でありますように!
地元の方が語ってくださった「ここが地元に根ざした教会になってほしい。」との思いが実現することを願います。
 
 当機構は東日本大震災の緊急および復興支援活動の一環として、また「物心両面の飢餓対策」のビジョンのもと同教会の開設を応援させていただきました。
 今後は、同教会を応援するために立ち上げられた「熊田康之を支える会」で運営が続けられていきます。ぜひ皆様の応援をお願いいたします。
希望の十字架.JPG

【 亘理町の新しいシンボル白い十字架 】

カテゴリー

月別表示