2010年11月08日

中米・コスタリカ集中豪雨被害


先週、コスタリカで集中豪雨による被害がありました。
3日間で1カ月分に相当する大量の雨により、国土の約70%が被害を受け、緊急避難勧告が発令されました。
多くの地域が濁流や洪水による被害を受け、道路や家、交通、電気などに多大な影響が出ています。

コスタリカ洪水被害1.JPG

この写真はコスタリカ国際飢餓対策機構(以下FHICR)が支援しているラタブラというコミュニティの様子です。


コスタリカ洪水被害2.JPG

河川の氾濫により家々が破壊され、泥水が侵入、給食活動をしていたセンターにも大きな影響を及ぼしています。


コスタリカ洪水被害3.JPGコスタリカ洪水被害4.JPGコスタリカ洪水被害5.JPGコスタリカ洪水被害6.JPG

FHICRはこの地域で大人も子供も含めてすべての人に1日3回の給食活動などの様々な支援活動をしていました。
昨今の世界的な異常気象により、このように貧しい地域に対して被害が及んでいく恐れがあります。引き続き、今後の世界情勢にぜひ注目してください。

カテゴリー

月別表示