2010年09月28日

2010世界食料デー大会開幕!


 9月26日、2010世界食料デーの皮切りとなる「世界食料デー柏原大会」が、グレース宣教会・柏原チャペル(大阪府柏原市)にて開催されました。当日は約60名の方々が参加し、小西小百合(ボリビア駐在)スタッフによる現地活動報告、田村治郎・啓発総主事による講演などが行われ、世界の飢餓、貧困の状況、またその中で自立に向けて歩み始めている方々の姿を事例を交えて紹介されました。

 このほかにも心なごませる美しいバイオリンの特別演奏やカラフルな民族衣装を身にまとった男女を題材にしたボリビアクイズ大会も行われ、楽しく有意義な機会となりました。
 2010世界食料デーは、これから日本各地で開催(全23会場)されます。第2回目は、同じく大阪地区で「南大阪大会」が10月2日(土)に泉大津市で開催されます。同大会では、地元の3つの中学校の吹奏楽部による合同演奏(80名以上)が必見です。ぜひご来会ください。なお大会日程は、日本国際飢餓対策機構のウエブサイトトップページhttp://www.jifh.org/から確認できます。
 各世界食料デー大会では、皆様から「一食分募金」のお願い、「ハンガー・ゼロ・サポーター」の募集を行っております。ぜひ大会テーマである「わたしから始める、世界が変わる」の第一歩としてご協力ください。また、当機構の働きを応援するために生まれたフェアトレード会社キングダム・ビジネスの民芸品販売を実施する会場も多数あります。合わせてご協力をお願いいたします。
柏原WEB01.gif
柏原WEB02.gif

カテゴリー

月別表示