わたしから始める

参加しよう

世界食料デーってなに?

世界の食料問題を考える日として国連が制定した日、それが毎年10月16日の「世界食料デー」です。第20回(1979年)FAO総会の決議に基づき、1981年から世界共通の日として制定されました。
世界の一人一人が協力しあい、最も重要な墓本的人権である「すべての人に食料を」を現実のものにし、世界に広がる栄養不良、飢餓、極度の貧困を解決していくことを目的としています。
この日をきっかけとして、自分自身の生活を見つめ直し、少しでも世界の人々と共に生きる生き方を実践しようとする人が増やされていくことが「世界食料デー」の願いです。


世界食料デー月間

日本国際飢餓対策機構は、国連の諸機関(FA0/WFP)と連携し、草の根市民レベルの「世界食料デー実行委員会」と各地で協力し て、1982年から日本国内で啓発活動を展開しています。毎年9月~11月までの3ヶ月間を世界食料デー月間として、全国20~30ヵ所で世界食料デー 大会が開催されています。

日本の私たちが食卓につくときに、世界の総人口69億人の食卓のことを考え、すべての人が食べられる世界を目指して自分にできることを始めましょう。


わたしから始める