ハンガーゼロ アフリカ」とは

【東京事務所】

【東京事務所】


【東京事務所】のブログ一覧

2017年09月05日

森祐理 親善大使 25周年記念コンサート

2006年に当機構の親善大使に就任し、その後災害支援地はじめ、多くの場所に出向き、
心の救援物資を届け続けてくださっている森祐理さん。

続きを読む

2017年08月25日

ハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプ2017 in 沖縄【ご報告】

8月15日(祝)~19日(土)に沖縄(会場:糸満青少年の家)で合宿形式のハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプが開催されました。(当機構親善大使Manamiさんも飛び入り参加して下さいました!)
Manamiさんと.jpg

続きを読む

2017年07月07日

ラブ・ソナタ10周年 ブース出展決定!

当機構の親善大使、ソン・ソルナムさんや、ナイトdeライトが出演するラブ・ソナタ10周年に、JIFHがブース出展することが決定しました!!

続きを読む

2017年06月06日

お近くの事務所イベントに参加してみよう!

東京事務所では、毎月1回土曜日に飢餓、貧困の問題を知ってもらうため様々なイベントを開催しています。
どんなことをしているのか?魅力は何なのか?
東京事務所イベントの様子をご紹介します!
写真:2017年2月【東京事務所】白砂糖不使用チョコレート作りをして、フェアトレードを学ぼう!
IMG_0670.JPG

続きを読む

2017年02月15日

2017年 ハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプ

2月も半ばを過ぎて、そろそろ春の足音が聞こえてきました。
春本番を迎える前に、大学キャンパス内で、
国際問題について私たちと共に学び考えてみませんか?

続きを読む

2017年02月14日

【東京事務所イベントレポート】白砂糖不使用のチョコ作りをして、フェアトレードを学ぼう!!

先日2月4日(土)、東京事務所にて「白砂糖不使用のチョコ作りをして、フェアトレードを学ぼう!!」というイベントを開催しました。
約20名の方が参加してくださり、半数以上が初めての参加でした。

続きを読む

2016年11月22日

東京事務所セミナー報告&インターン自己紹介

【東京事務所インターン前田恵さん自己紹介】
11月、12月にインターンシップをさせていただいている前田恵です。
私は、TCU(東京基督教大学)3年生で聖書をベースとした貧困問題について学んでいます。
高校2年生の時、飢餓に関してのコマーシャルを見て「私はこの人たちを助けたい。」と思い、将来はこのような人たちの支えになると思い始めていました。

続きを読む

2016年09月26日

世界食料デー仙台・多賀城大会

いよいよ今週末に、世界食料デー仙台大会、多賀城大会が
開かれます。
各大会委員の皆さんも準備に余念がありません。

仙台・多賀城の2大会には、昨年11月に
「世界の村で発見! こんなところに日本人(朝日放送系列)」で放映された、
ボリビア在住の小西小百合スタッフが、現地報告をします。

続きを読む

2016年03月30日

ソフトバンク「ファミリーデイ」に出展!

先日3月19日(土)、ソフトバンク社の社内イベント「ファミリーデイ」に「かざして募金」参加団体としてブース出展をさせていただきました!

続きを読む

2016年01月27日

【東京事務所イベント報告2016年1月】

1/23(土)に東京事務所にて、新年会+緊急支援ワークショップを行いました!
参加者は20名、高校生から大人の方まで集いました。
友達に誘われてはじめて来た、という方も何人かおられたことに感謝します!

続きを読む

2015年10月29日

レポート『マイケルベサニーチャリティコンサートinJapan』

先月9月21日(月)に神の家族主イエス・キリスト教会にて、世界食料デーのためのマイケルベサニーチャリティコンサートinJapanを開催致しました。REACHOUT GOSPEL EVENT(ゴスペルシンガーSchanita)さんとの共催で行い、グラミー賞にノミネートされたゴスペルプロデューサー・シンガーのマイケル・ベサニー氏が来日されました。1月のチャリティコンサートで歌ってくれた白鞘慧海さんもゲスト出演してくださいました。
また、日本にゴスペルを運んできた、ラニー・ラッカー氏も特別出演してくださいました。

続きを読む

2015年07月15日

東京事務所インターン紹介☆

JIFH東京事務所には3名のインターン生が奉仕してくださっています!
3名のインターン生にインタビューしてみました!

続きを読む

2015年05月27日

チャリティイベント「live the live1st "Human"」~芸術と社会貢献の融合~に参加

先日5月23日(土)、都内のイベントスペースにてチャリティイベント「live the live(リブ・ザ・ライブ)1st "Human"が行われました。国際協力に興味のあるクリエイターやミュージシャンなどが集まり、芸術と社会貢献の融合をテーマとして開催されました。

続きを読む

2015年04月14日

和光高校の皆さんがサッカーボールを寄贈してくださいました!

東京都町田市に所在する和光高校。

2012年に講演をさせていただき依頼、ワークキャンプに生徒さんが参加してくださったり、サッカーボールなどを寄贈してくださったり、再び講演をさせていただいたりしております。感謝いたします!

今年も、サッカーボールを寄贈してくださると、先生からご連絡があり届きました。
いっぱい愛の詰まった贈り物です。

今年のボリビアワークキャンプに持って行き、子ども達に届ける予定です。

和光高校の皆様、ありがとうございます!

和光高校 2015年寄付.jpg和光高校 2015年寄付2.jpg

続きを読む

2015年03月30日

ファシリテータートレーニングキャンプ無事に終了


3月16日から21日まで6日間、東京基督教大学内のバルナバ館にてハンガーゼロ・ファシリテータートレーニングキャンプを行いました。
合計12名が参加し、朝から晩まで講義やグループディスカッションを行い、朝昼晩とご飯を共にしました。
初めは、互いに見知らぬ人同士で距離感がありましたが、最終日には家族のように仲良くなり、別れを惜しみました。

続きを読む

2015年01月30日

Hungerzeroチャリティライブwith Emi Shirasaya報告

1月24日(土)、お茶の水クリスチャンセンター8階チャペルにて、Hungerzeroチャリティライブwith Emi Shirasayaを開催しました。

昨年、世界食料デーのための東京事務所イベントをアフリカンレストランで開催した時に、ゲスト出演してくださったEmiさんからの声がけで、今回のチャリティイベントが実現しました。

続きを読む

2014年10月22日

フードイベント協力のアフリカンレストラン(東京)

世界食料デーにちなんだ各地で開催しているフードイベントに、東京、渋谷にあるYinega (イェネガ)というアフリカンレストランが特別参加してくださっています。
渋谷の宮益坂をしばらくあがって左に曲がるとお店があり、中に入ると木製のテーブルや椅子が並んでいてアットホームな感じがします。
フレンドリーで素敵な女性店主や店員さんが笑顔で挨拶してくださいます。

続きを読む

2014年10月15日

フードイベント アフリカンチャリティイベント(東京)

世界食料デーのフードイベントの一貫として、赤坂にあるEKO Lolonyonというアフリカンレストランにてチャリティイベントを開催します!

アフリカンフードのビュッフェ、ライブミュージックなど満載です! 美味しいアフリカンフードを食べてライブミュージックを聞いて、国際協力しましょう!お友達もお誘いの上、ぜひお越しください☆

続きを読む

2014年10月08日

グローバルフェスタ報告。

10月4,5日と日比谷公園で行わましたグローバルフェスタに出展しました。

当機構は、角小間で目の前はフードエリアという最高のブースを与えれました。
4日は良い天気の中、14名のボランティアの方が集まってくださり、ブースでフェアトレードなどの物販販売、チラシ配布、クイズ&ダーツをチームに分かれて担当しました。

DSC_0191.jpgDSC_0187.jpg

続きを読む

2014年09月24日

グローバルフェスタ出展!

今年もグローバルフェスタに出展します!

グローバルフェスタは毎年10万人以上が来場する日本最大級の国際協力イベント。
250ものNGOや政府系団体、大使館などが出展をし、AKB48や倉木麻衣さんなど豪華ゲストも参加します。

続きを読む

2014年09月10日

9/6東京事務所イベント報告

9月6日(土)、東京事務所にて、ファシリテータートレーニングセミナー『World Hunger Today』を行いました。

初めての方が4名、常連の方も合わせて12名が参加し、数字を通して飢餓について学び、また、グループディスカッションを行いました。

他己紹介から始まり、サックス奏者の参加者の方がサックスでアメージンググレースを演奏してくださいました。
飢餓のイメージを絵に描いたり、クイズ形式で数字と数字が意味するものをグループごとにマッチしました。
絵は全員が肉体的・物理的な飢餓のイメージを描きましたが、その後に、心の飢餓支援の必要性について話しました。

2014 0906 数字.png

グループディスカッションでは、「私たちはなぜ世界の飢餓を気にしないで生きて行けるのか?」「飢餓と私たちの関係性、飢餓の原因は?」などをテーマにそれぞれが思いを語りました。

セミナー参加者から感想をいただきました。
『数字から飢餓の現状を学べたので、あらためて、こんなに多くのところで飢餓の現状があることを学べました。より具体的で、現実的に飢餓のことを学べるいい機会でした。』

世界の現状を知ることは、とても大事です。現実を知っても実感がないと思う人もいると思います。ただ、かわいそう、ってその時だけ思って、後は忘れてしまう人もいると思います。また、自分のことのように心を痛める人もいると思います。

また、世界の現状を知ったけど、何をしたらわからない。そう思うかたも多いかもしれません。自分には何もできない。お金も時間もない。何もできることはない。と思う人もいるかもしれません。
しかし、小さな子どもから、おじいちゃんおばあちゃんまで、誰もができることがあります。それは、祈りです。誰でも世界平和のために祈ることができます。そして、自分の周りにいる人に対して関心を持ち思いやりの心を持つこと。それは誰でも始めることができると思います。

10月16日は世界食料デーです。この機会に、世界の食の現状のことを知ってみませんか?
日本各地で世界食料デー大会が開かれます。お近くで開かれる際は、ぜひお越しください。
http://www.jifh.org/news/2014/09/2014-1.html

また11月に事務所イベントを開催する予定です。詳細が決定しましたらホームページとfacebookにてお知らせいたします。ぜひお越しください。

2014 0906 絵.jpg2014 0906 sax.jpg

続きを読む

2014年08月08日

東京事務所イベント『ファシリテータートレーニングセミナー⑦』

東京事務所主催のファシリテータートレーニングセミナー⑦を開催します!今回は世界食料デープレイベントとして開催します。
(こちらを参照 ⇒ http://www.worldfoodday-japan.net/)


『ファシリテータートレーニングセミナーとは?
ー将来、途上国の人々と共に行き、働きたいと願っておられる方に、「飢餓とは何か?」「その原因は何か?」「何ができるのか?」を考える時間を持っていただくことが目的としたセミナーです。』


国際協力に興味がある、世界をよくしていきたい!という思いがある人など、誰でも大歓迎です!初めての参加でも大丈夫です!


詳細:
タイトル:「Word Today Hunger~数字から考える飢餓~」
日時:9月6日(土) 1時~
場所:日本国際飢餓対策機構 東京事務所
http://ochanomizu.cc/home_access.php
コスト:自由募金
    募金の中から経費を除いた金額を、ウガンダ学校建設のために、用いさせていただきます。

お問い合わせ・参加方法:facebook ⇒ https://www.facebook.com/events/694230533965004/?ref_dashboard_filter=upcoming
Email: jifhtokyo@gmail.com
Phone: 03-3518-0781


誰でも大歓迎ですので、お友達をお誘いの上、ぜひお越しください!


東京事務所
福地麻美

続きを読む

2014年07月23日

地球愛祭り報告

7月12日(土)に、代々木公園で開催された地球愛祭りにブース出展いたしました。

地球愛祭りの主旨は、

★ 地球を愛(いつく)しむ心
★ 地球に暮らす生きもの全てを愛しむ心
★ 地球に生きていることを愛しむ心

NGO団体のアムネスティやフリー・ザ・チルドレン・ジャパン やベジタリアン協会など様々な団体がブース出展しており、ステージの上では、和太鼓、タヒチアンダンス、ゴスペル、一人芝居など様々なジャンルのアーティストの方々が参加されていました。

当機構はブース出展をし、フェアトレードや支援物品の販売、アフリカの国名当てクイズ・正解者はダーツをして景品を当てるゲームを行いました。

地球愛祭りの隣では、OceanPeoplesという海をテーマにしたイベントも開催されていて、多くの方が来場されました。
当機構ブースには200名ほどの方が来てゲームを楽しんだり、フェアトレードなどのグッズを買われたり、活動についての話を聞きに来てくださりました。

暑い中での出展でしたが、多くのボランティアの方も来て下さり、大盛況に終わりました。
また来年も実施される予定ですので、ぜひご来場ください。


image_2.jpegimage_6.jpeg

image_7.jpeg

続きを読む

2014年07月09日

伝団協フェスティバル、大盛況でした!

7月5日(土)、お茶の水クリスチャンセンターにて、伝団協フェスティバルが行われました。
伝団協フェスティバルというのは、伝道団体連絡協議会によるフェスティバルで、加盟している様々な団体による発表やブース出展が行われました。

会長の姫井先生による開会の言葉からスタートし、ステージでは、日本華人クリスチャンセンターの働きの紹介、中国語での賛美、インドネシア教会による紹介とインドネシア語での賛美(写真右)、そして、様々な言語でアメージンググレースを歌いました。
その後は、BFPによるイスラエルについての劇、MIGIWAさんによる賛美と証、そして東北被災地報告と盛り沢山でした!

最後は、当機構国内総主事の田村治郎による閉会の言葉でフェスティバルを締めさせていただきました。
「私たちは競い合う同業者でなく、互いの持てるものを分かち合い協力する同労者です。。社会の問題や世界の問題など、そして、私たちの活動を知ってもらうため、用いてもらうためにフェスティバルを開催しました。共に様々な問題を解決していく存在として互いに協力しあっていきましょう。」

また、ロビーでは伝団協に加盟している伝道団体がブースを出展し(写真左、左下)、当機構のブースではフェアトレード商品などの物販を行いました。多くの方が来場し、にぎわいました。

個人的には、照明のボランティアを初めてさせていただきました。(写真左下)フェスティバル前日に使い方を学び初めての経験でしたが、いかに舞台の上の人がはえるように、そしてパワーポイントが見やすくなるように照明を当てるかを試行錯誤しながら奉仕を全うしました。とても楽しく、フェスティバルを違う視点から観れて感謝でした。

次回はまだ未定ですが、ぜひご参加ください。
(東京事務所 福地)

__ 1.JPG__ 2.JPG

__ 3.JPGのサムネール画像Lighting.JPGのサムネール画像

続きを読む

2014年07月06日

みなみななみさんの展示会に行ってきました!

当機構の「子どもニュース」でイラストを描いてくださっているイラストレーターのみなみななみさんの展示会に行ってきました!

ななみさん本人がいらっしゃり、お話することができました。
素敵な作品がたくさん展示されていました。

私のおすすめは、聖書の言葉と一緒にかわいい動物が描かれているシール!(下の写真参照)
日本語版と英語版があります。聖書に貼ったり、携帯に貼ったり、好きなところに貼れます☆

月木土の午後は、ななみさんご本人も展示会にいられるようですので、ぜひ足をお運びください!


≪みなみななみ展≫
【日  時】2014年年7月2日(水)~21日(月・祝)
【会  場】教文館3F ギャラリーステラ《入場無料》
【時  間】平日・土曜・祝日 10:00~20:00 日曜日13:00~20:00

展示会について詳細はコチラから

みなみななみさんのホームページはコチラ


ななみさん2.JPGななみさん3.JPG


ななみさん4.JPG
ななみさん5.JPG

ななみさん6.JPGななみさん9.JPG


(東京事務所 福地)

続きを読む

2014年07月02日

ボランティア募集!「地球愛祭り」

東京事務所は、7月12日(土)に行われる地球愛祭りにてブース出展を致します。

地球愛祭りは、みんなで他を愛しむ心を広げる為のチャリティーイベントです。

主旨は、
★ 地球を愛(いつく)しむ心
★ 地球に暮らす生きもの全てを愛しむ心
★ 地球に生きていることを愛しむ心

当日、設営やブースでのボランティアを募集しています☆
ブースでは、フェアトレード商品などの物販を行う予定です。

ご参加できる方は、ぜひ宜しくお願い致します。

日時: 7月12日(土) イベント11時~17時半
    ※テントの設営 9時集合(男性や力のある女性募集)
      ブース内設営 9時半集合(男女問わず)
場所:代々木公園
※当日、ボランティアTシャツを着ていただきますので、Tシャツを着れるような格好でお越しくだい。

お問い合わせ先:JIFH東京事務所 03-3518-0781
            jifhtokyo@gmail.com

宜しくお願い致します。

日本国際飢餓対策機構  福地

地球愛祭り.png

続きを読む

2014年06月11日

東京事務所イベント 映画鑑賞会!

日本国際飢餓対策機構 東京事務所では、毎月セミナーやイベントを行っています!

今月は、映画鑑賞会で『おじいさんと草原の小学校』を見ます。
ケニアで、84歳で小学校に入学した一人のおじいさんの感動の実話を映画化したヒューマン・ドラマです。

どなたでも無料で参加いただけますので、お友達をお誘いの上、ぜひ、ご参加ください☆

以下、詳細です。

続きを読む

2014年05月31日

いのちの輝き 森祐理コンサート

日本国内を始め、世界中に美しい歌声をお届けしている
親善大使の森祐理さん。

東日本大震災後も、折りあるごとに、東北に足を運んでくださり
仮設住宅を中心に、コンサートをしてくださっています。

続きを読む

2014年05月28日

ゴスペル東京チャリティコンサート!

5月24日(土)なかのゼロホールにて、ゴスペル東京コンサートにてブース出展&スピーチをさせていただきました。

100人以上のクワイヤーによる迫力満点のゴスペルでした。ゴスペル曲から「上を向いて歩こう」など様々なジャンルの曲を歌い、喜びに満ちあふれて歌っている姿が印象的でした。

ゴスペル東京.JPG

続きを読む

2014年05月24日

イースターフェスティバル ~レーナ・マリアが贈る希望の歌~

今週日曜日5月18日
宮城県多賀城市文化センターで開催された
「イースターフェスティバル」は、多くの方が来場してくださり、
レーナ・マリアさんの歌声と、村上宣道師のメッセージに、
感動と励ましを受けて終了しました。

続きを読む

2014年05月17日

歌声を届けに!

大阪八尾市グレース宣教会所属の子ども合唱団『シオン合唱団』
12名の子どもたちが、被災地応援の一環として、
5月17日(土)に宮城県気仙沼市、登米市南方、南三陸町志津川の
3か所で、合唱とオペレッタを披露してくれました。

続きを読む

2014年05月07日

ゴスペル東京コンサート!

毎年恒例ゴスペル東京のコンサートが今月行われます!

当機構は、ブース出展をさせていただきます。フェアトレード商品の販売も行います。
関東近郊お住まいの方は、ぜひお越しください☆

詳細:
日程:5月24日(土)
時間:開場13:30 開演:14:00
チケット代:1000円
お問い合わせ:gospeltokyo@gmail.com
http://gtcc.web.fc2.com/

ダイナミックなゴスペルが心に響きます!お友達をお誘いの上、ぜひお越しください。


2014_omote.jpg

続きを読む

2014年05月03日

イースターフェスティバル情報 第3弾

『イースターフェスティバル レーナ・マリアが贈る希望の歌』
がいよいよあと半月後に迫ってきました。
委員会の準備も慌ただしくなってきています。

続きを読む

2014年04月26日

子どもたちの歌声と揚げパンのプレゼント

3月に、女川や石巻で美味しい熱々の揚げパンと
レモンケーキを提供してくださった

缶詰パンでお馴染みの パン・アキモトさんが
再び宮城に足を運んでくださいます。

続きを読む

2014年04月19日

イースターフェスティバル情報 第2弾

東北も、どんどん桜便りが届いています。
仙台市内では、先週が満開予想。
とはいえ、まだまだ薄桃色の花々が、私たちの目を楽しませてくれています。

けれども、「きれいだな~」と桜を愛でている余裕はありません。
1か月後のイースターフェスティバルの準備が着々と進んでいます。

続きを読む

2014年04月05日

東北事務所 朝の風景

東北事務所は、東日本大震災支援をしている
『NPO法人被災支援ネットワーク 東北ヘルプ』の皆さんと
事務所を共有して働いています。

続きを読む

2014年04月02日

和光高等学校からサッカーボールやシューズの贈呈いただきました!

一昨年前、授業に講演にいかせていただいた和光高等学校から、先日、
「卒業生たちが残していった上履きやサッカーシューズ、サッカーボールを送ったら、
何か役立ちますか?」というお問い合わせがありました。
多くの活動地の子どもたちがサッカーをするので、ぜひ!とお願いしたところ、
たくさんのサッカーボール、シューズを送ってくださりました。

和光高校.jpeg

生徒の皆さんが、ボールとシューズは雑巾で泥を落とし、上履きはファブリーズしてくださいました。

続きを読む

2014年03月29日

イースター フェスティバル ~レーナ・マリアが贈る希望の歌~

8回目となりますイースターフェスティバル。
今年のゲストはレーナ・マリアさんと村上宣道師です。

続きを読む

2014年03月28日

ファシリテータートレーニングキャンプ報告!

3月17日(月)~22日(金)まで、千葉にある東京基督教大学にて、ファシリテータートレーニングキャンプを行いました。学生、社会人など関東や関西から約15名が参加しました。

IMG_2403.JPGのサムネール画像IMG_2391.JPGのサムネール画像

続きを読む

2014年03月20日

上原令子さんコンサートのご案内

当機構親善大使の上原令子さんのコンサートが
東北で行われます。

震災後、何度も東北に足を運び、魅力的な歌声を届けてくださっています。

続きを読む

2014年03月19日

ファシリテータートレーニングキャンプ、リアルタイム報告!

3月17日(月)~22日(金)まで、千葉にある東京基督教大学にて、ファシリテータートレーニングキャンプを行っています。

1日目は、今の飢餓について統計から学ぶ「World Hunger Today」と「聖書から見た飢餓」を、2日目は、「VOC(共同体のビジョン)」、3日目は「ファシリテーター」について学びました。

参加者のFさんは、「ここでの経験を通して、自分も海外での支援に参加したいという思いがでてきました。」と感想をくださいました。

食事は、ボランティアのI君が、アフリカンシチューやフムス、マッケンバー、ファラフェルなど、普段は食べられないような食事を作ってくれました。

01tcu.jpg

続きを読む

2014年03月15日

3月11日の風景

3月11日で、東日本大震災から丸3年を迎えた東北各地で
追悼の式典が営まれました。

地震発生の14時46分には、それぞれの場所で、
黙とうがささげられました。

続きを読む

2014年03月13日

フェアトレードココアや活動支援コーヒーで国際貢献!

フェアトレードとは?
『途上国の生産者から適切な価格で商品を買い取ることで、生産者の生活向上を持続的に支える仕組み。』

当機構から生まれた株式会社『キングダムビジネス』では、フェアトレード商品を取り扱っています。今回は、活動支援コーヒーとフェアトレードココアの紹介をします。

続きを読む

2014年03月10日

3月11日 追悼記念礼拝のご案内

私たちにとって忘れられないあの日が再び訪れます。

この3年間、たくさんの方々に支えられて東北の地は
歩んできました。
沿岸部に出向くたびに、少しづつ出会える笑顔が増えてきたように
感じています。
その反面、中々進まない将来へのみち筋に、この先どうすれば良いのだろう
という声も聞くのです。

続きを読む

2014年03月08日

私たちも同じだから・・・

あと3日で、あの日を迎える東北です。
それぞれが、それぞれの思いを持って
14時46分を迎えることでしょう。

続きを読む

2014年03月05日

ファシリテータートレーニングトレーニングキャンプに行こう!!

当機構を通して、海外パートナーと共に活動することを願う方々を対象にした専門的な学びとトレーニングを行います。国際協力に関心のある方の学習の場とし て参加することもできます。海外での奉仕を希望している人が、世界の現状と私たちに出来ることを知る絶好の機会です。ぜひご参加ください!

過去の参加者の感想:
「飢餓の現状に対していかに無知、無関心であったか、日常の生活や自分自身に対して足りなさばかりを見ていたか、考えさせられました。自分の生き方を見直すきっかけ、素敵な仲間を与えられた時でした!」(A・Hさん)

【 日 時 】2014年3月17日(月)~21日(金)
【 会 場 】東京基督教大学(TCU)
        千葉県印西市内野3-301-5-1
【 費 用 】30,000円(滞在費とテキスト代5,000円を含む)
【 締 切 】3月7日(金) ⇒ 12日(水)※延長しました 


申込・お問合せは
大阪事務所:072-920-2225(吉本まで)

ファシリテータートレーニングキャンプ

続きを読む

2014年02月28日

パンのアキモトさんがやってくる

当機構のハンガーゼロ特別大使のパン・アキモト(栃木県那須塩原市)の皆さんが
3月8日に石巻地域に揚げたてドーナッツを届けてくださいます。

続きを読む

2014年02月26日

フィリピン緊急支援報告会のレポート!

 先日、2月22日(土)に、東京事務所にて「フィリピン緊急支援報告会」を行いました。1月に行われたフィリピン緊急支援ボランティアツアーに参加をした、インターンの味波さんが写真や動画を交えながら、報告をしてくれました。20名程の方が参加してくださり、フィリピンの現状を聞いて涙する人もいました。

Juri Feb1s.jpg

 今回初めて事務所イベントに参加した、東京事務所インターンの立川さんが、以下、感想をくれました。

続きを読む

2014年02月22日

ハレルヤ スプリング フェスタ開催(3/1仙台)

2014年3月1日(土)13時から仙台市岡田会館にて、
「ハレルヤ スプリング フェスタ」が開催されます。


続きを読む

2014年02月19日

月例イベント「フィリピン緊急支援報告会」を開催!

 東京事務所によるイベント「フィリピン緊急支援報告会」のお知らせです。

JURI.jpg

続きを読む

2014年02月06日

星野富弘詩画展 in 南三陸 盛況のうちに終了

1月22日から2月3日まで、宮城県南三陸町を中心に
7か所で開催展示された、星野富弘詩画展は、会期中
730名近くの方が来場され、詩と画を楽しみ、併せて
東北在住のアーティストによるコンサートも行われ、
詩画とともに音楽も鑑賞して頂きました。

続きを読む

2014年01月24日

星野富弘詩画展 in 南三陸

1月23日から2月3日まで、宮城県南三陸町を中心に
口に筆をくわえ草花と創作詩を描き出す、
星野富弘さんの詩画展が開かれています。

続きを読む

2013年12月19日

東海から東北へ

東海地方から宮城県東松島市東名・野蒜地区の子供たちにクリスマスプレゼントが送られました。

続きを読む

2013年12月08日

被災地『東北』から被災地『フィリピン』へ

仙台市若林区荒浜で被災された方々が、
震災時の避難所であった、サンピア仙台の住宅相談会で、
フィリピン30号台風の被災者へ支援金の募金を呼び掛けてくださいました。

続きを読む

2013年11月29日

神戸に「ぼくたちの歌が響き渡り」ます

2013年6月に当機構親善大使の森祐理さんが南三陸町伊里前(いさとまえ)小学校を訪問し、
歌のプレゼントをしてくださいました。
この時は、子どもたちもよく知っている「ドレミの歌」や「小さな世界」などを披露。

続きを読む

2013年10月02日

東北ボランティア感謝「日の出館」再開!

2011年3月以降多くのボランティアさんたちが、仙台に駆けつけてくださり、
毎日瓦礫撤去や泥だし、家屋の仮修復を担ってくれました。
そんなお手伝いをした一軒に石巻市幸町で、明治四十四年から続く、割烹・仕出しの『日の出館』さんがあります。

01hinodekan_before.JPG02hinodekan_before.JPG

【被災直後の『日の出館』内部】

続きを読む

2013年08月31日

フィリピン異文化体験

 東京基督教大学の学生の引率で、7月19日から8月7日までフィリピンのビコール地区にあるスラという小さな島に行ってきました。この20日間は、私にとってとっても貴重な体験をさせていただいたと思います。まずは、スラ(Sula)という島について説明したいと思います。スラは、フィリピンのルソン島の中のビコール地区にあるVinzonsという町の近くにある小さな島の漁村です。320世帯が住んでいます。

NCM_0183sula.jpgNCM_0188sula.jpg

続きを読む

2013年08月09日

仙台七夕まつり開催

8月3日にやっと梅雨明けした仙台です。
太陽も顔を出し、これぞ『夏』を実感しています。

そんな中、毎年恒例の仙台七夕が8月6~8日に
開催されました。
206万人の方が仙台七夕を見てくださったそうです。

sendaiIMG_4022.jpg

続きを読む

2013年07月24日

仙台七夕

「七夕」と言えば全国的には、7月7日ですが、
ここ仙台で「七夕」と言うと、8月6、7、8日です。
仙台の繁華街付近が一番盛大ですが、
地元商店街もそれぞれの趣向を凝らして飾り付けをします。

sendai_tanabata01.jpgsendai_tanabata02.jpg

続きを読む

2013年07月15日

南三陸で出会った人々

今年の6月から日本国際飢餓対策 東北事務局で働くことになりました加藤 新(あらた)です。
これらから、東北での活動に積極的に参加して、東北の人になっていきたいと思って頑張っています。
どうぞ宜しくお願いします。

続きを読む

2011年05月05日

愛の神はまさに東北の人々と共におられる

岩手県にある新生釜石教会の柳谷牧師は、震災によって、自分の家と教会の1階部分が完全に津波によって流されてしまいました。 続きを読む

2011年04月14日

へオルンヌリ「桜コンサート」

韓国から美しい混声ミュージックチーム「へオルンヌリ」が来日いたしました。

続きを読む

2011年03月29日

埼玉スーパーアリーナから

2011/03/26(土)

さいたまスーパーアリーナ(さいたま市)に日本国際飢餓対策機構 東京事務所のスタッフ福地と後藤は行って参りました。

続きを読む

2011年02月28日

2月イベント(ルワンダ報告会)

2011年02月22日

永田町黒澤朝採れ野菜市

毎月第4日曜日、国会議事堂前駅・溜池山王駅5番出口より徒歩1分の所に、たくさんの人たちが集まってくるスポットがありました。

続きを読む

2011年02月08日

東京事務所新年会(ワークショップ)

新年おめでとうございます、ということで東京事務所は、新年会で初のワークショップを行いました! 


続きを読む

2011年01月06日

あなたに与えられたすごいビジョン

2011年、皆さんあけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いいたします。


今年も皆さんと一緒に生きていけることができることがすでに恵みです。


この年始、私たちの心は本当に希望でいっぱいです!
なぜなら聖書の神が私たちに夢・ビジョンを与えてくださったからです。

続きを読む

2010年12月31日

Gospel Linking Festa(玉川聖学院)

2010/12/29-30の二日間、第三回Gospel Linking Festaが玉川聖学院で行われました!

第一回目のこのFestaはいのちの言葉社さん主催し、日本国際飢餓対策機構が後援する形で開催されました。

そして私たちのブースに今回もたくさんの方々がボランティアに来てくださり、多くの参加者の方々が立ち寄ってくださいました! 


続きを読む

2010年12月21日

おまけルワンダ 動物楽園

えっ、もうルワンダレポート終わり?
ときっと思ってくださったに違いないあなたのために、ルワンダ特別編です!


大虐殺のスタディーツアーが終わってもう帰国という最終日、私たち一行はなんとルワンダの全く別面を見て、「ルワンダにまた戻ってきたい!」と思いました。 




それは・・・

続きを読む

2010年12月21日

ファイナルレポート⑧ ルワンダ、世界へ輝く光


終わりに: ルワンダスタディツアーから戻り一ヶ月以上経ちましたが、日を重ねるごとにより強く確信することがあります。




ルワンダの人々は「世界へ輝く光」として存在している、と。

続きを読む

2010年12月21日

レポート⑦ 試練の際も機能する教会を目指して

さらに恐ろしい事実をお伝えしなければなりません。

1994年の大虐殺当時、ルワンダの教会、あるいはクリスチャンと名のついた70%の人々、牧師や司祭までが虐殺に手を下したというのです。当時キリスト教人口70%であったのにも関わらず、虐殺は止められませんでした。




なぜ・・・?

続きを読む

2010年12月18日

レポート⑥ キセキの図


Q.もしあなたが加害者でだれか他の人の家族全員の命を奪ったならば、残りの人生を一体どのように生きたら良いのでしょうか?


REACHの働きがすばらしいなぁと思わされたのは、被害者だけでなく、加害者にももう一度悔い改め、人として生きるチャンスをもたらしたことだと思います。:



続きを読む

2010年12月17日

レポート⑤ 虐殺加害者のへのアプローチ


Q.ジェノサイドの後、加害者の人たちは一体どのような気持ちで生きているのですか?


残念ながら必ずしも後悔している人ばかりではありませんでした。

「政府の命令に従ったまでだ」
「やらなければ自分の命が危なかった。」
「俺は、直接は手を下していない」等・・・・

続きを読む

2010年12月12日

レポート④ 償いの家造りのプロジェクト


現地NGO「REACH」のご紹介


さて、私たちJIFHがルワンダに行った際、REACHと呼ばれる現地のクリスチャンの平和構築NGOの元で、今回のスタディツアーを致しました。私たち日本国際飢餓対策機構もこのREACHの働きを支えているからです。


IMG_5817.JPG

REACHで働く日本人スタッフ佐々木さん(http://rwanda-wakai.net/

Q.REACHとは?  Reconciliation Evangelism and Christian Healing(聖書のメッセージを元に本当の和解と癒しをお届けする) の意味。


2005年からはじまったReachの働きは、私たちが訪れた際、少しずつ、しかし、着実にその働きの実をならしていることを実感しました。



続きを読む

2010年12月11日

レポート③ 虐殺の現場に立って


Q.どのようにしてジェノサイドが終結したのですか?



ルワンダ愛国戦線がルワンダ軍( 過激派フツとフツ系民兵組織 )を撃破し、ジェノサイドはルワンダ紛争と共に終結しました。



IMG_5548.JPG ジェノサイド記念施設(ニヤマタ、ンハラマ)10000人が虐殺されました。



そして、国中に残されたのは80万~100万のナタで斬り殺された遺体でした。あまりにも多すぎるため何年もの間、放置されていた死体もあり、鳥や、犬が群がってしかたがありませんでした。あまりにも見ておれないので政府は死体処理に力を注いだとも聞きました。

続きを読む

2010年12月10日

レポート② 虐殺までの経過



Q. あなたは16年前はどこで何をしていましたか?



  


IMG_5444.JPG











キガリ虐殺記念館: ベレー帽を被った兵隊が厳重にボディチェックを終えた後、ゲートを通過することができました。以前この記念館で手榴弾が投げ込まれて以来、警備が厳しくなったそうです。



この質問は、私たちが16年前の大虐殺に遭われた被害者の方に、会うとよく問いかけられる質問です。 

           

私?私は当時15才で高校1年生で昼間働きながら、夜間の高校に通っていました。あの時、地球の反対側で、ルワンダでは血の海になっていました。




続きを読む

2010年11月27日

レポート① 美しき国ルワンダ

みなさん、長らくお待たせしました。ルワンダから帰って参りました!

2010/10/2811/06の間、ルワンダ教職者ツアーに行って参りました。


images-4.jpg

子を守るルワンダゴリラ

(現在、絶滅しかけているゴリラをとても大切に保護するルワンダ)http://www.rwandaembassy-japan.org/jp/modules/tinyd/index.php?id=27


成田→ドバイ→ナイロビ→キガリと二日間ほどかけて真夜中にキガリ空港に着きました。さっそく「REACH」(現地のクリスチャンNGO : http://rwanda-wakai.net/ )のスタッフとして働く佐々木さんたちが空港でまで迎えにきてくださいました。



そして翌日・・・初めてルワンダで朝を迎えて、ビックリ〜!


続きを読む

2010年11月04日

グローバルフェスタに参加して

10/2~10/3にかけて代々木公園で、グローバルフェスタ(公式サイト:http://www.gfjapan.com/)という一大イベントが行われ、10万5千人の方々が全国各地から集まってくださいました。


IMG_4850.JPG


「日本においても国際協力がこんなにも身近になっているんだよ」、と少しでも理解し、体験して頂くために、政府官庁を始め、世界中の国際機関、数多くのNGO団体が集まり、お互いに楽しく情報交換をすることが大変多くのことを学ぶことができる機会となりました。

では、気になる日本国際飢餓対策機構は、何をしたのでしょう?

続きを読む

2010年10月27日

②沖縄にて「破壊でなく、愛を」

IMG_5150.JPG

「ひめゆりの塔」に初めて行き、実際に起こった事実を少しでも理解しようと思いました。

 「第二次世界大戦末期の1945(昭和20)年の4月、沖縄に米軍が上陸し、熾烈 な地上戦が展開されました。・・・現在の那覇市安里にあった沖縄師範学校女子部・沖縄県立第一高等女学校からは、生徒222名、教師18名が南風原の沖縄陸軍病院に動員されました。そしてそのうち136名が戦場で命を落としたのです。両校から動員された生徒・教師たちを戦後、「ひめゆり学徒隊」と呼ぶようになりました。」(http://www.himeyuri.or.jp/intro.html)



IMG_5154.JPG

 

IMG_5159.JPGアニメ「もののけ姫」を思わせるような美しい自然が残っていました。そこを通り抜けると・・・。

続きを読む

2010年10月23日

①沖縄にて一考察

短大時代以来、10年ぶりに一週間沖縄へ行って参りました。世界食料デーの沖縄大会(10/14,10/16)をサポートするためです。

この度、大人になって沖縄に来させていただき、沖縄の全島各地にある諸教会の方々が「世界食料デー」の働きをすでに24年間も続けておられるとお聞ききしました。

何年にも渡って沖縄の方々が、世界に倒れておられる人々の隣人となって、共生しておられる姿を見まして、ただただ沖縄の方々の愛の大きさに頭がさがりました。

※大会のイベントの詳しい様子は、沖縄スタッフの太田留美子さんの10月20のブログをご覧下さいませ。


   IMG_5022.JPG  嘉手納基地を見渡せる展望台にて


                           IMG_5020.JPG

沖縄市・嘉手納基地、極東最大の米空軍基地:


「沖縄本島中部の嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがる極東最大の米軍基地。約3700メートルの滑走路が2本あり、面積は羽田空港の1・5倍にあたる約2千ヘクタール。F15戦闘機や空中給油機や哨戒機など空海軍の約100機が常駐している。


44年9月に旧日本軍が開設した「中飛行場」を45年4月に米軍が占領し、拡張。ベトナムや湾岸戦争、イラク戦争では出撃、中継地点となった。周辺では62、66年に民家や剣道への墜落事故が起き、住民計3人が死亡した。軍用地主は約9千人。年間約252億円の軍用地料が日本政府から支払われている。」

2009-02-22 朝日新聞 朝刊 週刊九州 より


続きを読む

2010年10月12日

「ルワンダの涙」"Shooting dogs"

「ホテルルワンダ」という有名な映画は、悲惨な状況の中でも、すばらしいドラマもあったことに焦点が当てられ、感動いたします。

 今回、ハッピーエンドとは正反対の結末で終わった「ルワンダの涙」を見終わった時、「私は一体、何を見聞きしたのか、何を実際に学んだのか、自分はそれを(学んだこと)を持ってどうしたいのか」の思いに何時間も強く駆られました。「何かを書き留めなければ」と心から思います。


「 ルワンダの涙」英語名"Shooting dogs" を見て・・・。


images-1.jpg


1994年に起こったこのジェノサイド(大量虐殺)町ではルワン ダの20%未満のツチ族を根絶しようと、虐殺があちらこちらで起こっている。フツ族はツチ族を忌み嫌い、彼らを「コックローチ」と呼んだ。ツチを殺さないフツ人もツチ人と同様にみなされ。実際に皆の前でツチ人を殺した時、フツ人は、他のフツ人の仲間とみなされた。


国連軍がある職業訓練校を軍の本拠地にするなか、25000人以上のツチ族の人が逃げ込んできた。その中で30年以上も彼らとともに過ごす白人の神父がいた。そして白人の小学校の教師も。


フツ人たちは、まるでゲームでもするように競い合ってツチ人たちをナタで、なんどもぶったたいて殺していた。人が狂った場合こんなにもサタン的に悪になれるのかと、身の毛がよだつ。あまりにも簡単に人の命を奪うので、彼らは確かに人の皮を被ったサタンに違いなかった。

最後まで、子ども達を愛し、心を合わせてきた若い白人教師はついに、最後に国連軍が撤退する時に、自分も一緒に脱出していった。涙を流す教え子達の目の前で。国連軍が離れた後、残された現地の数万の人々、子ども達はナタで皆殺しになることは明白だった。そして国連軍が去った直後、実際にそうなった。


白人神父は人々と残ることを選んで、殺された。



国連軍(イタリア、フランス、イギリス、アメリカを代表に)は、虐殺を十分に助ける力があったが、たくさんの理由をつけて助けないことを選択した。そしてルワンダには80〜100万の死体が残された。 

「ルワンダの涙」を見終わった時、人はこんなにも罪深いのかと本当に思った。憎む者、虐殺する者、暴行する者、略奪する者、見捨てる者、すべて人の罪(自己中心)から来ている。聖書は、人は人の力によって、この罪の性質から、罪の強制力から誰も逃れられないと。


あの神父さん、彼が現地の人たちと共に殺されることを選んだ理由は?

続きを読む

2010年09月16日

「世界食料デー」(国連の定めた10月16日です)


「世界食料デー」(国連の定めた10月16日)がだんだん迫ってきましたー!

日本国際飢餓対策機構の各事務所では、その準備に向けてフル回転しています。

東京事務所では、世界食料デー(World Food Day)の各大会で使用されるパネル(11枚)の制作が約一ヶ月前からスタートしました。


ちなみに下記は過去の食料デーのイメージ画です。
今年のは? まだWeb上では未公開のようです!?
Coming soonなので、お楽しみに!


top_r1_c1.jpg
2009


続きを読む

2010年09月09日

こどもたちの笑顔、僕らの喜び、希望


SANY0044.JPG


フィリピンの子どもたち:僕はフィリピンのマニラに3年3ヵ月住みました。
留学生活で壁にぶつかることも多々ある中、いつもこころに
元気を与えてくれたのが、現地の子どもたちの笑顔でした。

続きを読む

2010年08月31日

しゃがんでいる子ども、立っている私

初めまして、Kennyです。これからご皆様とご一緒に、世界の貧困・飢餓現状はどうなっているのかこのブログを通して、少しずつ分かち合っていきたいと思ってます。

rmail_download_attach-2.jpg
This is a photo provided by 韓国飢餓対策機構


上の写真は、飢餓対策機構の職員がエチオピアのある地域に行ったときに撮影されたものです。

この写真をみて不思議だな、と思いました。

続きを読む

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示