ハンガーゼロ アフリカ」とは

NewsLetter巻頭言

2017年05月01日

地域変革の鍵、人財育成...SALTYとLIGHTSの生き方(3)

スタッフ:NewsLetter巻頭言のブログを見る

 地域変革を担う人財育成セミナーによって、一人一人の意識変革を促していくのが「SALTY&LIGHTSな生き方」の学びです。

01blog20170501.jpg
【写真:フィリピン ・ マブハイ小学校の子どもたち】
※関連記事:【フィリピン】待望の2つ目の教室が完成

 前回はそのうち人財育成の鍵となるSALTYな生き方をご紹介しました。そのSALTYな生き方のS、Serve(枝)「わたしから仕える」こと、を発展させたのがLIGHTSな生き方です。これも文字通り「光」を意味します。光は闇の中で隠れているものをあらわにするように、不正に甘んじることなく正義を愛し、光がぬくもりを持つように、人々がその持てる能力を引き出し用い生かして行けるように導く、リーダーシップを表します。そのリーダーシップは、私たち個人の成長だけではなく、家庭・地域社会・職場・国・世界において塩となり光(LIGHTS)となるように後押しをするものです。

 そのような生き方「LIGHTS」は言葉の頭文字から学ぶことができます。LLead(リードする)、IInitiate(始める)、GGrow(育てる)、HHumility(謙虚さを持つ)、TTeamwork(チームワーク)、そして最後のSStrategy(戦略を持つ)です。SALTY同様に順番が大切です。

 LLead(リードする)は、自分が置かれた場所(家庭、職場、学校、教会など)で率先してリードする姿勢から始まります。

 Initiate(始める)は、自分ができること、またやるべきことに対して現状維持で満足せず常に最善の方法を求める姿勢です。

 Grow(育てる)は、このLeadershipに生きようとする他のリーダーを育成してゆく姿勢です。

 Humility(謙虚さを持つ)は、リーダーであることは他者に仕えることであると常に意識する姿勢です。「高ぶりは破滅に先立ち、心の高慢は倒れに先立つ」箴言16章18節。

 Teamwork(チームワーク)は、「早く行きたければ一人で、遠くに行きたければ皆で」と言う諺ことわざのように、人々がなすべきことを行えるように動機づけていく姿勢です。

 最後のStrategy(戦略を持つ)は、直面する問題に対処しながも、巧みな現状分析や目標設定を持って問題が発生する前に対応していく姿勢です。

 以上の「SALTY&LIGHTSな生き方・地域変革のための人財育成セミナー」では個人用ワークブックを用いて自分の抱える課題や変革が必要な事柄、また習得すべき項目や自らが置かれているコミュニティの課題などを洗い出します。一人一人の内側から意識変革がなされるとき、「わたしから始める」人々が起こされ、「世界(地域)が変わる」というゴールを目指して取り組んでいくことができるのです。(連載終了)


日本国際飢餓対策機構 啓発総主事 田村治郎
(5月号巻頭言No.322)


≪関連記事≫
地域変革の鍵、人財育成...SALTYとLIGHTSの生き方(2)

地域変革の鍵、人財育成...SALTYとLIGHTSの生き方(1)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示