ハンガーゼロ アフリカ」とは

 早いもので学年末が近づいてきました。小学4年生の次女から招待状をもらい「1/2成人式」という10歳の子どもたちの発表会に行ってきました。

01blog_seijinsiki201702.jpg


 歌や楽器の発表の後、生徒たちが考えた「大人になること」の創作詩が読み上げられました。大人になることは、夢を見ること、仕事をすること、お金を稼ぐこと、責任を持つこと、計画に向かって一生懸命になること、家族を持つこと、成人式にでること、などなど盛りだくさん。

 続いて「今のぼく/わたしの気持ち」の個人発表です。お母さんいつも美味しいご飯をありがとう。いつも遅くまで仕事をしてくれてありがとう。送り迎えをしてくれてありがとう。サッカー選手/野球選手/バスケ選手になって恩返しをします。夢はまだないけど優しい人になりたいです。

 体育館に響く鼻をすする音を耳にしながら、あまのじゃくな(手抜きをまっさきに考えてしまう)私は、なんて耳の痛い言葉なんだろうと思ってしまいました。一方で、子どもたちに「ぼく/わたしのお手本」となる、また感謝を伝えたい人の存在があること、子どもたちに将来の夢や希望があることに感動しました。​​

 争いや貧困で数分後の希望すら見えない人や命を落とす人が世界にはたくさんいます。子どもたちがありがとうを言えるように、将来の夢を語ることのできるように、私にもできることを一歩ずつさせていただこうと、10歳に背中を押され再決心したある日の出来事でした。

大阪事務所 山田

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示