ハンガーゼロ アフリカ」とは

吉田 知基

2016年09月21日

きみの笑顔 ぼくの笑顔/ナイトdeライト

スタッフ:吉田 知基のブログを見る

「状況がくれる笑顔でなく
 心からあふれるよ」

01blog_philippines201609.jpg

心からの笑顔や自然と湧き上がってくる喜び。
私にとって、それは何をしている時だろうか。
この夏、フィリピンでの出会いを通してそんな事を考えさせられました。

2016年8月13日~23日、西南学院大学法学部の学生13名と引率ヘルプの学生1名と共に
FHフィリピンの活動地、ナボタス市のタンザ地域を訪問しました。

マニラの空港から車で約2時間。ナボタス市はフィリピンでも有数の港町だそうで。
住民の多くが漁業に携わっていました。
しかしながら、漁の舟やボートを持たないために雇い主から雇われています。
(1日働いて約200円の収入)

07blog_philippines201609.jpg

今回この地域で私たちは、学校設備の修復や
地域のお母さんが子どもたちにケガをした時の初期治療の方法を教える手伝いなどをさせていただきました。

04blog_philippines201609.jpg03blog_philippines201609.jpg

地域住民が支援を受けるだけでなく、
主体的に活動に関わって子どもたちをケアしておられる姿が印象的でした。
特にペアレンツリーダーと呼ばれる地域のお父さん、お母さんたちが熱心に関わっておられました。

その中にローズさんというとても笑顔が素敵なお母さんと出会いました。
5人の娘さんを育てる42歳のお母さん。
実は10年前にご主人(当時38歳)を亡くされたそうです。
普段は家事手伝いなどをしながら、少ない収入で何とか生活をしていました。
そんな彼女も、数年前からFHフィリピンのボランティア(ペアレンツリーダー)に登録し、
地域の様々な活動に関わるようになったというのです。
しかし、そのような活動が現金収入につながるわけではありません。

自分の生活が厳しい中で、なぜこのような地域のためのボランティア活動に参加しているのか?
私はそのことを不思議に思い、彼女に直接尋ねてみました。

返ってきた答えはとてもシンプルなものでした。

「I'm happy to help people」
「人を助けることが私の喜びです」


人のお役にたてることが何よりうれしい、
私もそういう人になりたいと改めて強く思いました。

05blog_philippines201609.jpg06blog_philippines201609.jpg


「きみが笑顔になれないときには
 ぼくはすべっても笑わせてみせるよ」

(きみの笑顔 ぼくの笑顔/ナイトdeライト)


『与えなさい。
 そうすれば、自分も与えられます。』

(ルカ 6:38)

"Give, and it will be given to you."

(Luke 6:38)



【Youtube動画:ナイトdeライト【Sapporo*north2 LIVE Supported by オトキタ vol.18】
※3曲目「きみの笑顔 ぼくの笑顔」9分42秒~


【Youtube動画:ナイトdeライト / 君はそれで素晴らしい

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示