ハンガーゼロ アフリカ」とは

木村 カナ

2015年08月25日

2015年フィリピンファシリテータートレーニングキャンプ報告

スタッフ:木村 カナのブログを見る

7月29日(水)〜8月7日(金)の10日間フィリピンの首都マニラ、そしてミンドロ島にてファシリテータトレーニングキャンプが行われました。学生、社会人など9名がフィリピンの地にて「ファシリテーター」となるために学びをうけました。

・RRA&PRA(地域開発の手法)
・Vision Of Community(共同体のビジョン)
・ファシリテーションとは
・児童人身売買
・聖書と飢餓
・都市の貧困と田舎の貧困

などのレクチャーから、パートナー団体HOLPHIの活動地域に滞在してそこに住むマンヤン族の方に実際にインタビューをしていくなど、様々な形でのファシリテータートレーニングとなりました。

ファシリテーターという言葉は現在、様々な用途で使われています。
最近は、アイスブレイクやゲームの進行役として「ファシリテーター」という言葉が使われているのをよく耳にします。確かに、間違った使い方ではないのかな、と思います。

仕える者、気づきを促すもの、心に火を灯すもの.....

「思いだけではできない、でも思いがなければできない」
と話してくれた現地スタッフの言葉が印象に残っています。

フィリピンという地で実際に見て聞いて、嗅いで、感じたこと、
また現地でファシリテーターとして実際に汗を流して仕えている人の姿をみることができたことは、私を含めて参加者にとって大きな意味を持ちます。
へとへとに疲れた顔で解散した参加者のみなさん、でも、心には熱い火を灯されてそれぞれの生活の場へ戻っていったことと思います。参加者の感想などは、後日ニュースレターなどで掲載させて頂きます。

おいしい、フィリピンの匂い。お母さんたちの作ってくださるご飯は、とってもおいしかったです。

P1860894philippin.jpg

「み言葉を行う人になりなさい。おのれを欺いて、ただ聞くだけの者となってはいけない。」
ヤコブ1:22

ファシリテータートレーニングキャンプは毎年2回行っています。次回の詳細が決まりましたら、ニュースレターやホームページでお知らせしますので、ぜひご参加ください。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示