ハンガーゼロ アフリカ」とは

伊東 綾

2014年08月12日

耳(33)より情報

スタッフ:伊東 綾のブログを見る

3月3日は、雛祭りでもありますが、耳の日って
知っていますか?
『3』の数字が、人間の『耳』に似ているので、
『3』が重なっる語呂合わせで「みみ」の日。

真夏の盛りに、なんで3月3日の話? ではありません。


当機構ハンガーゼロ大使を務めておられる
パン・アキモトの秋元義彦社長は、
東日本大震災の際に、すぐにパンの缶詰を
被災地に配ってくださり、食べ物確保が困難な時期に、
美味しく柔らかいパンを食べていただくことができました。

現在もパン・アキモトさんたちは、月に1回のペースで、
仮設住宅を訪問して、熱々揚げたてのコッペパンを
振る舞ってくださっています。

IMG_7651.JPG IMG_7665.JPG

そのパン・アキモトさんが、
6月26日 栃木県那須塩原に『石釜パン工房 きらむぎ』を
オープンしました。
ここでは、缶詰パンだけでなく、一般のパンが製造・販売されています。

その『きらむぎ』では、毎月『3』のつく日に販売した食パンの
売上代金 3.3%(つまり「みみ」です)を、
東日本大震災や飢餓対策への支援金として
寄付をするという取り組みを始めてくださいました。

お客様が購入、または注文した商品の一部代金が、
他の誰かのためになるというシステムは、

『私も満足 誰かも満足』となっていきます。

同じ取り組みをして、南スーダンの子どもたちに
給食を届けてくださっているのが、
東京都千代田区永田町の「永田町 黒澤」です。
「黒澤」は、来店のお客様一人につき20円を
給食費に充ててくださっています。

DSC00615_1.JPG DSC00617.JPG


DSC00628_1.JPG DSC00638.JPG

DSC00670.JPG DSC00669.JPG

1日1食さえ、口にすることのできない子どもたちが
います。
学校給食が、子どもたちの命を繋ぎ、また学ぶ楽しさ
にもつながります。

私たちは、今年初めての試みとして、各地の食堂や
レストランと協力しながら、1食=30円プロジェクトの
取組を企画しています。
対象の店舗は、ホームページなどを通じて、お知らせ
します。

パンアキモト 石釜パン工房 きらむぎ
住所:栃木県那須塩原市東小屋字砂場368
電話:0287-74-2900
営業時間 7:00-18:00
定休日 火曜日
http://www.panakimoto.com/kiramugi/index.php

永田町 黒澤
東京都千代田区永田町2-7-9
電話:03-3580-9638
営業時間:平日  11:30~15:00 17:00~22:00
     土・祝 12:00~22:00
定休日:日曜日・年始
http://9638.net/nagata/

パンアキモトの記事
飢餓対策ニュース 2011年11月

永田町 黒澤の記事
飢餓対策ニュース 2011年3月

蒔く人に種と食べるパンを備えてくださる方は、
あなたがたにも蒔く種を備え、それをふやし、
あなたがたの義の実を増し加えてくださいます。
【コリントⅡ 9:10】

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示