ハンガーゼロ アフリカ」とは

太田 留美子

2014年07月15日

台風シーズン到来

スタッフ:太田 留美子のブログを見る

先週、台風8号「ノグリー」(たぬきの意味)は各地で大きな爪痕を残し、11日(金)午前、関東の東の海上で熱帯低気圧に変わりました。

被害にあわれた皆さまに心よりお見舞い申し上げます。

沖縄では、家屋の倒壊等の大きな被害は少なかったものの、農作物などに大きな被害をもたらしました。
また、暴風警報が解除された翌日9日の朝、台風の影響による大雨が各地に大きな被害をもたらしました。

台風8号は、「7月としては過去最強クラスの台風で最大級の警戒が必要」と、前日から言われていたので、多くの方々がこれまで以上の台風対策をしたことと思います。

看板等の固定。
飛ばされそうなもの、植木鉢や家庭菜園などは室内へ移動。
窓ガラスの補強やベニヤ張りなど・・・。

DSC_5997.JPGDSC_5996.JPG
【窓にベニヤ板を張った食堂の台風対策】

DSC_5991.JPGDSC_5995.JPG
【防風ネットで保護するお花屋さんの店頭の花木】

那覇空港を離発着する空の便の欠航、路線バスやモノレールの運休。公立の幼稚園・小・中・高の臨時休校などが早くも前日の夕方には発表されました。

退屈しないようにDVDをレンタルして台風に備える人々、多数・・・(停電したらアウトですが・・・)。
懐中電灯やローソクの準備。
夕方のスパーのインスタント食品やパンのコーナーはすっかり空っぽになります。

台風情報に耳を傾けながら、最接近を家の中でやりすごします。
私のところでは昼1時過ぎには早くも停電になってしまいました。
窓もすべて閉め切っているため蒸し暑く、つい扇風機にスイッチを入れようとします。
あたりまえに電気を使っていることの恵みを実感します。
停電が長引くと断水になるので、急いで飲み水やトイレの水の確保。

台風が徐々に遠ざかっていくと、気になっている方々へ安否確認をします。

翌朝、出勤途中の道路は折れた小枝などが散乱しているものの、街路樹の倒壊や建物等の破損などは少ないようでしたが、畑の農作物はほぼ全滅状態です・・・。

そのような中、大雨警報が発令され読谷村、うるま市、嘉手納町、名護市などで大雨による河川の氾濫、家屋への床上浸水、車両が水没するなどの被害が発生しました。

台風はこれからが本番です!

現在9号が発生し、フィリピンに接近中です。
昨年11月、台風30号の直撃によって大きな被害を受けたフィリピンが守られますように!

また私たちも引き続き、気を緩めず備えていきたいものです。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示