ハンガーゼロ アフリカ」とは

【東京事務所】

2014年05月17日

歌声を届けに!

スタッフ:【東京事務所】のブログを見る

大阪八尾市グレース宣教会所属の子ども合唱団『シオン合唱団』
12名の子どもたちが、被災地応援の一環として、
5月17日(土)に宮城県気仙沼市、登米市南方、南三陸町志津川の
3か所で、合唱とオペレッタを披露してくれました。

前日は学校を終えてから飛行機で仙台までの移動。
当日は、朝早くの出発で、眠そうな目をこすりながら
気仙沼まで走りました(可哀想)。

でも、合唱が始まると、ピシッと背筋の伸びる子どもたち。
30分ほどの演奏でしたが、来られた方々は、
ハーモニーの美しさに感心しておられました。

DSC00515.JPG DSC00527.JPG
       【みんな一生懸命に歌ってくれました】                   【合唱後にみんなで記念撮影】

気仙沼会場は、3月末にオープンしたばかりの
気仙沼フェニックスバッテイングセンターを
お借りしました。
このバッティングセンターは、津波でご家族を亡くされた
千葉清英さんが、唯一残された息子さんとの約束を
果たすために、建設した場所です。

IMG_6539.jpg IMG_6548.jpg
【7台のマシーンが並ぶ気仙沼フェニックスバッテイングセンター】      【代表者の千葉清英さん(左)と店長の小野寺さん】

オープン後は、平日でも多くの方が利用されていて、
週末ともなるとセンターの中は、行き来もできないほど大勢の方が
訪れておられるとのこと。

合唱の後は、ハンガーゼロ親善大使の秋元義彦さん(パンのアキモト)たちの
提供してくださる熱々の揚げパンのサービス。
来られた方々に、心もお腹も満たしていただきました。

IMG_6941.JPG IMG_6945.JPG
     【パンアキモトチームと歓談する千葉さん(左)】                 【パンの缶詰も配られました】

午後からは、登米市南方の仮設と、南三陸志津川で、
オペレッタの上演。
こちらの会場でも、揚げパンも提供していただきました。
DSC00560.JPG DSC00583.JPG

DSC00581.JPG DSC00561.JPG
                              【昨年上演したオペレッタを熱演】
                 
シオン合唱団のお友だち、パンアキモトの皆さん。
ありがとうございました。

(東北事務所 伊東綾)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示