ハンガーゼロ アフリカ」とは

伊東 綾

2013年12月09日

あわてんぼうのサンタクロースがやってきた

スタッフ:伊東 綾のブログを見る

♪あわてんぼうの サンタクロース
 クリスマス前にやってきた
(作詞:吉岡治 作曲:小林亜星)

クリスマスまでまだ3週間もありますが、
九州から「あわてんぼう」のサンタクロースたちが、
東北にやってきてくれました。

彼らは、サンタ・プロジェクト九州の皆さん
昨年に続き、2回目の訪問です。

日本イエス・キリスト教団福岡教会油山シャローム・チャペルの横田法路牧師は、
2011年3月末に、当機構を通して宮城県南三陸町にボランティアに来られ、
その後も何度か東北に足を運んでいます。

来る度に、なかなか復興への兆しが見えず
沈みこんでいる方々に笑顔を届けたいとの思いから、
英国留学中、クリスマス時期にロシア・ベラルーシの子どもたちへ、
靴箱にプレゼントを詰めて送った英国の人々からヒントを得て、
2012年6月にサンタ・プロジェクトを立ち上げました。

今年は福島県三春町の幼稚園、仙台市若林区、南三陸町の子どもたちに
合計で250ヶのプレゼントを楽しいクリスマス会と共に届けてくださいました。

プレゼントは、サンタ・プロジェクトに賛同してくださった
多くの方々が、東北の子どもたちの顔を思い浮かべながら、
1つ、1つ選らんでくださったもので、中身はそれぞれに違うものが入っています。
IMG_5204.jpg
 【年齢別に男の子、女の子と中身を考えられたプレゼント】

子どもたちは、笑顔いっぱいでプレゼントを受け取っていました。
ある保育園では、訪問がお昼寝の時間と重なり、一人一人の枕元に
置いてきたとのこと。
目が覚めた子どもたちは、きっとびっくりしたことでしょう。
IMG_5071.jpg IMG_5087.jpg
                             【仙台市若林区の小学校にて】
IMG_5117.jpg IMG_5158.jpg
                 【ゲーム・歌・絵本の読み聞かせ など盛りだくさんのクリスマス会】

そして、今年は子どもだけではなく、大人たちにもプレゼントが
用意されていました。

南三陸戸倉地区は海に面し、地区全体が大きな被害を受けた場所です。
3.11当日は唯一の高台である戸倉中学校に避難し、今は仮設住宅が建っています。
敷地内にある5mほどの木に、海からも見えるようにイルミネーションを飾りたいと
仮設自治会長から、聖協団西仙台教会の中澤牧師に相談があり、
そのことをサンタ・プロジェクト九州の皆さんにお伝えしたところ、
「イルミネーションの準備と飾り付けを私たちがしましょう。」と
申し出てくださいました。

NCM_0392.jpg NCM_0385.jpg
     【津波被害にあっても枯れない生命力の強い木】        【みんなで知恵を出し合って飾り付け準備】
写真 1.jpg 写真 3.jpg
                        【長い梯子での作業 怪我のないように】

明るい日中にイルミネーションの準備を終え、日が落ちた18時に
仮設の方々と共に点灯式をしました。
青く光る大きな星は、これから頑張るぞとの南三陸の意気込みが
感じられます。

NCM_0379.jpg IMG_5170.jpg
        【作業を終えて一安心】                        【暗闇の中に光る星】

子どもたちも、大人も笑顔にしてくれる「あわてんぼうのサンタクロース」なら
クリスマス前でも大歓迎です。
Merry Christmas, See you next year!


この方にいのちがあった。このいのちは人の光であった。
光はやみの中に輝いている。やみはこれに打ち勝たなかった。【聖書 ヨハネ1:4-5】

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示