ハンガーゼロ アフリカ」とは

早くも7月に入りました。
1年の折り返し地点です。

すっかり夏になった沖縄。
いよいよ本格的な夏の到来です。

先週の6月23日は沖縄は慰霊の日で、様々な催しものが各地で開催されていました。

また、その日は奇しくも月がもっとも地球に接近するというスパームーン・・・。
ひときわ明るい大きな満月がくっきりと夜空に浮かび上がっていました。

CSC_2632-2.png


月は地球のどこから見ても同じ姿を地球上の人々に見せています。
この日も世界中で同じ月を見上げていたことでしょう。
ところで、同じ月だけど、民族や国民性によって月の表面の模様の見え方は違います。

日本では、うさぎが餅つきをしていると言われてきました。
カナダインディアンでは、ばけつを運ぶ少女とか・・・。
北ヨーロッパでは、本を読むおばあさん。
南ヨーロッパでは、大きなはさみのカニ。
東ヨーロッパでは、横向きの女性。
アラビアでは、吠えているライオン。
等など・・・。


見え方に違いはあっても、私たちは同じ地球の家族です。

違う場所で違う国にあっても、同じ月を見上げていることを通して繋がっているという不思議な感覚を覚えました。


遠い国のアフリカ・・・。

ではありません。

私たちは一つの地球家族です。

今日も必要を覚える人々がたくさんいます。
今日もあなたや私の助けを待っている人々がたくさんいます。


【あなたの手に善をなす力があるならば、これをなすべき人になすことをさし控えてはならない。】
(箴言3:27)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示