ハンガーゼロ アフリカ」とは

【愛知事務所】

2012年02月17日

真冬のひまわり

スタッフ:【愛知事務所】のブログを見る

ついこの前まで、「ほんと、ありがとうございます!超恩にきりますぅ~」と普通に使ってました。
2年前まで、「やっと台風の一家が過ぎ去ったね。」と誇らしげに言っていました。
漢字テストで「興味津々」を「きょうみつんつん」と真面目に書いてました。
化学の時間に「水平リーベ僕の船」とゴロだけを覚えて、結局それが何なのか覚え忘れて赤点を取りました。
まだカタカナを習いたての頃、新聞に記載してある「夕刊」という漢字は「タモリ」と書いてあるのだとずっと思っていました。
小さい頃母親の通帳を見て「お母さん、もとかとしこ(元加利子)さんからお金振り込まれてるよ~」と母親に教えてました。
中学の英語でtongueを「タンギュウ」と覚えて、そのままアメリカに行ってからもアメリカ人に「タンギュウ」と言ってました。


こんな私が社会からなんとか置いて行かれずにこのようにして今日も元気に暮らせる事は、
ただただみなさんの愛とあわれみによるものだと心から感謝をしております。


先日、スタッフの愛ちゃんと近隣へ当機構のパンフレット配布をしに出かけました。
身も心も凍るような寒空の下、道端に太陽に向かって元気よく伸びる、まさかのひまわりが咲いていました。


「えーー!ひまわりって冬にも咲くのー?」

とめちゃくちゃ驚きましたが、どう目をこすって見てもひまわりがそこに咲いていたものは咲いていたんです。

「私は夏にしか咲けないと思ってたらあんた大間違いよ~。 冬だって寒さに負けずに咲く事ができるんだからね!」

そんなふうに、ひまわりに言われた気がしました。


今は寒いから、いつか暖かくなったら始めよう。
私は頭が悪いから、いつか頭が良くなったら始めよう。
今は忙しいから、いつか時間ができたら始めよう。
私は病気だから、いつか健康になったら始めよう。


そう言って何も始めないうちは、その「いつかいつか」はいつまでたってもやってきません。
今日もおなかを空かせて苦しんでいる人々のために私ができる事。
こんな私だってきっと今から何かを始められるはず。時が良くても悪くても。

そう。今がその時。
今が咲く時。


ひまわりを通して神様が励ましてくれているような気がしました。


さぁ、背筋を伸ばして。
顔をぐっとあげて。
大きく深呼吸をして。
真冬に咲くあのひまわりのように。
今日も上を見ながら前へ進んでいこう。


ひまわり.JPG

←ひまわりだけ写すと夏に撮ったものと全く区別がつかないので、「今は本当に冬なんだぞ~」という事実をしっかと伝えるべく私もひっそり登場させて頂いていますが、私は単なる大きさを証明するためによく隣に置いてあるマッチ棒の役割的な存在だと捉えて下さい。

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示