ハンガーゼロ アフリカ」とは

太田 留美子

2011年12月19日

クリスマス間近

スタッフ:太田 留美子のブログを見る

今年も残すところ2週間足らず・・・。
今日の沖縄は久しぶりに晴れて気持ちの良い1日でした。
ここのところ雨続きで気温もぐっと下がったので、体調を崩してしまい思うように動くことが出来ずに焦っていました。

サトウキビの穂も太陽の光を受けてキラキラと輝いています。


DSC_9864.JPGDSC_9867.JPG

報告できなかった出来事を1ヶ月遡ってお伝えします~~~。


ちょうど1ヶ月前の、

11月19日(土)、午後2時より、今年も"くすぬち平和文化館"にて、「世界食料デー沖縄大会」の一環として"くすぬち講演会"が開催されました。
くすぬち平和文化館で講演が開催されて13回目(13年目)になる今年は、
世界食料デー大会で好評だった照屋京子さんによる一人芝居"宝石の涙"と比嘉幹房師(世界食料デー沖縄大会実行委員長)による講演でした。
その日も雨がちらつく天気ではありましたが、近隣の児童館より30人ほどの子どもたちが集まって、わずか1メートル余ほどの近距離で、迫力ある一人芝居にくいいるように見ていました。
(ちなみに、私も声の出演をさせていただきました)。
その後、比嘉師より"沖縄のちむぐくる"について、子どもたちにも分かりるようにお話ししてくださいました。


DSC_9517.JPGDSC_9527.JPG


DSC_9513.JPGDSC_9511.JPG


DSC_9545.JPGDSC_9504.JPG


DSC_9529.JPGDSC_9536.JPG


DSC_9551.JPGDSC_9497.JPG


次に翌週の出来事になりますが、、、

21日(月)の朝の出勤時には気が付かなかったのですが、帰ろうと事務所の階段を降りると、階段の下に大量の尺取虫・・・・。ΩΩΩ ΩΩ Ω

ぎゃ~~~。

何とか脱出したものの、翌朝、さらに増えて階段の壁にまで這い上がっているではありませんか!!!

未知の世界に足を踏み入れるような、
その先がどのようなことになっているのか!?
・・・必死で事務所に駆け込んだものの、、、今度は帰りのチャレンジが待っている~~~。

もう、仕事どころではないです!!!

市役所に駆除の電話をしたところ、朝からそのような電話が相次いでいるらしく、どうやら街路樹に植えられている鳳凰木から発生しているとのことでした。

鳳凰木は那覇市の市花木でもあり事務所の建物のある通りにも鳳凰木の並木道があります。

この事態についてインターネットを開いて見ました。
画面にいっぱいに現れた写真に悲鳴をあげならが(できるだけ写真を見ないようにしながら)調べていくと、浦添市や那覇市、また宮古島でも大量発生しているという記事が沢山出てきました。

この虫、尺取虫に似てはいるが、「ホウオウボククチバ」という我の幼虫ということでした(普通尺取虫と呼ばれるのはシャクガ科の幼虫のことのようですが、ホウオウボククチバはヤガ科のようです)。

鳳凰木の原産国はマダガスカルですが、いつ頃沖縄に導入されたのでしょうか???(調査中)

このクチバは1986年に侵入してきた外来種のようで、無毒ということですがこれだけ大量に発生してしまうと、無毒であってもダメですm(__)m

道行く人々も様々で、途中で進めなくなって立ち尽くしている女の子、虫の発生を知らないのか平気で木の下を通過していく男性(ぶら下がっている虫の合い間をぬって)。

逞しいと思ったのは、3・4人の小学生の男の子が、"おぉーー。これが一番長い!"と長さ比べをしていた事。
小さいながらに男の子だと関心しました。


夏に鮮やかな朱色の花で道行く人々の目を楽しませてくれた事務所横の鳳凰木でしたが、伐採の対象になり数日かけて枝が切り落とされて今では寒そうな姿に変わってしまいました。


DSC_8649.JPGDSC_9845.JPG


DSC_8651.JPGDSC_9844.JPG


現在、平穏な日々が戻っています(といっても、全部伐採される頃には、虫の姿も減っていたので、何もしなくても自然消滅していたのかも知れません)。虫たちが何かした訳ではないのですが、虫が苦手な私には大変な1週間となりました。

伐採作業にあたってくださった業者さん、お疲れ様でした!!!


今週末から25日にかけて、数々のクリスマスイベントがありますので体調を整えておきたいと思っています。

■12月23日(金):アイインターナショナルプレスクール

■12月25日(日):上原令子チャリティーコンサート(白い家フェローシップチャーチ主催)


お一人お一人に、よいクリスマスとなりますように!!!

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示