ハンガーゼロ アフリカ」とは

吉田 知基

2011年07月12日

復興の花/竹原ピストル

スタッフ:吉田 知基のブログを見る

先週の金曜日に仙台より戻りました。
小学生の頃、トニーニョと呼ばれて久しい吉田知基です。
ゴールを決めた時の飛行機ポーズを真似して楽しい時代でした。

先日、教会の子どもたちと久しぶりにサッカーをしたわけです。
灼熱の太陽の下、日陰など全くない公園のグラウンドを彼らと一緒に駆け抜けまして。

子どもたちがボールを必死で追いかける姿や
点をとられて真剣に悔しがっている姿、
シュートが決まった時に有頂天になって大喜びしている姿はどれもほほえましく。
そのちっぽけな体からエネルギッシュで強烈なパワーがガンガンに溢れていました。


歌手の竹原ピストルさんは地震のあったあの日。
ライブのために福島県の福島市にいたそうで。
被災後、公共の交通機関が利用できなくなり、
彼は避難所の小学校で3日間過ごしたそうです。

避難所の子どもたちとサッカーをして遊びながら、
その時に浮かんだ歌が「復興の花」だそうで。


  ちっぽけでいい
  精一杯の、
  精一杯の花を咲かせるんだよ


今回の震災で。
そのあまりに小さな体に。
あまりに大きな哀しみを背負うことになってしまった子どもたちが
どうか支えられますように。


奥さんを津波で亡くし、仮設住宅で生活されている30代の男性が
次のように話しておられました。

 「失くしたものはとても大きいです。
  でも、たくさんの人に支えられてここまで立ち直れました。
  助かった3人の子どもたちと一緒に、
  妻の分もがんばって生きていこうと思います」


復興に向けて必死で歩みだそうとしている人々を。

私も必死で応援させてください。

明日の夜、仙台へ出発します。


  『牢につながれている人々を、自分も牢にいる気持ちで思いやり、
   また、自分も肉体を持っているのですから、苦しめられている人々を思いやりなさい。』

                                  (聖書 ヘブル13:3)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示