ハンガーゼロ アフリカ」とは

【東京事務所】

2010年12月11日

レポート③ 虐殺の現場に立って

スタッフ:【東京事務所】のブログを見る


Q.どのようにしてジェノサイドが終結したのですか?



ルワンダ愛国戦線がルワンダ軍( 過激派フツとフツ系民兵組織 )を撃破し、ジェノサイドはルワンダ紛争と共に終結しました。



IMG_5548.JPG ジェノサイド記念施設(ニヤマタ、ンハラマ)10000人が虐殺されました。



そして、国中に残されたのは80万~100万のナタで斬り殺された遺体でした。あまりにも多すぎるため何年もの間、放置されていた死体もあり、鳥や、犬が群がってしかたがありませんでした。あまりにも見ておれないので政府は死体処理に力を注いだとも聞きました。


ルワンダの人々にとって「和解・共生」という言葉はもっとも難しいことです。当時の人口の740万人の9分の一のツチが惨殺され、約35万人のフツの人が少なくとも有罪判決を受けました。


Q. ジェノサイドの加害者はどのような処罰をうけていますか?
現ルワンダ政権はこのジェノサイドを首謀した者たちを厳罰に処していますが、一般の加害者たちは、罪を認めれば、刑期を大幅に軽減し、道路工事や開墾などの公益労働刑に従事させ、地域社会へ戻らせています。国が貧しく囚人たちを維持させることができないからです。



IMG_5551.JPG

襲い迫るフツ人の虐殺から逃れようとこの教会堂にツチの人々は殺到しました。なぜなら以前小規模な虐殺に遭った時、神聖な教会の中で多くの人々は攻撃を逃れることができたと聞いていたからです。しかし、今回はそれをフツ人は利用しました。わざと教会という1カ所に場所に逃げまどう人々を集めたのでした。




IMG_5581.JPG

16年前の当時のままの鉄の扉、恐れおののく人々は内側から鍵をしました。しかし、フツ人は手榴弾で扉を破り(その時の衝撃で地面のコンクリートが削られている)、会堂にひしめく人の頭上に手榴弾を何発も投げ込みました。


天井にも壁にも肉片が飛び散りました。そしてその生き残りをみつけては、ナタでなんども何度もぶったたいて殺しました。小さな赤ちゃんは壁に投げつけられて殺され、今でもその血痕のシミが壁に残っていました。



IMG_5567.JPG教会堂の裏には大きな墓地があり、その中に入ることができました。撮影許可がおりませんでしたが、この右横の部屋に数え切れないほどの頭蓋骨や骨などがぎっしりと並べられていました。どの頭部もナタで破壊されており、当時の、順番に襲われていく人々の恐れ、痛みはいかほどであったかと思います。圧倒的な破壊、暴力の前で、人々はなすすべもなく殺されていきました。




Q. あなたは、もし家族のすべてを殺し、すべてを破壊した虐殺者が刑期を終えて隣の家にもどってきたらどのように感じますか?



ルワンダは四国の1.5倍しか国土がなく、顔を合わせないでは生きていくことができないくらい小さな国です。逃げ場はなく、安心できる場所を見つけることはできません。ただできることは、「共生」のみです。


IMG_5582.JPG

真ん中の女性はこの教会で10000人殺された中、たった二人だけ生き残った内の一人。死体の山の下に隠れていたため、フツ人も発見できなかったと。






IMG_5595.JPG

私たち日本人のために、時間を割いて当時の様子を証言して下さいました。最後に皆で心を合わせて祈りました。


彼女以外殆どすべての家族、友人、知人、ご近所さんが殺されました。


・・・想像できません。


私は14人家族です。自分以外の全員が手榴弾で、ナタで殺された状況を仮定してみようと思いましたが、無理でした。なぜなら、想像したくなかったからです。





神様、 ただ私たち人を、憐れんで下さい・・・




そしてお赦しください・・・




つづく

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示