ハンガーゼロ アフリカ」とは

吉田 知基

2010年11月24日

Nobody Is Right/中島みゆき

スタッフ:吉田 知基のブログを見る

ヨゴれを落とすためにお皿を洗うのではなく、
次に使う人の事をおもってお皿を洗うのです
というマザーテレサの言葉を思い出した吉田知基です。


北朝鮮が韓国を砲撃。

私はこのニュースをトイレの中で知りました。
mixiニュースの携帯電話の小さな画面上で知りました。

そのニュースに対するmixiの日記にはいろんな人がいろんな事を自由に書いていました。
それらを読んでいて、なんだかとってもブルーになったわけです。


戦争。


ノーベル平和賞を受賞したアメリカのオバマ大統領はかつてその授賞式で
「平和のために戦争は必要だ」と述べ、アフガニスタンの戦争を「正しい戦争」と位置づけていました。


正しい戦争。


国と国とが自分たちの正義のために戦うわけです。
人と人とが国の正義のために殺し合うわけです。


「平和」とは戦争と戦争の間のことを言うのでしょうか。


私は2009年の夏に韓国へ行き、北緯38度線をこの目で見ることができました。
その偵察基地の中には「今も戦争中」という看板が大きく掲げられていました。
基地内にいるだけで異様な緊張感を感じました。
少なくともそこにいる間、「平和」を感じることはありませんでした。


平和。


Nobody is right(誰も正しくない)という曲の中で、
中島みゆきさんは歌っています。

「正しさと正しさとが相容れないのはいったい何故なんだ」

「正しさは道具じゃない」

「完璧正しいってどういう人だ」


今も、
戦争や内戦によって苦しむ人がいます。
正義と正義の狭間で飢餓と貧困へ追い込まれる人がいます。
無関心と無関心の間で今日も。


  『人は自分の道をみな正しいと思う。
   しかし主は人の心の値うちをはかられる。』

              (聖書 箴言21:2)

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示