ハンガーゼロ アフリカ」とは

太田 留美子

2010年11月02日

第24回世界食料デー沖縄大会最終報告

スタッフ:太田 留美子のブログを見る

先々週21日(木)までに、沖縄大会全てが終了しました。
先週28日(木)は、台風14号が沖縄本島を強風域(夕方、最接近)に巻き込みながら北上しました。台風の発生が1週間早かったなら大会にも影響が及んでいたことでしょう・・・。

前回のブログで沖縄大会の中間報告(北部・中部・南部大会)をさせていただきましたが、八重山・宮古・久米島大会は、雨続きの天気でしたが、まだ台風じゃなくて良かった!と改めて全大会が守られたことを実感しました。

さて後半の大会(八重山・宮古・久米島)の様子を一日の出来事とともにご報告させていただきます。

■19日(火)・・・八重山大会
八重山(八重山諸島)は日本列島の最西南端にあって、石垣市、竹富町、与那国町で構成される島嶼の総称です。沖縄本島の那覇市から南西に410キロのところに位置しています。県内最高峰の於茂登岳(526m)や西表島などがあり緑豊かなところです(もちろん海もきれい)。

大会の日の午前に石垣市内の中学校より講演の依頼をいただいていたため、前日の18日、那覇空港から石垣へ移動しました。推進委員の小倉師のお迎えをいただきホテルへ。夜は翌朝の打ち合わせを兼ねて上原先生と夕食をともにさせていただきました。上原先生は数年前に青年海外協力隊を通してボリビアで活動された中学校の先生です。


wfd okinawa1.JPG19日午前10時50分より講演開始。
3年生(160人)を対象にした講演です。9月から飢餓についての事前学習をしてこられたとのこと。小西さんがボリビアでの活動報告をさせていただきました。
ボリビアの民族衣装の着用には先生方がご協力下さり、サプライズでの登場には歓声が起こりました。

wfd okinawa2.JPG

午後は石垣市役所へ中山市長を表敬訪問致しました。


このころから大雨・・・。


wfd okinawa3.JPG午後7時30分。
石垣市健康福祉センターにて八重山大会開始。

八重山大会は1992年からスタートしたので、今年で19回目になりました。

雨の中20人余の方々がお越し下さいました。その内、7人の高校生が参加して下さったことは感謝でした。急ではありましたが衣装へのご協力もいただきました。上原先生(上記の中学校の先生)がボリビアの楽器などをご持参下さり紹介して下さいました。少ない人数ではありましたが参加型の講演でした。


wfd okinawa4.JPG

注:写真の楽器はアルマジロでできた楽器ですが、上原先生が帰国する際にいただいた物だそうです。


■20日(水)・・・宮古大会
宮古島は沖縄本島の那覇市から南西約300キロのところに位置しています。島全体がさんご礁が隆樹してできた「琉球石灰岩」でできた平坦な島です。そのため雨が降っても海へ流出してしまうので深刻な水不足があります。宮古島には「地下ダム」というのがあります(農業用水に使用されています)。初めて耳にした方もいらっしゃるかと思います。「地下ダムって何?」といわれる方、下記のサイトからどうぞ。↓
http://www.city.miyakojima.lg.jp/site/view/contview.jsp?cateid=8&id=539&page=1

お昼12時、石垣空港を出発し12時30分、宮古島へ到着。宮古も大雨・・・。
推進委員の戸塚師、瑞慶山師のお迎えをいただいて、星野師も合流し近くのレストランで昼食をとりながら打ち合わせをしました。

その後、宮古島市役所へ下地市長を訪問。次に沖縄県総務部・宮古島事務所(旧宮古支庁)へ黒島所長を訪問しました。

wfd okinawa5.JPG

午後7時30分。宮古島マリンターミナルビルにて宮古島大会開始。
雨が止んでいて感謝!!!

宮古大会も1992年からスタートしたので、今年19回目です。

宮古の方々はとてもノリがよく、"クイ"の料理方法など爆笑?でした。
約50人の方々がご来場下さいました。


wfd okinawa6.JPG


翌朝(21日)、「宮古島のきれいな海が見たい」との私たちのわがままを聞いて下さり、朝、9時前にホテルをチェックアウトし、瑞慶山師の案内で池間島へ。途中、世界食品オリンピックとも称される「モンドセレクション」で、2006年から3年連続で金賞を受賞している"雪塩"http://www.yukisio.com/工場見学。上手なガイドさんの説明にすっかり聞き入り雪塩を購入。そうこうしているうちに雨がちらついてきてしまいました。急いで池間島へ向かい、池間大橋でUターンし空港へ向かいました。11時50分無事に宮古空港を出発。

■21日(土)・・・久米島大会
那覇空港で比嘉実行委員長と合流し午後1時45分久米島到着。

久米島は、沖縄本島の那覇市の西方約100キロの東シナ海に位置し、島全体が県立自然公園に指定されています。
イーフビーチやハテの浜などの美しい海浜地帯があります。また、水に恵まれたところです。近年では海洋深層水を利用した産業振興が盛んに行われています。

久米島空港到着後、木下師のお迎えをいただいて、山城の丘の中腹にありイーフビーチ方面の眺めがとても素晴らしい別荘のようなご自宅のテラスでティータイム。軒先にはパッションフルーツ、緑の芝生の広い庭の一角にはパイナップル、バナナ、ノニなどが植えられていました。


wfd okinawa7.JPG


午後7時30分、「イーフ情報プラザ」にて、沖縄大会の最終となる久米島大会の開始です。
久米島大会は2002年からスタートしたので、今年で9回目になりました。

久米島町農林水産課の課長(平良朝幸)さんがご出席下さり平良町長からのご挨拶を代読されました。ありがとうございます。また希望が丘キリスト教会の皆さまによるスペシャルもありました。
久米島大会は回を重ねるごとに少しずつ参加者が増え、今年は50人近い方々がご来場下さました。子どもや学生も多く参加して下さいました。

「イーフ情報プラザ」も今年初めて使用します。適度な広さで宿泊先にも近く便利なところにありました。


wfd okinawa8.bmp


八重山・宮古・久米島大会は、大きなスーツケース2つ(衣装用、大会グッズ)とパソコン、資料、その他の荷物をかかえて島から島への移動でした。
しかし、その地域の文化や自然、また地域の方々とふれあうことのできた最良の時でした。

以上で沖縄大会(全大会)が終了しました。しかし、沖縄では引き続き「あなたの一食分」のキャンペーンは続きます。
どうぞご協力下さい。募金の振込先は下記の通りです。


wfd okinawa9.JPG≪募金振込先≫
郵便振替 02080-4-43482
世界食料デー沖縄大会

~~~私から始める 世界が変わる~~~
大会に来られた一人一人から、「自分にできること」を行動へと移していくことができますようにお祈りします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
≪おまけ≫
久米島から那覇へ戻る日の朝(23日・土曜日)、それまで雨続きだった天気がうそのように晴れ!!!
飛行機の時間まで、白い砂浜が広がる「ハテの浜」へ行ってきました。


wfd okinawa10.JPG

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示