ハンガーゼロ アフリカ」とは

太田 留美子

2010年09月22日

プレ大会無事終了

スタッフ:太田 留美子のブログを見る

19日(日)、午後4時から、沖縄市にある胡屋バプテスト教会にて、
世界食料デー沖縄大会のプレ大会が開催されました。
日曜日の午後、しかも三連休の真中、約90人ほどの方々がご来場下さいました。

世界食料デー沖縄大会は今年で24回目(24年目)を迎えます。
24年前(1986年)、飢餓の現状を知った有志による実行委員会が結成され、第1回目の世界食料デー沖縄大会が開催されてから今日にいたるまで、飢餓の現状を多くの方々に知っていただき、沖縄から愛を届けようと願って活動を続けてこられました。

もっと多くの方々に知っていただきたい。
もっと関心をもっていただきたい。
そして行動を起こす一人一人となるように。
と願って今年、第1回目のプレ大会が開催されました。

「愛の反対は憎しみではなく、愛の反対は無関心である。」(マザー・テレサ)と実行委員長・比嘉幹房師のご挨拶。
okinawa1.JPG


昨年フィリピン視察ツアーに参加された池原直明師が視察報告を。
okinawa2.JPG


当機構の親善大使の上原令子さんは、石を拾って食べている子どもの映像から生まれた「夢のようなことだけど」と、実際にエチオピアを訪問してできた「ほんの少しのやさしさ」をトークを交えながら歌って下さいました。
okinawa3.JPG


また共にエチオピアを訪問された司会の照屋京子さんからは、その時のエピソード(イエローダイエット)が。
ユーモラスで、しかし、聞く一人一人の心に訴えかけながら・・・。
okinawa4.JPG

この大会のために労してくださったお一人お一人。
会場を提供して下さった渡真利彦文師及び教会員の皆さま。
日曜日の貴重な時間、この大会へ足を運んで下さった方々。
また、様々なご都合で来ることが出来なかった方々。
お一人お一人に心から感謝を申し上げます。
お疲れ様でした。

一人から一人へと愛の輪が広がって、10月に開催される本大会へと繋がっていきますように!

活動ブログ スタッフ一覧

月別表示