ハンガーゼロ活動内容

海外での活動

■南スーダン共和国

学校給食・教師育成

内戦の後、食糧や保健衛生問題のみならず、子どもの学校や教師の数も圧倒的に少ないことから、南部のルンベック地区で、530人の子どもたちに学校給食および教師の育成を含む「子どもの教育再生プロジェクト」を実施。下の写真は、給食を食べる子どもたち。(協力団体 Life in Abundance)

関連記事:
【動画】南スーダン訪問/ルンベック・マブイ学校で見た現実
【南スーダン】食べられる、だから勉強に励むことができる
【南スーダン】内戦拡大で平和が脅かされる南スーダン
【南スーダン】ルンベック・マブイスクールの子どもたちに制服を支援

詳細情報

南スーダン共和国
国名 南スーダン共和国(Republic of South Sudan)
面積 61万9千平方キロメートル
人口 826万人
首都 ジュバ
民族 ディンカ人が最も多く、他にシルック人やヌエル人などのナイル系民族。西部はアザンデ人、ジュチャル人、南部にはアチョリ人やロッフ人
言語 アラビア語、英語
宗教 キリスト教、土着宗教
一人当たり
GNI
1200米ドル (日本は38210米ドル)
5歳未満児の年間死亡数 不明
国際貧困ライン
1日1.25米ドル未満で暮らす人の割合
不明
人間開発指数 不明

ハンガーゼロ活動内容