ハンガーゼロ活動内容

海外での活動

■フィリピン共和国

子どもの給食支援

≪マニラ郊外・パリパラン≫
子どもの教育支援
山羊飼育プログラム、貧困層の子どものための学校支援

≪ミンダナオ島≫
子どもの教育支援

関連記事:
【フィリピン】明るい未来を信じて勉強に励むアポセンターの子どもたち

ミンドロ島・サンアンドレス

・子どもと地域開発プログラム
・教育支援、収入改善プログラムなど

関連記事:
【フィリピン】人の成長は、ウンティウンティ(ゆっくり確実に)

派遣スタッフ

≪酒井 保・慶子:ミンドロ島プロジェクト・ディレクター≫日本国際飢餓対策機構の国内スタッフとして15年間奉職。2008年3月にフィリピンへ派遣。ミンドロ島における総合的村落開発に従事している。


詳細情報

フィリピン共和国
国名 フィリピン共和国 (Republic of the Philippines)
面積 299,404平方キロメートル(日本の約0.8倍)
人口 8,857万人(2007年)
首都 マニラ(人口1,155万人)
民族 マレー系が主体。他に中国系、スペイン系、及びこれらとの混血、更に少数民族
言語 国語はフィリピノ語、公用語はフィリピノ語と英語。80前後の言語がある。
宗教 国民の83%がカトリック、その他のキリスト教が10%、イスラム教は5%
一人当たり
GNI
1,890米ドル(日本38,210米ドル)
5歳未満児の年間死亡数 7万3千人(日本は4千人)(世界子供白書特別版2010)
国際貧困ライン
1日1.25米ドル未満で暮らす人の割合
23%
人間開発指数 97位(169カ国中)日本は11位 (2010年)

ハンガーゼロ活動内容